ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

本願寺吉崎別院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年3月13日 (土)

移動: 案内, 検索

本願寺吉崎別院(ほんがんじ・よしざき・べついん)は福井県あわら市吉崎にある浄土真宗寺院。西本願寺別院浄土真宗本願寺派蓮如吉崎御坊の跡地に江戸時代に建てられた。山下道場大家道場吉崎御坊関連旧跡

歴史

1673年(延宝1年)、東本願寺が山上の吉崎御坊の跡地に御堂建立を福井藩に請願し許可が降りると西本願寺が抗議。 激しい争論となり、福井藩は幕府に採決を委ねた。1677年(延宝5年)に幕府は双方とも山上に堂宇を建てることを禁止した。

その後、1679年(延宝7年)に西本願寺が東麓に御堂を創建。 1882年(明治15年)、山上旧跡は東西の共有地と定められた。 1948年(昭和23年)の福井地震で倒壊した北門の代わりに西本願寺から念力門が移された。 (日本歴史地名大系ほか)

資料

  • 「吉崎別院記」『大谷本願寺通紀』「別院縁由」[1]
http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%9C%AC%E9%A1%98%E5%AF%BA%E5%90%89%E5%B4%8E%E5%88%A5%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール