ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

真宗大谷派鹿児島別院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2015年9月24日 (木)

移動: 案内, 検索

真宗大谷派鹿児島別院(しんしゅうおおたには・かごしま・べついん)は、鹿児島県鹿児島市にある真宗大谷派別院。明治に創建された新しい別院。

浄土真宗の禁教、廃仏毀釈が行われた鹿児島で信教の自由が訪れたのは明治9年(1876)9月5日であった。翌年11月、松原町に仮掛所を設置するが、西南戦争が勃発。仮掛所の僧ら7人も薩摩軍に殺害された。11年(1878)6月、仮別院が新町に設置。21年(1888)には本堂が建立された。鹿児島空襲で焼失し、昭和23年(1948)に仮本堂を建立。昭和37年(1962)に現在のコンクリート造の本堂が竣工した。

参考文献

  • 木場明志監修、2012『別院探訪』真宗大谷派宗務所出版部
http://shinden.boo.jp/wiki/%E7%9C%9F%E5%AE%97%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E6%B4%BE%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E5%88%A5%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール