ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

法性院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2013年1月27日 (日)

移動: 案内, 検索
法性院
ほっしょういん
概要 普寛が住した寺院。普寛の墓所四箇所の一つ。廃絶。
奉斎 (不詳)
所在地 東京都中央区八丁堀(不詳)
所在地(旧国郡) 武蔵国豊島郡
関連記事


所在地不詳。八丁堀のどこかにあった。


目次

概要

法性院(ほっしょういん)は木曽御嶽信仰開祖の普寛が住した寺院。本山派修験寺院。1766年(明和3年)、普寛は権大僧都となり、本明院と称して、法性院に住した。これは叔父の伯忍の跡を継いだものだという[1]。普寛の墓所四箇所の一つ。廃絶。御嶽山大教普寛大殿教会に法性院の遺骨が一部伝存しているという[2]

画像


参考文献


脚注

  1. 菅原寿清「覚明・普寛とその弟子達の時代」
  2. 菅原寿清「都市における木曽御嶽信仰」
http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%B3%95%E6%80%A7%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール