ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

京都・興聖寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2022年2月13日 (日)

移動: 案内, 検索
本山興聖寺 (1).jpg
京都興聖寺(国土地理院空中写真より)

興聖寺(こうしょうじ)は、京都府京都市上京区上天神町にある臨済宗本山寺院。本尊は釈迦如来臨済宗興聖寺派本山。西陣興聖寺北野興聖寺。山号は円通山。(参考:同名寺院興聖寺

文禄年間、虚応円耳(1559-1619)が大昭庵を建てたのが起源。 虚応円耳は当初、日蓮宗妙満寺の日重に師事し、大応寺を開く。臨済宗に転じた。天海から葉上流天台密教も受法している。

1603年(慶長8年)、古田織部が帰依し、興聖寺としたという。 1629年(寛永6年)、後水尾天皇が勅願所とした。 海住山寺より平安時代の一切経を入手した。 1701年(元禄14年)、東山天皇常紫衣と定めた。 1788年(天明8年)の大火で焼失。 東山天皇皇女の福宮(尊勝法院)の墓がある。 臨済宗相国寺派だったが独立した。

妙伝寺の錐揉祖師像(日蓮像)は元々、日蓮宗時代の興聖寺にあったものだという。

目次

伽藍

  • 本堂:本尊は釈迦三尊弥勒菩薩達磨も祀る。もともと仏殿として建てられたが、法堂も兼ねるようになった。
  • 開山堂:虚応円耳を祀る。本堂の背後にある。
  • 涅槃堂:本尊は勝軍地蔵。檀信徒の位牌を納める。
  • 方丈:
  • 雲了軒:古田織部像を祀る。
  • 古田織部墓
  • 福宮墓:皇室治定
  • 曽我蕭白墓

塔頭

  • 青松院
  • 一乗院


組織

歴代住職

  • 1虚応円耳
  • 2無閣裏門
  • 3幽谷一通?全空?
  • 4了海通光
  • 5拙堂祖玄(1615-)<>:谷中興禅寺、伊勢不動院などを開く。
  • 6月舟
  • 7洞水祖深
  • 8浄天祖信
  • 9伯映
  • 日種譲山
  • 長門宏道
  • 望月宏済
http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%83%BB%E8%88%88%E8%81%96%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール