ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

額安寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年5月5日 (水)

移動: 案内, 検索

額安寺(かくあんじ)は、奈良県大和郡山市額田部寺町にある聖徳太子忍性ゆかりの南都仏教の寺院。本尊は十一面観音熊凝精舎を前身とするといい、聖徳太子建立四十六寺の一つ。忍性墓がある。関東祈祷所真言律宗西大寺派だったが現在は単立寺院。額田寺額寺とも。山号は熊凝山。大安寺関連旧跡

目次

歴史

古代

創建は不詳。境内から飛鳥時代の瓦が出土している。額田氏の氏寺とみられる。 聖徳太子の熊凝精舎との関係や、熊凝精舎と大安寺の関係は後世に生じた伝承とみられる。 額安寺を聖徳太子の熊凝精舎に結び付ける言説は鎌倉時代中期の「聖徳太子伝私記」が初。

寺伝によると道慈を「本願」とする。道慈は大安寺を大造営したことでも知られる。

中世

1240年(仁治1年)1月、叡尊が寺の近くの宿に文殊像を祀った。


資料

  • 額田寺伽藍并条里図:額安寺班田図?
  • 額安寺別当相伝次第
http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%A1%8D%E5%AE%89%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール