ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

中国の石窟寺院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2016年12月9日 (金)

移動: 案内, 検索

中国の石窟寺院。ほとんどは仏教寺院だが、一部道教もある。千仏洞と呼ぶことも多い。磨崖仏なども対象とする。

目次

一覧

三大石窟

  • 雲崗石窟寺院:山西省大同市南郊区。大同の郊外、武周川北岸の武周山の斜面に1kmにわたり、石窟53窟、小龕1100所以上、像51000体以上が残る。北魏の文成帝の時代、曇曜が中心となって造営したのが始まりという。 当時は首都大同と旧都盛楽を結ぶ交通の要衝にあたり、北魏の皇帝は仏教を尊崇した。
  • 龍門石窟寺院:河南省洛陽市洛龍区。洛陽中心部から南12kmにある。伊水の両岸の断崖に南北1kmに及ぶ。石窟は1352窟、龕750所、仏塔40余基、像は10万体という。造像題記や碑刻も多い。書道史で名品として知られる龍門二十品もある。仏教を重視した北魏では旧都大同でも近くに雲崗石窟を開いたが、494年に孝文帝が洛陽遷都を行うと、直後からその近くの龍門に造営が始まった。その後、東魏、西魏、北斉、北周、隋、唐にわたり400年掘り続けられた。五代、北宋の時代にも造営はわずかに行われた。北魏時代に開かれた洞としては古陽洞、賓陽洞、蓮華洞、薬方洞、火焼洞、石窟寺、魏字洞、趙客師洞、普泰洞がある。 唐代では、則天武后の時代の、潜渓寺、万仏洞、奉先寺、大万洞、高平郡王洞、極南洞、看経洞が代表的。特に奉先寺は、日本の東大寺大仏のモデルになったとも言われる。
  • 莫高窟:甘粛省酒泉市敦煌市。大泉河沿いの断崖に1600mにわたり492窟の岩窟が並ぶ。壁画は4万5000平米。7000件の題記、2415体の仏像がある。北大仏殿の33mの大仏などがある。第17窟蔵経洞から数万点の古文書が発見された。前秦の建元2年(366)、西方から来た楽僔が岩の間から光が射すのを見て窟を開いたのが起源とされる。元までの900年間にわたり、造営が続けられた。

西域

名称 別名・別表記 群(仮) 所在地 規模 備考
1 キジル石窟寺院 克孜爾石窟 亀茲石窟群 新疆ウイグル自治区アクス地区バイ県 236窟。 クチャは亀茲国の王都。シルクロードの要衝の地にあり、西域仏教の中心地の一つだった。キジル石窟はそのクチャ周辺にある石窟群の代表格。ムザルト河の断崖に約2kmにわたり、236の石窟がある。礼拝窟と僧房窟がある。そのうち70程度が比較的保存状態が良い。仏像はほとんど残っていないが、5000平方メートルの壁画が残る。主に上座部仏教のもので、晩期に大乗仏教の壁画もみられる。中国に現存する石窟寺院ではもっとも早い時期から作られたとみられ、その時期は3世紀末-4世紀初頭とされる。チベットに侵入される8世紀まで造営が行われた。
2 クズルガハ石窟寺院 克孜爾〓哈石窟、クズルガワ石窟、キジルガハ石窟 亀茲石窟群 新疆ウイグル自治区アクス地区クチャ県
3 クムトラ石窟寺院 庫木吐喇石窟、庫木吐拉石窟、クムトゥーラ石窟、クムアリク石窟 亀茲石窟群 新疆ウイグル自治区アクス地区クチャ県
4 テテル石窟寺院 台台爾石窟、タイタイル石窟 亀茲石窟群 新疆ウイグル自治区アクス地区クチャ県
5 アエ石窟寺院 阿艾石窟、アアイ石窟 亀茲石窟群 新疆ウイグル自治区アクス地区クチャ県
6 シムシム石窟寺院 森木塞姆石窟、森姆塞姆石窟、センムサイム石窟、センサイム石窟、シムセム石窟、シムシン石窟、キリシュ石窟 亀茲石窟群 新疆ウイグル自治区アクス地区クチャ県
7 マザバハ石窟寺院 馬紮伯哈石窟、瑪紮巴哈石窟、瑪札伯赫石窟、アザバハ石窟、マザバフ石窟、マザルボハ石窟、マジャポハ石窟 亀茲石窟群 新疆ウイグル自治区アクス地区クチャ県
8 オンバシ石窟 温巴什石窟、ウンバシ石窟、ウェンバシ石窟 亀茲石窟群 新疆ウイグル自治区アクス地区バイ県オンバシ郷
9 ヤトゥル石窟 亜吐爾石窟 新疆ウイグル自治区アクス地区バイ県ヤトゥル郷
10 スバシ石窟 蘇巴什石窟 亀茲石窟群
11 トクラックアイガン石窟 托乎拉克艾肯石窟、トクラックアキン石窟、トカラクアイガン石窟、トクラクアーケン石窟 亀茲石窟群 新疆ウイグル自治区アクス地区トクス県ショユルトゥズバグ鎮
12 アクタシ石窟 阿克塔什石窟 亀茲石窟群? 新疆ウイグル自治区アクス地区バイ県ヘイル郷?
13 ボスタントクラック石窟 博斯坦托格拉克石窟 亀茲石窟群 新疆ウイグル自治区ホータン地区墨玉県カワク郷?
14 依斯閙賭娃石窟 亀茲石窟群? 新疆ウイグル自治区アクス地区?
15 托乎拉克店石窟 亀茲石窟群 新疆ウイグル自治区アクス地区?
16 喀拉尤勒〓石窟 亀茲石窟群 新疆ウイグル自治区カシュガル地区カルギリク県イティムリクム郷?
17 サイラム石窟 沙依拉木石窟 亀茲石窟群? 新疆ウイグル自治区カシュガル地区カシュガル市?
18 カラス石窟 〓拉蘇石窟 亀茲石窟群? 新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガンタジク自治県? 〓は「上」と「下」を重ねた字
19 多崗石窟 亀茲石窟群? 新疆ウイグル自治区アクス地区?
20 薩〓特克石窟 亀茲石窟群? 新疆ウイグル自治区アクス地区? 〓は「上」と「下」を重ねた字
21 一滴泉石窟 亀茲石窟群? 新疆ウイグル自治区アクス地区?
22 三仙洞石窟 脱庫孜吾吉拉石窟 カシュガル 新疆ウイグル自治区カシュガル地区カシュガル市
23 旗盤郷石窟 カシュガル周辺? 新疆ウイグル自治区カシュガル地区カシュガル市?
24 刻太克石窟 カシュガル周辺? 新疆ウイグル自治区カシュガル地区カシュガル市?
25 棋〓山石窟 カシュガル 新疆ウイグル自治区カシュガル地区カシュガル市
26 ショルチュク石窟 七個星石窟 カラシャール 新疆ウイグル自治区バインゴリンモンゴル自治州焉耆回族自治県
27 那克沙特拉石窟 カラシャール? 新疆ウイグル自治区バインゴリンモンゴル自治州焉耆回族自治県?
28 錫克沁石窟 カラシャール? 新疆ウイグル自治区バインゴリンモンゴル自治州焉耆回族自治県?
29 高台石窟 北庭 新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県
30 厶蔵石窟 北庭 新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州ジムサル県
31 ベシュガル石窟 拝西哈爾石窟 トルファン周辺? 新疆ウイグル自治区トルファン市高昌区?
32 チッカンコル石窟 七泉湖石窟 トルファン周辺? 新疆ウイグル自治区トルファン市高昌区?
33 バシハル石窟 拝錫哈石窟 トルファン周辺? 新疆ウイグル自治区トルファン市高昌区?
34 センギムアギズ石窟 勝金口千仏洞 トルファン周辺? 新疆ウイグル自治区トルファン市高昌区?
35 スバシ石窟 蘇貝希石窟 トルファン周辺? 新疆ウイグル自治区トルファン市高昌区?
36 小桃児溝石窟 トルファン周辺? 新疆ウイグル自治区トルファン市高昌区?
37 大桃児溝石窟 トルファン周辺? 新疆ウイグル自治区トルファン市高昌区?
38 マンダグーリ石窟 忙得古爾石窟 トルファン周辺? 新疆ウイグル自治区トルファン市高昌区?
39 徐干山石窟 トルファン周辺? 新疆ウイグル自治区トルファン市高昌区?
40 ベゼクリク石窟寺院 柏孜克里克石窟 トルファン周辺 新疆ウイグル自治区トルファン市高昌区 83窟。 83の石窟が確認されている。非常に豊富な内容の壁画が残る。ムルトック河沿いの断崖に約500mにわたり作られた。5-6世紀の高昌王国時代から始まり、13世紀にイスラム教勢力が侵入するまで続いた。ウイグル王家が手掛けた。マニ教や景教の壁画の痕跡もあるという。日本京都の龍谷ミュージアムに壁画の復元展示がある。
41 ヤールホト石窟 雅爾湖石窟、ヤルフ石窟、ヤールコト石窟 トルファン周辺 新疆ウイグル自治区トルファン市高昌区
42 バシハール石窟 伯西哈石窟、伯什哈千仏洞 トルファン周辺 新疆ウイグル自治区トルファン市高昌区勝金郷
43 トユク石窟寺院 吐峪溝石窟 トルファン周辺 新疆ウイグル自治区トルファン市ピチャン県
44 七康湖石窟 トルファン周辺 新疆ウイグル自治区トルファン市
45 葡萄溝石窟 新疆ウイグル自治区トルファン市
46 百眼窟 内モンゴル 内モンゴル自治区オルドス市オトク旗
47 アルジャイ石窟 阿爾寨石窟 内モンゴル 内モンゴル自治区オルドス市
48 炳霊寺 甘粛省臨夏回族自治州永靖県 184窟。 大寺溝の断崖に2kmにわたり、西秦から唐代までの184窟が現存している。その中には石彫仏像679体、泥塑像82体、壁画900平方米が残る。「炳霊」はチベット語で「千仏」「十万仏」を意味する。1951年の中国調査団は険しい道を超えていったが、劉家峡ダムのおかげで水路が発達し、現在は船で行ける。インドに向かう法顕が3カ月滞在したといわれる。
49 莫高窟 敦煌石窟群 甘粛省酒泉市敦煌市 492窟
50 西千仏洞 敦煌石窟群 甘粛省酒泉市敦煌市 19窟。 北朝末から五代にかけて作られた。党河の北岸の断崖、高さ20mのところにあり、19窟が現存する。
51 東千仏洞 敦煌石窟群 甘粛省酒泉市瓜州県
52 楡林窟 敦煌石窟群 甘粛省酒泉市瓜州県
53 五個廟石窟 敦煌石窟群 甘粛省酒泉市粛北モンゴル族自治県
54 一個廟石窟 敦煌石窟群 甘粛省酒泉市粛北モンゴル族自治県
55 昌馬石窟 河西石窟群 甘粛省酒泉市玉門市
56 馬蹄寺石窟 河西石窟群 甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県 馬蹄河の西岸に点在する。北寺、南寺、金塔寺、上中下観音寺、千仏洞の七つの洞窟群がある。北魏に掘られた洞窟だが、壁画は唐代以降のもの。北寺と金塔寺の保存状態が良い。
57 文殊山石窟寺院 河西石窟群 甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県
58 童子寺石窟 河西石窟群 甘粛省張掖市民楽県
59 天梯山石窟寺院 涼州石窟 河西石窟群 甘粛省武威市涼州区 北涼の太祖沮渠蒙遜が開創。武威中心部から南60kmの祁蓮山の断崖にある。1927年の地震で大被害を受けたが、崩れた西夏・元明代の壁画の下から北涼・西魏・隋唐の壁面が現れた。
60 慶陽北石窟寺院 隴東石窟群 甘粛省慶陽市西峰区 295窟 隴東石窟群を代表する石窟。北魏から北周、隋唐にかけて作られ、295窟が現存。塑像2100体が残る。北魏の永平2年(509)、 涇川刺史の奚康生が建造した。最大の第165窟は高さ14m、幅21.7m、奥行き17.9mの大洞窟。 洞内には8.1mの大仏7体、4mの脇侍菩薩10体など、巨大な像が並ぶ。
61 石〓寺石窟 隴東石窟群 甘粛省慶陽市鎮原県
62 玉山寺石窟 隴東石窟群 甘粛省慶陽市鎮原県
63 合水石窟群 隴東石窟群 甘粛省慶陽市合水県 張家溝門石窟、保全寺石窟、馬勺場石窟、安平寺石窟、楊華寺石窟、窯荘背石窟、安定寺石窟、李家荘仏龕、店溝口石窟、黒石溝石窟、東関石窟、菩薩崖石窟、陽坡石窟、薬王洞石窟、蓮華寺石窟、瓦窯背石窟、瓦窯溝石窟、千仏〓石窟など。
64 涇川南石窟寺院 隴東石窟群 甘粛省平涼市涇川県 涇河の北岸にある。北魏の永平3年(510)、 涇川刺史の奚康生が建造した。第1窟の七仏窟は、慶陽北石窟寺院の第165窟をやや小さくしたもので構造は同じ。
65 王母宮石窟寺院 隴東石窟群 甘粛省平涼市涇川県
66 羅漢洞石窟 隴東石窟群 甘粛省平涼市涇川県羅漢洞郷
67 荘浪石窟群 隴東石窟群 甘粛省平涼市荘浪県 雲崖寺石窟、紅崖寺石窟、朱林寺石窟、大寺石窟、西寺石窟、朝陽寺石窟、金瓦寺石窟、仏溝寺石窟、木匠崖石窟、三教洞石窟、殿湾石窟、店峡石窟、陳家洞石窟、葛家洞石窟 、石窯河灘石窟、紅崖湾石窟
68 石拱寺石窟 隴東石窟群 甘粛省平涼市華亭県
69 麦積山石窟寺院 隴東南 甘粛省天水市麦積区 194窟。 麦積山は秦嶺山脈の山々に囲まれた、独立した高さ150mの小さな山。遠くから見ると麦を積んだように見えることからこの名がある。断崖の地上70-80mの高所に設けられた194の石窟が現存している。塑像石像は7000体以上ある。瑞応寺という寺院も麓にある。後秦の姚興の時代頃に創建。清代まで造営が続けられたが、特に造窟が盛んだったのは西秦、北魏、西魏、北周、隋、宋の6朝。また優れた造像は唐以前に盛んだった。
70 仙人崖石窟 隴東南 甘粛省天水市麦積区
71 水簾洞石窟 隴東南 甘粛省天水市武山県
72 拉梢寺石窟 河西石窟群? 甘粛省天水市武山県
73 木梯寺石窟 隴東南 甘粛省天水市武山県
74 華蓋寺石窟 隴東南 甘粛省天水市甘谷県
75 大像山石窟 隴東南 甘粛省天水市甘谷県 大象山石窟とも。
76 法鏡寺石窟 隴東南 甘粛省隴南市西和県 石堡石窟。
77 寺児湾石窟 隴中石窟群 甘粛省白銀市靖遠県
78 法泉寺石窟 隴中石窟群 甘粛省白銀市靖遠県
79 五仏寺石窟 隴中石窟群 甘粛省白銀市景泰県 五仏沿寺石窟
80 北禅寺 チベット地域 青海省西寧市城西区 現在は道教寺院。
81 ピヤントンガ石窟寺院 皮央東〓石窟 チベット地域 チベット自治区ガリ地区ツァンダ県 1150窟。
82 須弥山石窟寺院 寧夏回族自治区固原市原州区 132窟。 132窟があったが多くが1920年の地震で崩壊した。隋唐時代に石門関があった地。完全な窟は20窟前後。大仏楼、子孫宮、円光寺、相国寺、桃花洞の五つの地区に分かれる。唐代に現在の大仏楼の高さ20.6mの釈迦大仏が作られた。清代に道教が伝わると多くが道教窟に改造された。
83 禅仏寺 寧夏回族自治区固原市西吉県
84 無量山石窟 寧夏回族自治区固原市彭陽県
85 石空寺 寧夏回族自治区中衛市中寧県 4窟。 双龍山の南麓に石空寺窟(万仏洞)、睡仏洞、百子観音洞、霊光洞の4窟がある。1956年、周辺の流砂を取り除いたところ発見された。唐、西夏、元の時代にわたり造営されたが、仏像の多くは破損。壁画は後世の稚拙な泥塑があり、「現在ではあまり見るべきものはない」(鎌田茂雄)。奥行き27m、幅13mの大洞窟に無梁殿、大雄宝殿、禅堂が復元された。

中原

名称 別名・別表記 群(仮) 所在地 規模 備考
1 房山石刻 北京市 雲居寺にある。
2 天津八仙洞石窟 天津市薊州区
3 龍門石窟寺院 河南省洛陽市洛龍区 1352窟。
4 西沃石窟 河南省洛陽市新安県
5 鞏県石窟寺院 鞏義石窟 河南省鄭州市鞏義市
6 霊泉寺 河南省安陽市安陽県 宝山。
7 小南海石窟寺院 河南省安陽市安陽県
8 鴻慶寺石窟 河南省三門峡市義馬市
9 浮丘山石窟寺院 浚県千仏洞 河南省鶴壁市浚県 千仏寺石窟。
10 林州千仏洞 河南省安陽市林州市
11 金灯寺石窟 山西省長治市平順県
12 碧落寺 山西省晋城市沢州県
13 蒙山大仏 山西省太原市晋源区
14 廟〓山石窟 山西省晋中市楡社県
15 石馬寺石窟 山西省晋中市昔陽県
16 開河寺石窟 山西省陽泉市平定県
17 千仏山石窟 山西省陽泉市盂県
18 羊頭山石窟 山西省高平市神農鎮。
19 雲崗石窟寺院 山西省大同市南郊区 53窟。
20 天龍山石窟寺院 山西省太原市
21 龍山石窟寺院 山西省太原市 道教の石窟寺院。
22 郷寧千仏洞 山西省臨汾市郷寧県
23 隰県千仏洞 山西省臨汾市隰県
24 交口千仏洞 山西省呂梁市交口県
25 龍洞石窟 山東省済南市
26 黄石崖石窟 山東省済南市
27 万仏洞 山東省済南市の千仏山
28 済南千仏崖 山東省済南市歴城区
29 玉函山石窟寺院 山東省済南市 仏峪寺の脇にある。
30 雲門山石窟寺院 山東省〓坊市青州市益都鎮
31 駝山石窟寺院 山東省〓坊市青州市益都鎮
32 白仏山石窟 山東省泰安市東平県

その他

名称 別名・別表記 群(仮) 所在地 規模 備考
1 響堂山石窟寺院 河北省邯鄲市峰峰鉱区
2 渉県千仏洞 河北省邯鄲市渉県
3 武安千仏洞 河北省邯鄲市武安市
4 井〓千仏崖 河北省石家荘市井ケイ県
5 安岳石窟寺院 四川省 四川省資陽市安岳県
6 重龍山石窟寺院 四川省 四川省資陽市資中県
7 皇沢寺 四川省 四川省広元市
8 広元千仏崖 四川省 四川省広元市利川区 広元には他にもある。
9 夾江千仏岩 四川省 四川省楽山市夾江県
10 キョウライ石窟 四川省 四川省成都市〓〓市
11 巴中石窟寺院 四川省 四川省巴中市巴州区 南龕、北龕、西龕、水寧寺などがある。
12 雲曇古仏洞石窟 四川省 四川省巴中市通江県
13 綿陽龕窟 四川省 四川省綿陽市北川チャン族自治県
14 碧水寺 四川省 四川省綿陽市市中区
15 蒲江石窟 四川省 四川省成都市蒲江県 飛仙閣、龍〓湾が有名。
16 大足石窟寺院 四川省 四川省・重慶市の間
17 石鐘山石窟寺院 剣川石窟寺院 雲南 雲南省大理ペー族自治州剣川県
18 西山石窟寺院 雲南 雲南省昆明市西山区
19 法華寺石窟 雲南 雲南省昆明市安寧市
20 義県万仏堂 遼寧省錦州市義県
21 玉皇洞石窟 湖南省張家界市永定区
22 仙仏寺石窟 湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州来鳳県
23 棲霞山石窟 千仏崖石窟 江蘇省南京市棲霞区
24 通天岩石窟 江西省〓州市章貢区
25 龍遊石窟 浙江省衢州市龍遊県
26 飛来峰石窟 浙江省杭州市西湖区 霊隠寺の近く。
27 紹興・大仏寺 浙江省紹興市新昌県
28 咸陽・大仏寺 陝西省 陝西省咸陽市彬県
29 鐘山石窟 陝西省 陝西省延安市子長県
30 千仏寺石窟 陝西省 陝西省延安市黄陵県
31 慈善寺石窟 陝西省 陝西省宝鶏市麟游県
32 湯家庵千仏洞 陝西省 陝西省漢中市洋県
33 旬陽千仏洞 陝西省 陝西省安康市旬陽県
34 花山謎窟 安徽省黄山市屯渓区
35 万仏石窟寺院 福建省南平市順昌県
36 桂林磨崖仏 広西チワン族自治区桂林市
37 柳阜千仏崖

参考文献

  • 鎌田茂雄『仏教の来た道』

ほか

http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%9F%B3%E7%AA%9F%E5%AF%BA%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール