ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

麟祥院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年12月26日 (日)

移動: 案内, 検索

麟祥院(りんしょういん)は、東京都文京区湯島にある、徳川家の菩提寺となった臨済宗寺院。妙心寺末の触頭だった。本尊は釈迦如来。臨済宗妙心寺派。春日局の菩提寺。通称は枳殻寺。山号は天沢山。

歴史

1624年(寛永1年)創建の報恩山天沢寺が前身。徳川秀忠猶子の神龍が入ったが、まもなくなくなったため、下野国興禅寺の渭川周瀏を招いて開山とし、春日局を開基とした。 1635年(寛永12年)、麟祥院と改称。1647年(正保4年)までに300石寄進された。 妙心寺にも同名の塔頭妙心寺麟祥院が建てられた。 江戸時代中期までは妙心寺末の江戸触頭を務めた。 1887年(明治20年)、東洋大学の前身の哲学館が境内に建てられた。 (『日本歴史地名大系』『国史大辞典』)

伽藍

  • 汲清軒:開山堂を管理
  • 幽勝庵
  • 頤神院
  • 霊樹院
  • 禅堂
  • 閻魔堂
  • 春日局御霊屋
http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%BA%9F%E7%A5%A5%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール