ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

伴林氏神社

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年8月24日 (火)

移動: 案内, 検索
伴林氏神社005.jpg

伴林氏神社(ともばやしうじじんじゃ)は、大阪府藤井寺市林(河内国志紀郡)にある大伴氏の祖神を祀る神社。祭神は高皇産霊神天押日命道臣命官社府社

創建不詳。伴林氏の祖神とされるが、伴林氏の実態は記述がほとんどないため分かっておらず、河内国にいたことが分かっている大伴氏系の林氏の祖神と考えられている。 『三代実録』貞観9年2月26日条に官社に列せられた「志紀郡林氏神」や 貞観15年12月20日条に従五位下が叙された「河内国正六位上天押日命神」に該当する可能性がある。 延喜式以前の貞観式(871年)で既に官社として記されていた貞観式内社であることが延喜式神名帳金剛寺蔵本から判明している。

軍神の道臣命を祀る神社として注目され 昭和15年頃、陸軍関係者の寄進により大規模な拡張整備事業が行われた。 本社はいわゆる護国神社様式で建てられている。 1943年(昭和18年)9月、府社昇格。

http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%BC%B4%E6%9E%97%E6%B0%8F%E7%A5%9E%E7%A4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール