ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

羅〓寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2016年6月24日 (金)

移動: 案内, 検索

羅睺寺は、中国山西省の五台山にある寺院。 顕通寺十方堂の間にある。唐代の創建と伝える。明の成化年間(1465-1478)、皇族の趙恵王朱瞻塙が再建した。弘治3年(1490)にも修復している。羅睺とは釈迦の子ラーフラ(羅睺羅)とは関係ないとされる。天王殿、文殊殿、大仏殿、蔵経閣、禅坊などが現存。蓮の花の中から仏像が登場する「開花現仏」が有名。8枚の花びらがある蓮の蕾の中に仏像があり、回転しながら、開く仕掛けになっている。(〓は「目+候」)

http://shinden.boo.jp/wiki/%E7%BE%85%E3%80%93%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール