ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

妙伝寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年6月29日 (月)

移動: 案内, 検索
妙伝寺(国土地理院空中写真より)

妙伝寺(みょうでんじ)は、京都府京都市左京区北門前町にある日蓮宗寺院。洛中法華二十一寺の一つ。身延門流日蓮宗久遠寺派の本山・由緒寺院。日蓮の分骨を祀り、西身延と呼ばれる。山号は法鏡山。

目次

歴史

子院

  • 宝林院:
  • 覚樹院:
  • 恵性院:
  • 正林院:
  • 本光院:
  • 妙釈院:
  • 玄祥院:
  • 了岳院:
  • 教就院:
  • 遠照院:
  • 円立院:
  • 寛明院:

(以上『政教中正論』[1]

組織

歴代住職

  • 内藤日邦まで『日蓮宗事典』
世数 法諱 生没年 在職年 略歴
1 日意 円教院 法鏡 1444-1519 身延12世。1519年(永正16年)2月3日死去。76歳。
2 日胤 浄性院 ?-1534 1534年(天文3年)7月6日死去。
3 日肝 真浄院 ?-1551 1551年(天文20年)12月15日死去(2月死去とも)。
4 日請 法光院 ?-1590 1590年(天正18年)3月14日死去。
5 日暁 妙勝院 ?-1596 1596年(慶長1年)7月12日死去。
6 日恵 慈眼院 1551-1624 鎌倉本覚寺11世。1624年(寛永1年)12月5日死去。74歳。
7 日豪 智寂院 ?-1614 西谷檀林3世。飯高檀林5世。1614年(慶長19年)6月19日死去。
8 日遠 心性院 堯順 1572-1642 身延22世。池上16世。西谷檀林開祖。飯高3世。本満寺14世。本遠寺開山。貞松蓮永寺8世。1642年(寛永19年)3月5日死去。71歳。
9 日要 顕是院 観月 1576-1623 身延24世。中村檀林4世。小室妙法寺16世。1623年(元和9年)7月5日死去。48歳。
10 日盛 了眼院 1564-1619 瑞輪寺3世・6世。遠了院日恵の弟子。1619年(元和5年)3月27日死去。56歳。
11 日真 東光院 慧性 1564-1626 島原護国寺、府中妙泉寺、大覚寺、熊本法宣寺、水倶法華寺、熊本本妙寺等の開山。発星院とも。1626年(寛永3年)4月23日死去。63歳(62歳とも)。(略歴は肥後・本妙寺#組織を参照)
12 日宝 雲雷院 ?-1628 大阪雲雷寺開山。1628年(寛永5年)5月12日死去。
13 日逞 妙性院 禅恵 1590-1644 藻原寺20世。1644年(正保1年)11月12日死去。55歳。
14 日勇 法性院 1604-1650 山科檀林護国寺開祖。勇師法縁の祖。1650年(慶安3年)12月23日死去。47歳。
15 日健 了智院 通念 ?-1683 鷹峰檀林文5世。鷹峰玄3世。1683年(天和3年)9月29日死去。
16 日通 寂遠院 玄海 1614-1679 身延30世。池上20世。山科2世。鷹峰文11世。鷹峰玄5世。飯高15世。久昌寺2世。1679年(延宝7年)2月11日死去。66歳。
17 日陽 詮理院 ?-1680 中村化主。東山檀林7世。京都本法寺加歴25世。1680年(延宝8年)9月12日死去。
18 日令 良静院 陽山 ?-1693 平賀本土寺18世。山科文3世。中村玄。1693年(元禄6年)11月19日死去。
19 日啓 寂耀院 輪匠 1632-1689 山科文6世。西岡真如寺。初名は日政。1689年(元禄2年)6月17日死去(1690年(元禄3年)死去とも)。58歳。
20 日省 智寂院 老弁 ?-1721 身延32世。山科文7世。飯高文20世。飯高玄21世。水戸文4世。1721年(享保6年)1月13日死去。
21 日成 養法院 玄諦 ?-1689 山科文8世。東山10世。飯高文23世。1689年(元禄2年)10月13日死去。
22 日静 良道院 ?-1673 1673年(延宝1年)11月29日死去。
23 日亨 遠沾院 顗海 1646-1721 身延33世。立本寺25世。山科10世。飯高文25世。1721年(享保6年)12月26日死去。76歳。
24 日厳 養遠院 潮海 1651-1705 法華経寺50世。妙国寺13世。山科文11世。飯高文33世。1705年(宝永2年)12月17日死去。55歳。
25 日遵 寿遠院 天和 ?-1712 水戸檀林開祖。東山11世。1712年(正徳2年)2月15日死去。
26 日実 遠成院 ?-1703 東山12世。1703年(元禄16年)8月30日死去。
27 日遶 寂成院 ?-1732 1732年(享保17年)5月20日死去。
28 日慈 通恩院 ?-1710 宝塔寺15世。2月死去とも。1710年(宝永7年)1月18日死去。
29 日義 住心院 泰念 1649-1729 山科文17世。松ケ崎檀林24世。1729年(享保14年)5月6日死去。81歳。
30 日〓 広宜院 1655-1739 上牧本澄寺16世。1739年(元文4年)1月29日死去。85歳。
31 日竟 誠峰院 実等 1677-1734 身延35世。松ケ崎文31世。山科文。飯高文60世。能登妙成寺24世。1734年(享保19年)1月21日死去。58歳。
32 日迅 寂妙院 ?-1699 上牧本澄寺15世。1699年(元禄12年)2月24日死去。
33 日允 遠妙院 ?-1742 1742年(寛保2年)11月17日死去。
34 日眼 大千院 ?-1747 宝塔寺24世。11月死去とも。1747年(延享4年)10月25日死去。
35 日勤 了遠院 了遠 1686-1771 東山玄66世。大津本長寺12世。79歳とも。1771年(明和8年)11月13日死去。86歳。
36 日総 貞妙院 貞明 ?-1751 身延39世。飯高文54世。1751年(宝暦1年)6月29日死去。
37 日妙 温譲院 1683-1749 山梨長遠寺27世。1749年(寛延2年)10月7日死去。67歳。
38 日視 慈眼院 慈眼 1695-1765 松ケ崎60世。1765年(明和2年)10月3日死去。71歳。
39 日稽 妙幡院 実秀 ?-1763 鷹峰111世。1763年(宝暦13年)3月9日死去。
40 日忠 長養院 1723-1783 1783年(天明3年)1月3日死去。61歳。
41 日梁 智律院 智伯 ?-1786 飯高文164世。松ケ崎114世。1786年(天明6年)9月12日死去。
42 日猛 通入院 ?-1778 田原法華寺14世。東山文148世。熊本長国寺で死去。1778年(安永7年)11月5日死去。
43 日逢 只信院 円朗 1727-1802 妙伝寺43世。六条129世。中村文158世。福山妙政寺15世。1802年(享和2年)8月11日死去。76歳。
44 日信 霊芝院 能敬 ?-1814 山科文124世。鷹峰文261世。鷹峰玄204世。松ケ崎・妙泉寺。1814年(文化11年)8月8日死去。
45 日饒 厚善院 義運 ?-1803 金沢立像寺18世。1803年(享和3年)9月26日死去。
46 日逮 僧祇院 ?-1818 大阪本要寺22世。1818年(文政1年)8月4日死去。
47 日芳 妙俊院 ?-1841 名古屋法華寺22世。1841年(天保12年)6月23日死去(22日死去とも)。
48 日祥 誠興院 ?-1846 松山法華寺14世。1846年(弘化3年)5月18日死去。
49 日種 妙道院 ?-1835 出水華光寺30世。1832年(天保3年)4月16日死去とも。1835年(天保6年)5月22日死去。
50 日祥 止明院 顗鶴 1787-1872 身延70世。飯高文304世。山科文。山科妙見寺開山。初名は日静。1872年(明治5年)6月9日死去。86歳。
51 日森 宝樹院 1802-1852 1852年(嘉永5年)3月26日死去。51歳。
52 日皐 和玄院 1805-1879 立本寺56世。松ケ崎文306世。1879年(明治12年)1月4日死去。75歳。
53 日兆 蔵性院 ?-1858 京都通妙寺22世。1858年(安政5年)10月5日死去。
54 日章 戒真院 ?-1867 本所本仏寺16世。下総で死去。1867年(慶応3年)5月日死去。
55 日遼 慈妙院 1788-1873 但馬実行寺33世。1873年(明治6年)9月17日死去。86歳。
56 日名 玄性院 歯船 1794-1879 山科文544世。大津妙光寺20世。1879年(明治12年)1月4日死去。86歳。
57 日応 妙種院 玄励 ?-1899 山科文546世。妙伝寺本光院。墨染寺32世。1899年(明治32年)12月25日死去。
58 日穆 一神院 恵敬 ?-1883 山科文519世。山科玄。岐阜常光寺20世。尾張国照寺41世。1883年(明治16年)7月12日死去。
59 日寛 生没年不詳
60 日稽 順芳院 ?-1905 1905年(明治38年)5月1日死去(2日死去とも)。
61 日真 正守院 心静 ?-1909 山科文572世。妙伝寺恵林院。1909年(明治42年)1月2日死去。
62 日庸 全中院 学澄 ?-1886 山科文573世。東山文791世。能勢妙法寺23。1886年(明治19年)3月24日死去。
准歴 日厚 観成院 ?-1886 准歴 1886年(明治19年)2月16日死去。
63 日教 一玄院 1813-1892 本満寺56世。北野法華寺28世。大阪善徳寺で死去。1892年(明治25年)1月24日死去。80歳。
64 日解 止等院 ?-1885 山科文514世。1885年(明治18年)4月21日死去。
65 浅井日通 遠明院 ?-1909 名古屋妙善寺。1909年(明治42年)11月19日死去。
66 日義 東是院 1848-1910 大津妙光寺。1910年(明治43年)4月19日死去。63歳。
67 豊田日明 正順院 豊田心静 1859-1924 通妙寺。1924年(大正13年)5月1日死去。66歳。
68 林日胤 一〓院 林〓法 1870-1957 1924- 1957年(昭和32年)4月24日死去。東京大檀林卒。東京大檀林寮監。京都中檀林教頭。佐渡実相寺、武生妙国寺を経て1924年(大正13年)妙伝寺貫首。1957年(昭和32年)4月18日死去。88歳。(〓は樹の木偏をサンズイに)
69 飯沼日潜 慈龍院 飯沼龍遠 1888-1969 1957-1961 岐阜県出身。1888年(明治21年)生。1916年(大正5年)東京帝国大学哲学科卒。1921年(大正10年)名古屋大光寺住職。ドイツ、フランス、イギリス、アメリカに留学。1928年(昭和3年)帰国。台北帝国大学教授。1957年(昭和32年)12月、妙伝寺貫首。1961年(昭和36年)隠退。宗派教学部長、立正大学学長、宗務司監など歴任。1969年(昭和44年)6月24日死去。81歳。
准歴70 上田日詠 称道院 上田尚温 1878-1962 准歴 京都出身。1878年(明治11年)生。1903年(明治36年)日蓮宗大学卒。妙円寺を経て1945年(昭和20年)12月、山科護国寺住職。立本寺、大妙寺を代務。1962年(昭和37年)3月5日死去。85歳。
准歴71(加歴70) 高村日英 真篤院 高村〓俊 1894-1977 1961加歴 名古屋出身。日蓮宗大学卒。足立立応寺を経て名古屋定徳寺35世。1957年(昭和32年)妙伝寺准歴68世。1961年(昭和36年)妙伝寺加歴70世。1977年(昭和52年)7月8日死去。84歳。
72 森日厚 真性院 森泰淳 1905-1966 1961- 名古屋出身。東洋大学専門部卒。名古屋常泉寺27世、岐阜重善寺8世を経て1961年(昭和36年)妙伝寺貫首。1966年(昭和41年)12月8日死去。61歳。
73 谷口日輝 妙宣院 谷口心瑞 1900-1973 1968- 京都出身。1928年(昭和3年)光山学院卒。智積院、円城寺、通妙寺28世を経て1968年(昭和43年)妙伝寺貫首。1973年(昭和48年)2月2日死去。73歳。
74 落井日晃 束寿院 落井良英 京都日体寺14世。
75 内藤日邦 一乗院 内藤潮邦
76
77
78
79
80 野々垣日祐 野々垣泰典 1936- 2003- 1936年(昭和11年)生。立正大学仏教学部宗学科卒。1968年(昭和43年)岐阜蓮国寺住職。1984年(昭和59年)法華経寺荒行堂七行を成満。2003年(平成15年)妙伝寺貫首。
81 藤原日成 真英院 藤原円俊 ?-2015 2015加歴 名古屋定徳寺38世。2015年(平成27年)5月18日死去。73歳。
82 谷口心英 2016加歴 鳥辺通妙寺住職。
83
84 石本良勇 2016加歴 妙伝寺玉樹院住職。

画像

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%A6%99%E4%BC%9D%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール