ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

洛陽

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-)

2019年7月16日 (火) 時点におけるWikiSysopKARASUYAMA (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

洛陽(らくよう)は、中華人民共和国河南省洛陽市に位置する、歴代王朝の都となった都市。最初に周が鎬京長安)から首都を遷した。のち、後漢、魏晋南北朝時代の魏、西晋、北魏や五代十国時代の後唐などが都を置いた。郊外にある嵩山は、五岳のうちの中岳で、天地の中心として崇拝された。中国仏教の発祥地であり、中国最初の仏教寺院「白馬寺」はここにあった。以来、巨大伽藍で知られた永寧寺などが建てられ、玄奘の出身地や中国密教の祖である善無畏金剛智の旧跡などがあり、南北朝時代まで中国仏教の中心地であった。嵩山には中国禅宗の発祥地で、武術道場としても知られる少林寺がある。また郊外にある龍門石窟寺院も仏教美術の傑作として著名である。関羽の墓である関林廟があり、関羽信仰の拠点でもある。帝王の陵墓も多い。

首都北京から西南680km、古都長安から東330km、また省都鄭州から西108km、開封から西170kmに位置する。また殷朝首都遺跡の殷墟は北東240kmにあり比較的近い。

目次

一覧

宮中

城内

  • 太社
  • 太廟
  • 国子学:孔子廟がある。
  • 永寧寺:洛陽市洛龍区。巨大伽藍で知られた洛陽を代表する寺院。廃絶。
  • 建中寺:
  • 長秋寺:
  • 瑶光寺:
  • 景楽寺:
  • 昭儀寺:昭儀尼寺
  • 胡統寺:
  • 修梵寺:達磨旧跡
  • 景林寺:
  • 嵩明寺:
  • 願会寺:

城北

  • 禅虚寺
  • 凝玄寺

城南

  • 景明寺
  • 大統寺
  • 秦太上公寺:東寺と西寺がある。
  • 報徳寺
  • 正覚寺
  • 龍華寺
  • 菩提寺
  • 高陽王寺
  • 崇虚寺
  • 双女寺
  • 霊台
  • 明堂
  • 辟雍
  • 追聖寺
  • 文覚寺
  • 三宝寺
  • 国子学堂

城東

  • 明懸尼寺
  • 龍華寺
  • 瓔珞寺
  • 宗聖寺
  • 崇真寺
  • 魏昌尼寺
  • 景興尼寺
  • 荘厳寺
  • 秦太上君寺
  • 正始寺
  • 平等寺
  • 景寧寺
  • 宝明寺
  • 帰覚寺
  • 慈善寺
  • 暉和寺
  • 通覚寺
  • 暉玄寺
  • 煕平寺
  • 因果寺

城西

  • 白馬寺:洛陽市洛龍区洛白路。中国最初の仏教寺院。
  • 沖覚寺
  • 宣忠寺
  • 王典御寺
  • 宝光寺
  • 開善寺
  • 追先寺
  • 融覚寺
  • 大覚寺
  • 永明寺
  • 法雲寺
  • 霊仙寺
  • 皇女台

未確認

  • 聖善寺:善無畏の旧跡。
  • 玄奘寺:洛陽市偃師市〓氏鎮。玄奘の出生地にある寺院。
  • 杜甫墓:洛陽市偃師市。詩聖と呼ばれた杜甫の墓。
  • 水泉石窟寺院:洛陽市偃師市寇店郷水泉村。唐代に造られた石窟仏教寺院。

郊外

  • 龍門石窟寺院:洛陽市洛龍区龍門鎮。
  • 白園:洛陽市洛龍区龍門鎮。白居易の墓。龍門石窟のすぐそば。
  • 香山寺:洛陽市洛龍区龍門鎮。龍門十寺の第一。白園に隣接か。
  • 広化寺:洛陽市洛龍区龍門鎮。龍門十寺の一つ。善無畏の墓。円珍が参詣。多くの皇帝が行幸した。廃絶。
  • 奉先寺:洛陽市洛龍区龍門鎮。龍門十寺の一つ。高宗の調露元年(679)、創建。開元10年(722)、伊河の氾濫で破壊。12月、龍華寺と合併して大奉先寺と称した。金剛智の墓。大中10年(856)、円珍が参詣。元代前期まで隆盛したが、廃絶。なお龍門石窟の奉先寺洞とは別。天竺寺や龍華寺と同一という説も。
  • 霊岩寺:龍門十寺の候補。
  • 乾元寺:龍門十寺の候補。
  • 崇訓寺:龍門十寺の候補。
  • 宝応寺:龍門十寺の候補。
  • 嘉善寺:龍門十寺の候補。
  • 天竺寺:龍門十寺の候補。
  • 玉泉寺:龍門十寺の候補。
  • 菩提寺:龍門十寺の候補。
  • 敬善寺:龍門十寺の候補。
  • 龍華寺:龍門十寺の候補。
  • 勝善寺:龍門十寺の候補。
  • 潜渓寺:宋代ころに創建か。
  • 西渓寺
  • 蘆渓寺


  • 神農山 炎帝が薬草を求め、効能を試したり、天を祀ったりした場所とされる。また老子が錬丹を行った場所ともされる。
  • 老君山 洛陽市欒川県。老子が修行した山
http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%B4%9B%E9%99%BD」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール