ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

吉田神道

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年11月27日 (土)

移動: 案内, 検索
吉田神道の主神である「大元尊神」を記す棟札(1903年(明治36年)上棟の大阪中之島図書館)。直接吉田神道の思想を示す史料ではないが、大工が伝承する祭式にまで影響を与えたことが分かる

吉田神道(よしだ・しんとう)は、吉田家を宗家とし、京都大元宮を根本道場とし、歴代政権に国家的地位を認められた神道の流派。廃絶。各神社、各神道教団、各家、個人で部分的に伝承されているが、現在、社会的に「正統」を認められている組織は存在しない。宗家の末裔や大元宮を管理する吉田神社、大元宮を拠点とする神葬祭教団「太元講社」が現存する。

資料

  • 『吉田文庫神道書目録』[1]
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E7%A5%9E%E9%81%93」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール