ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

乗々院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年4月2日 (火)

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(?歴代住職)
(?歴代住職)
 
(間の2版分が非表示)
5行: 5行:
==組織==
==組織==
===歴代住職===
===歴代住職===
-
*1頼覚()<>
+
*1頼覚()<>:源頼成の子。具平親王の孫
*2静信()<>:
*2静信()<>:
*3隆賢()<>:
*3隆賢()<>:
*4行智()<>:
*4行智()<>:
-
*5猷円()<>
+
*5猷円()<>:西院別当。
*6忠賢()<>:
*6忠賢()<>:
*7公信()<>:
*7公信()<>:
23行: 23行:
*17経意(1402-?)<>:飛鳥井雅縁の子。
*17経意(1402-?)<>:飛鳥井雅縁の子。
*18忠雅(1432-1467)<>:飛鳥井雅永の子。
*18忠雅(1432-1467)<>:飛鳥井雅永の子。
-
*19経親(?-1488)<>:坊人に殺害された。
+
*19経親(?-1488)<>:坊人に殺害された。[[熊野三山]]奉行。
-
*20興淳(1474-?)<>:高倉永康の子。
+
*20興淳(1474-?)<>:高倉永康の子。[[園城寺]]別当という。熊野三山奉行。
-
*21増鎮(1507-?)<>:高倉永家の子。
+
*21増鎮(1507-?)<>:高倉永家の子。元は増真。熊野三山奉行。
-
*22澄真()<>
+
*22澄真()<>:熊野三山奉行。
*23意経()<>:
*23意経()<>:
-
*24澄存()<>:
+
*24澄存()<>:[[勝仙院]]8世。
-
*(晃助)()<>
+
*(世代外)晃助()<>:今川氏真の孫。
-
*25晃海()<>
+
*25晃海()<>:晃永。住心院兼務。熊野三山奉行。
*26寛存()<>:
*26寛存()<>:
*27祐弁()<>:
*27祐弁()<>:
-
*28尊海()<>:
+
*28尊海()<>:[[仏光寺]]20世堯庸(1641-1721)の子。
-
*(晃諄)()<>
+
*(世代外)晃諄()<>:晃存とも。住心院10世。
*29海賢()<>:
*29海賢()<>:
-
*(晃珍)()<>
+
*(世代外)晃珍()<>:住心院11世。
-
*30誉章()<>
+
*30誉章()<>:誉重とも。
-
*(賞深)()<>:
+
*(世代外)賞深()<>:
-
*(賞準)()<>
+
*(世代外)賞準()<>:熊野三山奉行。
-
*(賞眠)()<>
+
*(世代外)賞ミン()<>:住心院12世。
*31誉淳()<>:
*31誉淳()<>:
*32盈源()<>:
*32盈源()<>:
*33雄厳()<>:山科家出身。還俗して若王子遠文と名乗る。維新の功績で[[華族]]となり男爵となる。
*33雄厳()<>:山科家出身。還俗して若王子遠文と名乗る。維新の功績で[[華族]]となり男爵となる。
-
(「聖護院門跡と「門下」」ほか)
+
*「聖護院門跡と「門下」」[https://ci.nii.ac.jp/naid/110008448906]ほか
 +
*『修験道聖護院史要覧』
 +
 
[[category:京都府]]
[[category:京都府]]

2019年4月2日 (火) 時点における最新版

乗々院(じょうじょういん)は、京都東山にあった修験道本山派の寺院。廃絶。若王子神社の別当。聖護院門跡院家として熊野三山奉行を務めた。若王子乗々院。山号は正東山。

若王子・円成寺との関係は不詳。

組織

歴代住職

  • 1頼覚()<>:源頼成の子。具平親王の孫
  • 2静信()<>:
  • 3隆賢()<>:
  • 4行智()<>:
  • 5猷円()<>:西院別当。
  • 6忠賢()<>:
  • 7公信()<>:
  • 8実弁()<>:
  • 9実豪()<>:
  • 10良海()<>:
  • 11聡海()<>:
  • 12賢海()<>:
  • 13実顕()<>:
  • 14良縁(1366-1421)<>:月輪家尹の子。
  • 15重海()<>:実顕と同一人物か。
  • 16忠意(1391-1456)<>:月輪忠尹の子。
  • 17経意(1402-?)<>:飛鳥井雅縁の子。
  • 18忠雅(1432-1467)<>:飛鳥井雅永の子。
  • 19経親(?-1488)<>:坊人に殺害された。熊野三山奉行。
  • 20興淳(1474-?)<>:高倉永康の子。園城寺別当という。熊野三山奉行。
  • 21増鎮(1507-?)<>:高倉永家の子。元は増真。熊野三山奉行。
  • 22澄真()<>:熊野三山奉行。
  • 23意経()<>:
  • 24澄存()<>:勝仙院8世。
  • (世代外)晃助()<>:今川氏真の孫。
  • 25晃海()<>:晃永。住心院兼務。熊野三山奉行。
  • 26寛存()<>:
  • 27祐弁()<>:
  • 28尊海()<>:仏光寺20世堯庸(1641-1721)の子。
  • (世代外)晃諄()<>:晃存とも。住心院10世。
  • 29海賢()<>:
  • (世代外)晃珍()<>:住心院11世。
  • 30誉章()<>:誉重とも。
  • (世代外)賞深()<>:
  • (世代外)賞準()<>:熊野三山奉行。
  • (世代外)賞ミン()<>:住心院12世。
  • 31誉淳()<>:
  • 32盈源()<>:
  • 33雄厳()<>:山科家出身。還俗して若王子遠文と名乗る。維新の功績で華族となり男爵となる。
  • 「聖護院門跡と「門下」」[1]ほか
  • 『修験道聖護院史要覧』
http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%B9%97%E3%80%85%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール