ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

妙顕寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年7月5日 (日)

移動: 案内, 検索
参道と本堂

妙顕寺(みょうけんじ)は、京都府京都市上京区妙顕寺前町にある日蓮宗本山寺院洛中法華二十一寺の一つ。四条門流日蓮宗久遠寺派の大本山。歴代住職の墓所は宝塔寺にある。妙顕寺関連旧跡も参照。天文法華の乱では和泉・妙法寺に避難した。妙本寺本仏寺法華寺と称した時期もある。山号は具足山で、妙顕寺から分立した妙覚寺立本寺と共に三具足山と呼ばれる。(参考:同名寺院妙顕寺_(同名)

目次

歴史

三菩薩堂
「勅賜宗号四海唱導之霊蹟」碑と「故大僧正日耀上人之碑」

日像が1294年(永仁2年)京都で布教を始めた。その拠点として1321年(元亨1年)に妙顕寺を創建したという。1310年(延慶3年)頃には綾小路大宮に日像の法華堂があった。1321年(元亨1年)後醍醐天皇から京都弘通の勅許を得て今小路に寺地を与えられたという。1333年(元弘3年/正慶2年)3月、護良親王は後醍醐天皇京都帰還祈願を日像の法華堂に命じる。1334年(建武1年)4月14日、後醍醐天皇勅願寺となる。1336年(延元1年/建武3年)6月頃には足利将軍家の祈願所。1337年(延元2年/建武4年)光厳上皇の祈願所となる。1341年(興国2年/暦応4年)四条櫛笥に移転。四条門流の名はここに由来する。1352年(正平7年/文和1年)2月、延暦寺衆徒に破壊された。1355年(正平10年/文和4年)、足利尊氏の祈願所。1358年(正平13年/延文3年)後光厳天皇の綸旨で、「四海唱導」と記される。同年、2世大覚が祈雨祈祷を行い、日蓮に大菩薩号、日朗と日像に菩薩号が勅許され、大覚が大僧正に任じられた。

1378年(天授4年/永和4年)、日実が、住職継承に異を唱えて実弟の日成と共に妙顕寺を退出し、妙覚寺が分立した。

1387年(元中4年/嘉慶1年)、延暦寺衆徒が妙顕寺を破壊。日霽は小浜に避難した。 1393年(明徳4年)三条坊門堀川に移転し、妙本寺と改称。 1398年(応永5年)足利義満が参詣。1411年(応永18年)足利義持の祈願寺となる。


1413年(応永20年)6月25日、延暦寺衆徒が破壊。月明は丹波に避難した。 この時の再興を巡る混乱で、立本寺本能寺妙蓮寺が分立した。

1519年(永正16年)頃、妙顕寺に復称した。 1521年(大永1年)、二条西洞院の南に移転。

1536年(天文5年)天文法難では堺妙法寺に避難。 1542年(天文11年)帰還の勅許。法華寺と改称し、旧地に再建した。(のち妙顕寺に復す) 1575年(天正3年)10月18日、二条の南、油小路と西洞院の間に敷地安堵された。

1583年(天正11年)豊臣秀吉の都市改造で現在地に移転。

慶長年間、延暦寺衆徒から「法華宗」号の差し止めを訴えたが退ける。 1788年(天明8年)焼失。その後、再建。

(日本歴史地名大系、国史大辞典)

伽藍

御真骨堂
尊神堂
  • 大本堂:
  • 三菩薩堂:日蓮・日朗・日像を祀る。
  • 御真骨堂:日蓮・日朗・日像の舎利を収める。
  • 納骨堂:
  • 尊神堂:鬼子母神を祀る。
  • 妙見堂:妙見菩薩を祀る。
  • 慶中稲荷堂:稲荷神を祀る。京都御所から遷座したという。
  • 龍神廟
  • 石塔:前田利家室の寿福院が建立。
  • 方丈

子院

妙顕寺(国土地理院空中写真より)
妙顕寺本堂(国土地理院空中写真より)
  • 大如院:大妙寺と称す。洛中法華二十一寺の一つ大妙寺を継承するとみられる。
  • 泉妙院:現存。弘伝寺と称す。
  • 春天院:
  • 久本院:現存。
  • 法宣院:法音院?
  • 法光院:
  • 十乗院:現存。
  • 恵命院:現存。
  • 常楽院:
  • 千如院:
  • 光乗院:
  • 実加院:
  • 教法院:現存。
  • 園教院:
  • 教林院:
  • 知賢院:
  • 善行院:現存。
  • 本行院:
  • 正観院:
  • 法院:
  • 星湯院:
  • 安住院:
  • 思善院:
  • 増長院:
  • 玉泉院:
  • 一性院:
  • 聚抜院:
  • 薬三院:
  • 龍善院:
  • 喜見院:
  • 円聚院:
  • 明乗院:
  • 定恵院:
  • 了義院:
  • 本成院:
  • 省我坊:
  • 法音院:現存。政教中正論になし
  • 本妙院:現存。政教中正論になし
  • 実成院:現存。政教中正論になし

(政教中正論)

組織

住職

世数 法諱 生没年 在職年 略歴
1 日像 肥後阿闍梨 1269-1342
2 妙実 大覚 1297-1364
3 朗源 1326-1378 千葉家出身。
4 日霽 通源 1349-1405 1378- 門下に日隆(1384-1464)。1384年(元中1年/至徳1年)延暦寺の僧侶に寺を破壊され若狭に逃れた。1393年(明徳4年)復興。
5 月明 具覚 1386-1440 1440年(永享12年)死去。55歳。
6 日具 寒松軒 胆山 1423-1501 1440- 吉田兼倶と論争。1501年(文亀1年)死去。79歳。
7 日芳 1472-1534 1534年(天文3年)死去。63歳。
8 日広 1505-1552 1552年(天文21年)死去。48歳。
9 日教 1556-1578 1578年(天正6年)死去。23歳。
10 日堯 淳誉 1543-1604 1604年(慶長9年)死去。62歳。
11 日紹 星陽 1542-1622 不受不施論争で不受不施派を弾圧。1622年(元和8年)死去。81歳。
12 日衍 春星 1559-1611 1611年(慶長16年)死去。53歳。
13 日饒 興善院 英月 1573-1644 1644年(正保1年)死去。72歳。
14 日豊 僧〓院 唯遠 1600-1669 1669年(寛文9年)死去。70歳。
15 日莚 隆源院 春山 1609-1681 身延29世。中村檀林化主10世。小西檀林化主。妙法華寺19世。妙顕寺15世。秋田に流罪。日延。
16 日春 中道院 是然 1622-1702 1702年(元禄15年)死去。81歳。
17 日空 観樹院 貞順(陽山) 1625-1693 妙顕寺17世。妙覚寺29世。六条11世。中村18世。冠山4世。1693年(元禄6年)1月26日死去。69歳。
18 日耀 勝光院 勝光 1636-1697 1697年(元禄10年)死去。62歳。
19 日宗 境妙院 睿桓 1647-1728 1728年(享保13年)死去。82歳。
20 日利 隆真院 春利(春秀) 1668-1728 妙顕寺20世。中村28世。六条17世。谷中延命院9世。和歌山蓮心寺7世。1728年(享保13年)死去。61歳。(1700年(元禄13年)8月1日死去?)
21 日慧(日恵) 智定院(知足院) 智俊 1643-1730 妙顕寺21世。六条18世。中村27世。鳴滝三宝寺7世。1730年(享保15年)9月15日死去。88歳。
22 日妙 南無院 泰運 1638-1710 1710年(宝永7年)死去。73歳。
23 日啓 智覚院 弁通 1657-1728 中山53世。頂妙寺19世。妙顕寺23世。六条23世。1728年(享保13年)4月30日死去。72歳。耕通は誤りか。
24 日慈 近要院 恵天 1664-1735 妙顕寺26世。妙覚寺35世。六条28世。中村48世。尾張妙勝寺。1735年(享保20年)10月22日死去。72歳。
25 日精 修光院 修光 1674-1739 1739年(元文4年)死去。66歳。
26 日諦 観具院 隆察 1677-1732 1732年(享保17年)死去。56歳。
27 日瑛 霊妙院 学俊 1672-1746 1746年(延享3年)死去。75歳。
28 日寛 体具院 恕然 1686-1744 1744年(延享1年)死去。59歳。
29 日貞 僧祇院 自従 1683-1748 1748年(寛延1年)死去。66歳。
30 日量 戒心院 智旭 ?-1763 1763年(宝暦13年)死去。
31 日唱 妙行院 寂賢 ?-1768 1768年(明和5年)死去。
32 日観 舜浄院 学妙 ?-1772 1772年(安永1年)死去。
33 日浩 法妙院 行遍 ?-1784 1784年(天明4年)死去。
34 日逕 能紹院 恵順 ?-1799 1799年(寛政11年)死去。
35 日静 摂心院 ?-1796 1796年(寛政8年)死去。
36 日遂 自訓院(慈讓院) 周澄 1733-1801 妙顕寺36世。妙覚寺50世。六条122世。中村157世。大阪妙徳寺33世。1801年(享和1年)10月5日死去。69歳。(70歳とも)
37 日言 〓寿院 行雅 1739-1805 1805年(文化2年)死去。67歳。
38 日褒 隆行院 警遠 ?-1824 1824年(文政7年)死去。
39 日冠 唱導院(即宝院) 即実 1753-1821 妙顕寺39世。六条166世。1821年(文政4年)11月4日死去。69歳。
准歴 日麑 勇猛院 恵亮 1757-1824 中村檀林化主。1824年(文政7年)死去。68歳。
40 日玄 寂光院 即妙 1754-1832 1832年(天保3年)死去。79歳。
41 日行 龍進院 大進 1775-1836 1836年(天保7年)死去。62歳。
42 日桓 境修院 桓雅 1771-1840 1840年(天保11年)死去。70歳。
43 日源 龍本院 恵達 ?-1841 1841年(天保12年)死去。
44 日合 心境院 文慶 1785-1862 1862年(文久2年)死去。78歳。
45 日栖 禎〓院 即禎 ?-1868 1868年(明治1年)死去。
46 日寿 本城院 恵本 1800-1858 1858年(安政5年)死去。59歳。
47 日恭 慈祥院 即〓 1804-1876 1876年(明治9年)死去。73歳。
48 若園日文 体如院 若園恵信 1831-1883 妙顕寺48世。六条301世。教導職権少教正。1883年(明治16年)4月9日死去。53歳。
准歴 日晋
49 津川日済 津川院 1811-1900 1876- 充洽園で学ぶ。1900年(明治33年)死去。91歳。
50 福田日耀 鏡琳院 福田桓琳 1827-1897 1897年(明治30年)死去。71歳。境琳院とも。
准歴 大須賀日梁 龍池院
51 小林日董 時中院 小林是純 1848-1905 日蓮宗管長。1905年(明治38年)死去。58歳。
52 河合日辰 静照院 河合啓勇 1855-1943 1898- 日蓮宗管長。
准歴 日清 本昭院 智英 南真経寺
53加歴 鈴木日賢 将導院 鈴木行泰 1867-1938 1938年(昭和13年)死去。72歳。
准歴 日震 亮応院
准歴 益戸日具 智運院 益戸桓光
准歴 飯田日光 飯田恵済 1866-1946
54 吉沢日尚 亮康院 吉沢孝順 ?-1957 1957年(昭和32年)死去。83歳。
55
56
57
58 山田日真 本覚院 山田一英 1874-1966 ?-1966 日蓮宗管長。平賀本土寺56世。1966年(昭和41年)死去。93歳。
59加歴 堀日輝 智珠院 堀智珠 立本寺加歴74世。池上常仙院47世。1970年(昭和45年)死去。92歳。日耀?
60
61
62
63 山田日永 一光 ?-2003 ?-2003 本土寺貫首。2003年(平成15年)死去。
64加歴
65 南条日慈 孝仁 1940- 2004-2011 2004年(平成16年)妙顕寺貫首。
66 和田日佑 妙行院 龍昌 1943-2013 2011-2013 2011年(平成23年)妙顕寺貫首。
67 三田村日正 鳳治? 2014- 本土寺貫首。2014年(平成26年)妙顕寺貫首。
及川日周 2018- 妙覚寺貫首。2018年(平成30年)妙顕寺貫首。
  • 吉沢日尚まで『日蓮宗年表』「諸大本山歴世表」[1]
  • 飯田恵済まで1937『妙顕寺一覧』[2] 在職年など未反映
  • 現在と歴代数が異なる可能性がある

画像

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%A6%99%E9%A1%95%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール