ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

平等会寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年1月19日 (日)

移動: 案内, 検索

平等会寺(びょうどうえじ)は、福井県鯖江市平井町にある日蓮宗本山寺院法華宗真門流本山。 山号は妙法山。

目次

歴史

元は真言宗寺院だった。旧称は不明。1294年(永仁2年)、麻生津村の極楽寺(福井県福井市安保町の報恩寺)で同寺の頼尋が北国巡教する日像と問答。平等会寺の日妙もその場に加わり日像と論戦したが折伏され帰依。日妙は末寺50寺・子院8寺のうち32寺・子院6寺と共に改宗し、平等会寺と改称し、四条門流妙顕寺末となった。しかしながら寺伝では日妙を1438年(永享10年)死去とし、鎌倉時代の日像(1269-1342)にあったとするのに年代が合わない。あるいは1376年(天授2年/永和2年)の改宗ともいうが不詳。

のち1487年(長享1年)春、日真の北国巡教の際に7世日唱がそれを援助。以後、本隆寺の筆頭末寺となる。朝倉義景がしばしば参詣。一条家の祈願所、村雲御所瑞龍寺門跡の位牌所となったという。

1711年(正徳1年)仏性寺と本末を争い、幕府の採決で勝訴した。

1829年(文政12年)焼失。同年祖師堂再建。 1835年(天保6年)再建。 1829年(文政12年)再建の番神堂もある。 (本隆寺門末寺院史、デジタルアーカイブ福井ほか)

子院

  • 真行院:
  • 常在院:

組織

歴代住職

世数 法諱 生没年 在職年 略歴
1 日妙 ?-1438 1438年(永享10年)8月27日死去。
2 日順 ?-1458 1458年(長禄2年)3月11日死去。
3 実然 ?-1472 1472年(文明4年)2月19日死去。
4 順盛 ?-1494 1494年(明応3年)12月13日死去。
5 日尊 ?-1528 1528年(享禄1年)10月8日死去。
6 日存 ?-1542 1542年(天文11年)2月5日死去。
7 日唱 顕本院 1458-1542 本隆寺3世。平等会寺7世。1542年(天文11年)1月24日死去。85歳。
8 日舜 ?-1555 1555年(弘治1年)2月10日死去。
9 日諦 慶隆院 〓玄 1484-1558 本隆寺5世。平等会寺9世。1558年(永禄1年)6月29日死去。75歳。慶立院とも。
10 日永 朝光院 ?-1583 1583年(天正11年)1月4日死去。
11 日然 ?-1599 1599年(慶長4年)4月6日死去。
12 日証 円隆院 1560-1632 本隆寺9世。平等会寺12世。本境寺6世。1632年(寛永9年)9月16日死去。73歳。
13 日寛 慈照院 ?-1672 1672年(寛文12年)6月23日死去。
14 日桂 後円隆院 ?-1673 1673年(延宝1年)10月17日死去。
15 日顕 来寿院 1628-1691 本隆寺15世。平等会寺15世。本境寺8世。本興寺8世。1691年(元禄4年)8月10日死去。64歳。
16 日量 顕修院 ?-1722 平等会寺中興。1722年(享保7年)4月26日死去。
17 日耀 宣示院 了考 1667-1739 本隆寺18世。平等会寺17世。本境寺11世。本興寺15世。小栗栖16世・22世・29世。1739年(元文4年)6月29日死去。73歳。
18 日賢 修真院 ?-1772 1772年(安永1年)3月29日死去。
19 日廓 示宣院 研了 1708-1772 本隆寺23世。平等会寺19世。本興寺17世。小栗栖34世・35世・44世。1772年(安永1年)8月27日死去。65歳。
20 日融 円照院 ?-1770 1770年(明和7年)5月13日死去。
21 日研 後示宣院 〓妙 1718-1773 本隆寺28世。平等会寺21世。小栗栖48世。1773年(安永2年)2月17日死去。56歳。
22 日融 是則院 観達 1743-1784 本隆寺35世。平等会寺22世。小栗栖53世。1784年(天明4年)7月2日死去。42歳。
23 日感 観成院 ?-1805 本境寺17世か。1805年(文化2年)2月25日死去。
24 日種 後宣義院 ?-1798 1798年(寛政10年)10月8日死去。
25 日報 後常在院 俊教 1764-1838 本隆寺36世。平等会寺25世。1838年(天保9年)4月7日死去。75歳。
26 日瑞 後長遠院 ?-1808 1808年(文化5年)11月17日死去。
27 日解 示円院 示円 1782-1821 本隆寺34世。平等会寺27世。1821年(文政4年)11月9日死去。40歳。
28 日久 信解院 智俊 1791-1863 本隆寺40世。平等会寺28世。1863年(文久3年)1月22日死去。73歳。
29 日輝 示照院 徴照 1801-1860 本隆寺45世。平等会寺29世。1860年(万延1年)3月15日死去。60歳。
30 日海 唯信院 ?-1858 1858年(安政5年)5月2日死去。
31 日領 信受院 ?-1851 1851年(嘉永4年)6月7日死去。
32 日要 唯寿院 唯教 1824-1864 本隆寺46世。平等会寺32世。1864年(元治1年)5月24日死去。41歳。
33 日勝 修証院 寛正 1820-1877 本隆寺47世。平等会寺33世。1877年(明治10年)5月29日死去。58歳。
34 清瀬日詮 常寿院 宏量 1833-1900 1877- 本隆寺52世。1873年(明治6年)小栗栖化主92世。1877年(明治10年)平等会寺34世。1882年(明治15年)7月本隆寺住職。1885年(明治18年)9月、平等会寺に引退。1900年(明治33年)3月11日死去。68歳。
35 真枝日完 真正院 真正 1846-1916 1891- 本隆寺57世。1891年(明治24年)平等会寺35世。宗務総監。1898年(明治31年)本隆寺住職。1916年(大正5年)12月17日死去。72歳?。
36 栄日光 唯本院 唯本 1848-1920 1899- 本隆寺61世。1899年(明治32年)5月、平等会寺36世。のち本隆寺住職。1920年(大正9年)8月23日死去。73歳?。1850年(嘉永3年)生とも。
37 法谷日泰 宣誠院 宣誠 1858-1933 1900- 本隆寺65世。1900年(明治33年)平等会寺37世。翌年辞職。1908年(明治41年)5月、本隆寺住職。1911年(明治44年)引退。1933年(昭和8年)4月29日死去。76歳。日秦とも。
38 三輪日命 真徹院 真徴 1843-1915 1902- 本隆寺58世。小栗栖101世。1900年(明治33年)本隆寺住職。1902年(明治35年)引退して平等会寺38世。1915年(大正4年)10月9日死去。73歳。
39 吉田日海 研寿院 観照 1866-1927 1916- 本隆寺75世。宗務総監。1916年(大正5年)4月平等会寺39世。数ヶ月で退任。1922年(大正11年)10月管長。1923年(大正12年)4月本隆寺。1926年(昭和1年)5月退任。1927年(昭和2年)8月28日死去。62歳。
40 日生 真命院 ?-1922 1922年(大正11年)5月28日死去。
41 清瀬日守 常隆院 真光 1866-1925 本隆寺73世。本山引退後、平等会寺41世。1925年(大正14年)9月16日死去。60歳。
42 加藤日淳 真良院 研寿 1866-1938 1928- 本隆寺78世。1928年(昭和3年)10月、平等会寺42世。1932年(昭和7年)本隆寺住職。1938年(昭和13年)3月9日死去。73歳。
43 日長 智誠院 ?-1935 1935年(昭和10年)7月30日死去。
44 浅野日深 恵敬院 1892-1953 1942- 本隆寺85世。1942年(昭和17年)3月平等会寺44世。1953年(昭和28年)3月26日本隆寺晋山。1953年(昭和28年)8月7日死去。62歳。
45 日憲 誠貞院 ?-1965 1965年(昭和40年)4月11日死去。
46 日義 静照院 ?-1969 1969年(昭和44年)5月4日死去。
47 安井日浄 真敬院 本隆寺95世。勝龍院とも。
48
49 蓑輪日歓
  • 『本隆寺門末寺院史』を基に情報を追加。
  • 吉田日立?:本隆寺55世。
  • 山田日彰?:本隆寺68世。


  • 『平等会寺誌要』[1]
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%B9%B3%E7%AD%89%E4%BC%9A%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール