ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

東大寺知足院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2016年3月16日 (水)

移動: 案内, 検索

東大寺知足院(とうだいじ・ちそくいん)は、奈良県奈良市の東大寺にある地蔵信仰の塔頭寺院。同寺での法相宗の中心道場だった。東大寺関連旧跡春日大社関連旧跡も参照。(参考:同名寺院知足院

890年(寛平2年)、高雄十禅師という僧が創建。のち東大寺別当の定親が1250年(建長2年)に法相宗の道場として再興し、貞慶弟子の良遍が法相教学を興隆させた。貞慶が春日大社に参籠したときに伝授されたという地蔵菩薩像を本尊とする。この像は春日大社三宮(天児屋命)の本地仏としての性格もあったと指摘されているので、春日信仰関連の寺院とも言える。現在の本堂地蔵堂は1863年(文久3年)の再建。

参考文献

  • 1980年(昭和55年)『東大寺展図録』
  • 1980年(昭和55年)『東大寺辞典』
http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%AF%BA%E7%9F%A5%E8%B6%B3%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール