ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

山城・相応寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年9月1日 (土)

移動: 案内, 検索

相応寺(そうおうじ)は山城国乙訓郡(京都府乙訓郡大山崎町大山崎)にあった真言宗寺院。河陽宮(現離宮八幡宮)の東南にあった。廃絶。(参考:同名寺院相応寺

歴史

『三代実録』によると、真如法親王の弟子で超昇寺座主の壱演(一演)(803-867)が866年(貞観8年)に創建。離宮八幡宮境内に現存する塔心礎は相応寺の塔のものという説があるが、異説もある。935年(承平5年)2月には紀貫之が土佐国府から平安京に帰る途中に寺の近くを通っている(『土佐日記』)。中世以降、衰退。江戸時代には薬師如来を祀る小堂のみが残っていた(『山州名跡志』『山城名勝志』)。幕末には廃絶したらしい。(『日本歴史地名大系』)

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%B1%B1%E5%9F%8E%E3%83%BB%E7%9B%B8%E5%BF%9C%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール