ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

四天王寺秋野坊

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年12月28日 (火)

移動: 案内, 検索
『摂津名所図会』に描かれた秋野坊(左)

秋野坊は大阪府大阪市天王寺区伶人町にあった天台宗寺院。現在の大阪府夕陽丘庁舎の場所。廃絶。四天王寺子院で、四天王寺執行職(公文所職)を世襲した。小野妹子の末裔という(慊堂日暦)。四天王寺関連旧跡

目次

歴史

歴史

大峰山寺に登拝する行者講が1754年(宝暦4年)に建立した四天王寺境内の宝篋印塔に「宿坊秋野坊」とある

『大阪府全志』には「四天王寺の建立あるに及び、太子の遵臣小野妹子、詔を奉じて同寺の守護職に補せられ、其の子中納言毛野、孫中納言大錦上毛人、曾孫大夫文人に至る迄は、朝廷に官して当寺の守護を兼ねたりしが、文人は勅に依りて薙髪し専ら守護の任に当たりしより、一坊を設けて居りしもの是れ当坊の初めなり。小野院秋野坊と号し、爾来子孫連綿として相継ぎ、公文所三綱職と称し」とある。

南北朝時代には存在していた。北朝からは四天王寺の納所職として認められ、南朝からは1340年(興国1年/暦応3年)、念仏三昧院領新開庄領主を安堵されている。1365年(正平20年/貞治4年)安居神社別当職が1期に限り秋野坊に譲られた(のち続く)。 1510年(永正7年)には地震で被災した伽藍の修復のための諸国募財を行っている。妻帯。50石。四天王寺の西に屋敷があった。 1705年(宝永2年)6月19日:寺内の対立をめぐり、日光門主から秋野に「公文所」の称を許可される(1704年(宝永1年)とも)。 1802年(享和2年)8月27日、公文所秋野から旧号の執行秋野坊に改名した。

明治以後

1869年(明治2年)6月、神仏分離により安居神社の別当職を手放した。1879年(明治12年)3月1日から1890年(明治23年)頃まで、東成郡役所が置かれた(大阪府全志)。1887年(明治20年)頃に廃絶した(大原社会問題研究所栞)。1886年(明治19年)11月13日、内閣臨時修史局の星野恒が四天王寺を訪問。続いて天王寺村の民家で旧執行秋野房秋野為順の蔵書旧記3冊を閲覧する。東京に送り翌年影写が終わる。

1906年(明治39年)、大阪養老院(社会福祉法人聖徳会大阪老人ホーム)創設者の岩田民次郎が四天王寺旧秋野坊を借りて「大阪養老院少年部」を設置。1911年(明治44年)11月29日、旧秋野坊旧蔵の太子自作と伝える小型の摂政太子坐像を阿倍野の大阪養老院に迎え、翌1912年(大正1年)、秋野坊太子殿も大阪毎日新聞社社長本山彦一の寄進で移築して聖徳殿と名付けた。また左甚五郎作の太子像もあった。1927年(昭和2年)大阪養老院の火災で、左甚五郎作の像は焼失した。太子自作像は松原市に移転した聖徳会大阪老人ホームに現存する。 1920年(大正9年)、秋野坊跡地に大原社会問題研究所が置かれた。

組織

歴代住職

小野妹子の末裔を称す。四天王寺執行職・公文所職に就く。半僧半俗の存在だったらしく、僧侶でありながら妻帯が認められ、世襲した。法印。41世まで『秋野家譜』(『天王寺誌』付録)による。

世数 生没年 在職年 略歴
1 小野妹子 549-623 603-623 一般には生没年不詳とされる。以下は『秋野家譜』に記す事項である。「鼻祖」とあり、「小野妹子王」と記す。春日皇子の王子で、敏達天皇の孫とする。549年(欽明10年)生。603年(推古11年)2月、四天王寺寺司となったという。609年(推古17年)9月に随から戻ったときに「秋野」の称号を聖徳太子から賜ったという。617年(推古25年)3月8日、聖徳太子は妹子を呼び、「天王寺遺言記」なる書物を授けたという。623年(推古31年)6月6日死去。85歳(生年と合わない)。
2 小野毛野 684-? 小野毛人の誤りとみられる。小野妹子の子。『秋野家譜』によると684年(天武13年)11月に朝臣を賜り、四天王寺寺司となる。白鳳4年12月1日死去という。(「小野毛人墓誌」には「営造歳次丁丑年十二月上旬即葬」とあり、677年(天武6年)死去と考えられている)
3 小野毛人 小野毛野の誤りとみられる。小野妹子の孫。『秋野家譜』によると708年(和銅1年)に中納言・従三位となり4月13日死去とあり、小野村に葬り、737年(天平9年)12月に山城国愛宕郡高野川に改葬という。(一般的には714年(和銅7年)4月15日死去とされる)
4 小野文人 715-? 『秋野家譜』では小野妹子の曾孫とするが、一般的には孫(小野毛野の兄弟)とされる。715年(霊亀1年)朝廷を辞して、小野院秋野坊勝順と称し、四天王寺に入ったという。
5 奄順 762-806 小野文人の子。762年(天平宝字6年)家督相続。兄の豪範は701年(大宝1年)に青面金剛を感得したという。
6 正順 806-877 奄順の子。806年(大同1年)家督相続。877年(元慶1年)死去。771年(宝亀2年)に太子障子伝を記した敬明が弟として付会されている。
7 海順 877-909 正順の子。877年(元慶1年)家督相続。
8 見順 909-933 海順の子。909年(延喜9年)家督相続。
9 慈順 933-958 見順の子。933年(承平3年)家督相続。
10 文順 958-990 慈順の子。958年(天徳2年)家督相続。969年(安和2年)冷泉天皇の勅で三昧院を建てる。
11 教順 990-1037 文順の子。990年(正暦1年)家督相続。
12 承順 1037-1056 教順の子。1037年(長暦1年)家督相続。
13 行順 1056-1096 承順の子。1056年(天喜4年)家督相続。
14 角順 1096-1112 行順の子。1096年(永長1年)家督相続。
15 随順 1112-1120 角順の子。1112年(天永3年)家督相続。
16 沢順 1120-1145 随順の子。1120年(保安1年)家督相続。
17 陽順 1145-1173 沢順の子。1145年(久安1年)家督相続。
18 徳順 1173-1180 陽順の弟。1173年(承安3年)家督相続。1177年(治承1年)後白河法皇御幸に際し、五智光院を建てて灌頂を行う。勅を受けてこれを行ったという。
19 弁順 1180-1200 徳順の子。1180年(治承4年)家督相続。
20 性順 1200-1210 弁順の子。1200年(正治2年)家督相続。
21 行順 1210-1221 性順の子。1210年(承元4年)家督相続。1214年(建保2年)6月26日細字法華経が出現し、29日上奏する。
22 円順 1221-1232 行順の子。1221年(承久3年)家督相続。明順と争う。
23 増順 1232-1272 円順の子。1232年(貞永1年)家督相続。1233年(天福1年)別当となり、1242年(仁治3年)別当に再任したという(通説ではない)。弟に覚順。
24 堯順 1272-1292 増順の子。1272年(文永9年)家督相続。1291年(正応4年)別当就任という(通説ではない)。
25 常順 1292-1299 堯順の子。1292年(正応5年)家督相続。
26 性順 1299-1306 常順の子。1299年(正安1年)家督相続。院宣で1301年(正安3年)11月26日、五智光院上座職を命ず(四天王寺由緒沿革記)。1309年(延慶2年)の譲状がある。
27 秀順 1306-1333 性順の子。1306年(徳治1年)家督相続。
28 孝順 1333-1339 秀順の子。1333年(元弘3年/正慶2年)家督相続。1335年(建武2年)9月14日、後醍醐天皇が秋野坊に行幸し、太子講を執行したという。
29 泰順 1339-1345 孝順の子。1339年(延元4年/暦応2年)家督相続。1340年(興国1年/暦応3年)7月28日、念仏三昧院領新開庄領主の父からの譲与について南朝の後村上天皇から認められる。
30 興順 1345-1350 泰順の子。1345年(興国6年/貞和1年)家督相続。1349年(正平4年/貞和5年)足利直義から下知状を授かる。
31 通順 1350-1381 興順の子。1350年(正平5年/観応1年)家督相続。1365年(正平20年/貞治4年)安居天神別当を譲られる。1366年(正平21年/貞治5年)足利義教から御教書を授かる。弟に仁順。
32 雲順 1381-1390 通順の子。1381年(弘和1年/永徳1年)家督相続。1388年(元中5年/嘉慶2年)足利義満から御教書を授かる。
33 猷順 1390-1450 雲順の子。1390年(元中7年/明徳1年)家督相続。1395年(応永2年)5月、三綱職。1432年(永享4年)4月、足利義教から御教書を授かる。1447年(文安4年)三綱の供田を授かる。
34 日順 1450-1502 猷順の子。1450年(宝徳2年)家督相続。1460年(寛正1年)足利義政から御教書を授かる。1470年(文明2年)細川勝元から下知状を授かる。
35 宗順 ?-1549 1502-1549 日順の子。1502年(文亀2年)家督相続。1512年(永正9年)10月(1510年(永正7年)とも)、本尊修復のため「四天王寺金堂本尊再興勧進帳」(大日本仏教全書)。1513年(永正10年)細川高国から下知状を授かる。1516年(永正13年)諸国を勧進して金堂本尊の首を修理する。1549年(天文18年)1月24日死去。
36 亨順 1523-1600 1549-1600 宗順の子。1523年(大永3年)生。1549年(天文18年)家督相続。1583年(天正11年)11月、伽藍再興の勧進。天王寺再興勧進帳(大日本仏教全書)。1594年(文禄3年)、豊臣秀吉に謁見し、伽藍再興を願う。認められて寺領を授かる。同年、惣別当執行政所職に任命。1600年(慶長5年)6月8日死去。76歳(生年と合わない)。亮順、亭順とも。来林院(来迎院)と号す。
37 相順 ?-1608 1600-1608 亨順の子。1600年(慶長5年)家督相続。同年9月19日、徳川家康から高札を授かる。22日には制札を授かる。1608年(慶長13年)2月22日死去。
38 信順 1581-1670 1608-1640 相順の子。1581年(天正9年)生。1608年(慶長13年)家督相続。1615年(元和1年)、二条城で徳川家康に謁見。伽藍再興の命を受け、妻帯僧追放を命じられるが、秋野坊だけは例外とされたという。1623年(元和9年)9月21日、片桐且元から諸堂の鍵を受け取る。7月9日、徳川秀忠が参拝し南門において謁見する。以後毎年3月に江戸に登り独礼の待遇。1670年(寛文10年)3月2日死去。90歳。初名は猷順。来林院と号す。
39 安順 1623-1668 1640-1668 信順の子。1623年(元和9年)生。1640年(寛永17年)家督相続。1664年(寛文4年)、願によって修理料として400石授かる。1668年(寛文8年)7月10日、江戸にて死去。46歳。寛永寺常徳院に埋葬する。養心院と号す。
40 本順 1648-1686 1668-1685 安順の子。1648年(慶安1年)生。1668年(寛文8年)家督相続。1674年(延宝2年)「四天王寺造営目録」(豊臣秀吉修造時のもの)書写。1677年(延宝5年)10月22日、法皇に宝物を上覧する。1686年(貞享3年)徳川家綱7回忌のため江戸に出た帰路に三河赤坂にて病死。39歳。
41 由順 1685- 本順の子。1685年(貞享2年)家督相続。1696年(元禄9年)5月21日、江戸城で徳川綱吉の易経の講説を聞く。1700年(元禄13年)、輪王寺宮より色衣許可。1702年(元禄15年)、青蓮院宮より三緒袈裟許可。同年頃、『秋野家伝証文留』を編纂。1704年(宝永1年)頃、『秋野家譜』『天王寺誌』『天王寺公文所考』を記す。承応年間、五条宮に扁額「敏達天皇宮」の筆を残す。のち与順(與順)と改名。1703年(元禄16年)の文書に「与順」の名がみえる。
42 盛順 由順の子。幼名は岩麿。1704年(宝永1年)5月22日、江戸で輪王寺宮公弁親王を戒師として得度。1710年(宝永7年)寺社奉行に伽藍修復を願い由緒書を提出。1721年(享保6年)、安井門跡の撰文を得て藤原家隆墓碑を建立。『和漢三才図会』に「小野妹子臣、四十二代、権大僧都法印、妻帯」とある。著書『秋野家由緒書』。
理順 ?-1762 1751-1762 養子。青蓮院門跡坊官の13世大谷業広の子。1751年(宝暦1年)5月、秋野坊を相続。1762年(宝暦12年)10月3日(10日とも)死去。莇野勝弥と号す。(華頂要略)
恭順 ?-1767 ?-1767 狭山藩主北条氏貞(1703-1758)の子。理順の養子。俗名は友八郎。1765年(明和2年)、一山と対立し、寛永寺に41カ条の訴状を提出する。1767年(明和4年)7月14日死去。
岩丸 1749-? 1749年(寛延2年)生。寛永寺内者大西按察使の子。1767年(明和4年)7月13日、緊急に恭順の養子となることが決定。この時19歳。
紹順 1776年(安永5年)在職。
英順 1813年(文化10年)在職。
53 小野祇順 1819年(文政2年)在職。
54 小野為順 小野祇順の養子。子爵狭山藩主北条家の出身。1887年(明治20年)頃廃絶。秋野為順とも。

資料

史料

  • 『秋野坊文書』:四天王寺所蔵。14点。秋野房文書。
  • 『秋野家旧記』
  • 『四天王寺公文所考』
  • 『天王寺執行政所引付』
  • 『天王寺誌』:『四天王寺史料』所収
  • 『秋野家譜』:『四天王寺史料』所収
  • 『秋野家伝証文留』:『四天王寺古文書』第1巻所収。
  • 『四天王寺三綱秋野旧記写』:『四天王寺古文書』第1巻所収。
  • 『秋野家由緒書』:『四天王寺楽人林家楽書類』の『摂州四天王寺之記録』に所収。
  • 「豊臣秀吉筆 普請目論見書 摂津天王寺村 秋野為順蔵」:同志社大学竹林文庫田中稲城文書[1](書誌)

文献

  • 1920「敷地の沿革」『大原社会問題研究所栞』[2]
  • 1922『大阪府全志』[3]
  • 大久保素公1936『太子に聴け』[4]
  • 川岸宏教1981「「遠藤系図」に見える天王寺執行について」『IBU四天王寺国際仏教大学文学部紀要』14
  • 川岸宏教1983「豊臣秀吉と四天王寺:「秋野坊文書」を中心として」『四天王寺国際仏教大学文学部紀要』16
  • 2000『四天王寺秋野坊文書について:大阪市文化財総合調査報告書22』
  • 山崎竜洋2012「近世四天王寺における寺院社会構造」[5]
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%9B%9B%E5%A4%A9%E7%8E%8B%E5%AF%BA%E7%A7%8B%E9%87%8E%E5%9D%8A」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール