ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

霊雲寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年11月27日 (火)

移動: 案内, 検索

霊雲寺(れいうんじ)は、東京都文京区にある真言宗律宗本山寺院。本尊は両部2体の大日如来。江戸時代、戒律復興運動の先駆けとなった浄厳が将軍徳川綱吉の帰依を受けて創建した。関東真言律の本寺とされ、西大寺末の江戸触頭だった。新安祥寺流の拠点。現在は真言宗霊雲寺派総本山。大悲心院仏日院と号す。通称は湯島霊雲寺。山号は宝林山。(参考:同名寺院霊雲寺_(同名)

目次

歴史

浄厳は、名声を聞いた将軍寵臣の柳沢吉保の推薦で徳川綱吉に謁見。江戸駐錫の地として湯島に3500坪を賜り、元禄4年(1691)、霊雲寺を創建。さらに元禄7年(1694)、関八州真言律の本寺と定められた。元禄10年に結縁灌頂を開き、9万人が集まったという。翌年1月には国家鎮護のために大元帥法を執り行った。

高崎・頼政神社が一時遷座していたことがある。

明治12年(1879)、内務省の要請を受けた真言宗は高野山大学林学頭で勧修寺門跡の釈雲照(渡辺雲照)を委員長として各派代表95人を霊雲寺に集め、教学の統一を話し合う大成会議を開催。雲照は戒律復興を掲げた。雲照は明治16年(1883)12月16日、戒律興隆のための結社として十善会を設立し、霊雲寺で大会を開いた。

明治19年(1886)、別格本山となる。関東大震災、東京大空襲で被災。近代には高野山の末寺となっていたが、昭和22年、高野山真言宗を離脱して真言宗霊雲寺派を設立した。

伽藍と塔頭

  • 本堂:金剛界大日如来と胎蔵界大日如来を祀る。右に不動明王、左に愛染明王があった。昭和51年再建。灌頂堂とも。
  • 祈祷殿:大元帥明王。徳川綱吉直筆の画像だった。堂宇と画像共に関東大震災で焼失。大元堂とも。
  • 開山堂:江戸名所図会にはあるが、今はない。
  • 鎮守:賀茂・稲荷・八幡を合祀。江戸名所図会にはあるが今はない。
  • 妙極院:台東区池之端にある境外塔頭。浄厳の墓がある。
  • 智厳院
  • 五大院
  • 蓮光院
  • 宝光院
  • 五智院
  • 福厳院

組織

住職

  • 1覚彦浄厳(1639-1702):教興寺河内・延命寺を復興。弟子に契沖がいる。
  • 2慧光(1666-1734):覚彦浄厳の弟子。のち東大寺戒壇院長老となる。(略歴は、東大寺戒壇院#組織を参照)
  • 3慧曦(1679-1747)
  • 4法明
  • 5光海
  • 6極妙
  • 7霊麟
  • 8智明
  • 9円海
  • 10常照
  • 11智定
  • 12義栄
  • 13日野開塔:出家した河鍋暁斎が師事。
  • 14智龍
  • 15光野正行
  • 16真融
  • 17法麟
  • 18宥厳
  • 19教厳
  • 20高山自宝
  • 21大仙
  • 22鈴木義定
  • 23浅賀正弘
  • 24一月正空:一月寺出身?
  • 25瀬間智川
  • 26羽生昌彦
  • 27孝義

(『霊雲叢書解題』、霊雲寺ウェブサイトほか)

参考文献

  • 霊雲寺ウェブサイト
  • 真言密教聖典1915
  • 天明、真言律宗霊雲寺末寺院牒
  • 古事類苑
http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%9C%8A%E9%9B%B2%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール