ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

国泰寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年8月11日 (日)

移動: 案内, 検索

国泰寺(こくたいじ)は、富山県高岡市太田町にある臨済宗本山寺院。本尊は釈迦如来。開山は慈雲妙意。法燈派の拠点で、臨済宗国泰寺派大本山。普化宗ともゆかり深い。当初は二上山にあり、東松寺と称した。中世末、雪庭祝陽が現在地に移した。専門道場が設置されている(国泰僧堂)。山号は摩頂山。(参考:同名寺院国泰寺_(同名)

目次

歴史

中世

1296年(永仁4年)、慈雲妙意が二上山の麓に結んだ草庵が起源。現在の小竹弘源寺の地という。心地覚心に学んだ後、1299年(正安1年)、伽藍を整え、東松寺と称した。1327年(嘉暦2年)、後醍醐天皇の帰依を受け、紫衣を賜る。1328年(嘉暦3年)、「護国摩頂巨山仁王国泰万年禅寺」の勅額を賜り、「五山之上」である南禅寺と同格の「北陸鎮護第一禅刹特進出世之大道場」となったという。1339年(延元4年/暦応2年)に越中安国寺になったという説もある。

国内には他に法灯派の寺院として興化寺があり、活発な交流もあった。また教線を高原川沿いに南に拡大し、飛騨国に末寺を多数擁した。 1546年(天文15年)、雪庭祝陽が後奈良天皇綸旨を得るが、上杉謙信と神保氏の戦いで焼失した。

近世

天正年間、現在地に移転。江戸時代には妙心寺末となる一方、1708年(宝永5年)、幕府から法燈派の総本山と認められた。飛騨国の末寺は妙心寺末宗猷寺に転属したが、法灯派の加賀国の伝灯寺、越中国の興国寺越中・蓮華寺薬勝寺などを配下に置いた。普化宗の支配にも関わったらしいが不詳。

1721年(享保6年)、法堂・祖堂などを再建して復興した。

近代

1876年(明治9年)、相国寺の所轄となったが、1879年(明治12年)には相国寺派所属のまま、臨済宗国泰寺派を名乗ることを認められた。1905年(明治38年)に独立して正式に国泰寺派となった。

(国史大辞典、日本歴史地名大系)


伽藍

  • 法堂
  • 大方丈
  • 天皇殿
  • 開山堂
  • 鎮守堂
  • 利生塔
  • 観音堂
  • 僧堂
  • 山門

組織

歴代住職(中世)

  • 1慈雲妙意(1274-1345)<>:国泰寺開山。心地覚心の法嗣。信濃国出身。1274年(文永11年)生。12歳、越後五智山(越後国分寺とも、小千谷五智院とも)で出家。日光山で『円覚経』を聴講。建長寺鎌倉・円覚寺で学ぶ。1296年(永仁4年)二上山に草庵を建てた。そこを訪れた孤峰覚明の進めで、興国寺を訪れて心地覚心に師事(心地覚心の死後に孤峰覚明の印可を得たともいう)。1299年(正安1年)二上山に戻って東松寺を開いた。1327年(嘉暦2年)に上洛して後醍醐天皇の帰依を得て、「清泉禅師」号と紫衣を賜ったという。翌年、勅で国泰寺と改称したという。1345年(興国6年/貞和1年)6月3日死去。72歳。清泉禅師。恵日聖光国師。(国史大辞典、日本人名大辞典)
  • 2絶涯覚雲()<>:経歴不詳。氷見興聖寺の開山。「絶崖覚雲」とも。
  • 3寂岸心光()<>:経歴不詳。
  • 4覚天宗閑()<>:経歴不詳。安養寺開山。
  • 5実参妙悟()<>:経歴不詳。
  • 6晴天覚珍()<>:経歴不詳。氷見仏心寺の開山。
  • 7虚庵心空()<>:経歴不詳。
  • 8天祐守鑑()<>:経歴不詳。
  • 9海門宗光()<>:経歴不詳。
  • 10月波宗船()<>:経歴不詳。
  • 11日山宗果()<>:経歴不詳。
  • 12竹門元楚()<>:経歴不詳。
  • 13南祖祖薫()<>:経歴不詳。
  • 14梅嶺宗葩()<>:経歴不詳。
  • 15堂笑祖玄()<>:経歴不詳。
  • 16天沢守瑞()<>:経歴不詳。
  • 17梁雲周棟()<>:経歴不詳。
  • 18乾翁宗貞()<>:経歴不詳。
  • 19大梅妙奇()<>:経歴不詳。飛騨方面の布教を進めた。「大海妙奇」は誤り。
  • 20文坡祖広()<>:経歴不詳。
  • 21林屋玄春()<>:経歴不詳。
  • 22一峰宗麟()<>:経歴不詳。
  • 23用山覚照()<>:経歴不詳。
  • 24荘海覚椿()<>:経歴不詳。
  • 25芳桂勝樹()<>:経歴不詳。
  • 26春渓覚栄()<>:経歴不詳。宝光寺開山。

歴代住職(近世)

  • 27雪庭祝陽()<>:国泰寺中興。1546年(天文15年)後奈良天皇綸旨を受け、紫衣勅許。
  • 28友竹覚松()<>:後奈良天皇綸旨を受ける。
  • 29嗣山慶胤()<>:正親町天皇綸旨を受ける。
  • 30澄月僧精()<>:経歴不詳。
  • 31〓庭長〓()<>:経歴不詳。
  • 32英叔宗雄()<>:経歴不詳。
  • 33泰岳守昶()<>:経歴不詳。
  • 34南渓元康()<>:経歴不詳。
  • 35慈伯覚忍()<>:経歴不詳。
  • 36明岩龍哲()<>:経歴不詳。珠洲吉祥寺20世。
  • 37天英清竺()<>:正法寺中興。1708年(宝永5年)、将軍徳川綱吉から国泰寺が本寺と認められた。
  • 38別伝通識()<>:1721年(享保6年)、伽藍復興。
  • 39万嶽性狄()<>:経歴不詳。
  • 40北溟自董()<>:経歴不詳。
  • 41来列玄乗()<>:経歴不詳。
  • 42賢堂運智()<>:経歴不詳。
  • 43雪江東縁()<>:経歴不詳。
  • 44一山一成()<>:経歴不詳。
  • 45北秀祖冬()<>:経歴不詳。
  • 46願海恵行()<>:経歴不詳。
  • 47月洲禅明()<>:経歴不詳。
  • 48定海義精()<>:経歴不詳。誓度寺中興。
  • 49典栄志謙()<>:経歴不詳。実相寺中興。
  • 50陽嶽嵩寿()<>:経歴不詳。
  • 51完堂文悦()<>:経歴不詳。
  • 52〓巌文猊()<>:経歴不詳。
  • 53実応是参()<>:経歴不詳。「実応是三」。

住職(近代)

独立以降は管長在職期間を住職在職期間とみなした。

  • 54越叟義格(1837-1884)<1874-1884>:松尾義格。全生庵を創建。山岡鉄舟と協力して国泰寺を復興。
  • 55雪門玄松(1850-1915)<1884->:道津雪門。鈴木大拙や西田幾多郎の師匠。
  • 56瑞雲義寛()<?-1909>:梅田瑞雲。国泰寺派管長初代。1905年(明治38年)管長。
  • 57龍水英堯(1857-1934)<1909-1934>:佐竹龍水。国泰寺派管長2代。1909年(明治42年)師家・管長を就任。
  • 58悦巌大喜(1887-1944)<1934-1944>:勝平大喜。国泰寺派管長3代。1934年(昭和9年)師家・管長を就任。
  • 59大眉敬俊(1882-1964)<1944-1951>:釈大眉。国泰寺派管長4代。1944年(昭和19年)9月、師家・管長を就任。1951年(昭和26年)3月退任。
  • 60江嶽義南(1883-1953)<1952-1953>:飯塚江嶽。国泰寺派管長5代。1952年(昭和27年)師家・管長を就任。1953年(昭和28年)在職中に死去。
  • 61大拙宗演(1899-1973)<1953-1963>:寺本大拙。国泰寺派管長6代。1953年(昭和28年)師家・管長を就任。1963年(昭和38年)退任。妙心寺東海庵に隠棲。
  • 62心田元明(1906-1986)<1964-1986>:稲葉心田。国泰寺派管長7代。1964年(昭和39年)5月師家・管長を就任。
  • 63大道宗弘(1947-)<1987->:沢大道。国泰寺派管長8代。1987年(昭和62年)9月、師家・管長を就任。

『望月仏教大辞典』は57世まで。

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%9B%BD%E6%B3%B0%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール