ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

弘正寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年12月22日 (日)

移動: 案内, 検索

弘正寺(こうしょうじ)は伊勢国度会郡(三重県伊勢市楠部町)にあった南都仏教真言宗の寺院。真言律宗西大寺流。廃絶。伊勢神宮の本地仏である金胎大日如来を奉斎したという。叡尊旧跡伊勢神宮関連旧跡関東祈祷所興正寺。山号は神護山。

歴史

楠部町の伊勢農協あたりが跡地とされる。 西大寺中興で西大寺流開祖の叡尊は1280年3月、門弟100人余りを率いて伊勢神宮に参拝し、蒙古退散を祈願。叡尊の神宮参詣は3回目だった。 この時、一堂を建てたのが弘正寺の起源で、高弟宣瑜(1240-1325、西大寺長老3世)が住職となった。 弘正寺は興正寺とも書かれることもあり、名称は叡尊の諡号である「興正菩薩」に由来するのかもしれない。 永仁6年(1298)、忍性の請願で認められた関東祈祷所34寺の一つ。伊勢における西大寺末の筆頭だった。 西北西1.1kmの清丸稲荷神社にある高さ3.4mの大型の五輪塔(「大五輪(おおごり)の五輪塔」、「楠部五輪塔」)は弘正寺の管轄にあったもので、叡尊の墓塔である可能性が指摘されている。

http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%BC%98%E6%AD%A3%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール