ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

朝護孫子寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年6月22日 (土)

移動: 案内, 検索

朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)は、奈良県生駒郡平群町(大和国平群郡)の信貴山にある毘沙門天信仰真言宗寺院。聖徳太子旧跡信貴山真言宗総本山。聖徳太子建立四十六寺の一つ。修験道当山派正大先達の一つ。歓喜院と号す。朝護国孫子寺。通称は信貴山寺志貴山寺。山号は信貴山。

目次

歴史

  • 587年:聖徳太子が創建。
  • 667年:高安城築城
  • 774年頃:高安城近くに四天王を祀る寺院を建立。朝護孫子寺の前身という説も。
  • 奈良時代:道鏡が参拝。(阿娑縛抄)
  • 延喜年間:命蓮が中興。
  • 930年:命蓮、醍醐天皇の病気平癒の加持。(扶桑略記)
  • 937年:命蓮、『信貴山寺資財宝物帳』を提出。
  • 1126年:覚鑁が来訪。如意宝珠を感得。
  • 保延年間:『信貴山縁起絵巻』成立。
  • 1227年:忍性が信貴山で学ぶ。
  • 1279年:信貴山への祈願により、融通念仏宗中興の法明が生まれたという。以後、毘沙門天は融通念仏宗の守護神となる。
  • 1331年:元弘の乱で護良親王が逗留。
  • 中世:興福寺末となる。
  • 1395年:本堂焼失。
  • 1483年:全山焼失。天狗の仕業と噂された。
  • 戦国時代:武田信玄、筒井順昭が祈願。
  • 1577年:信貴山城の松永久秀を織田信長軍が攻めて朝護孫子寺も焼失。
  • 1578年:快信、仮本堂建立。
  • 1602年:豊臣秀頼が再建。
  • 1632年:興福寺文書に「興福寺丑寅末寺、別当一乗院様御持」「宗旨 真言宗」とある。高野山末となるのはこれ以後か。
  • 1701年:永代寺で出開帳。
  • 1704年:桂昌院から寺領寄進。
  • 1712年:『和漢三才図会』に「天台宗」とあるが不詳。
  • 1793年:有栖川宮家の祈願所となる。
  • 1868年:神仏分離。
  • 1908年:高野山普門院末とある(奈良県生駒郡平群村是)。
  • 1909年:本堂改修。1914年竣工。
  • 1922年:猪上神社、現在地に遷座。
  • 1951年4月:漏電で本堂焼失。
  • 1951年:高野山真言宗離脱。
  • 1952年:信貴山真言宗を設立。
  • 1958年:本堂再建。

伽藍

  • 本堂:本尊は毘沙門天。階下には「戒壇巡り」があり、覚鑁が感得したという如意宝珠の扉の鍵に触れることができる。1951年の焼失後に1958年に再建。その前には1592年あるいは1602年造営で1746年に大改修した本堂があった。
  • 虚空蔵堂:虚空蔵菩薩を祀る。1701年造営。求聞持堂とも。
  • 多宝塔:源信作と伝える大日如来を祀る。1689年の建立。1882年修復。
  • 空鉢護法堂:龍王を祀る。参道には千本鳥居が並ぶ。
  • 剱鎧護法堂:剣鎧童子を祀る。
  • 行者堂:役小角を祀る。
  • 弁財天の滝:玉蔵院の奥にある。
  • 榧の木稲荷社:稲荷神を祀る。
  • 弁天堂:本坊に隣接。弁財天を祀る。
  • 開山堂:聖徳太子空海、命蓮、歓算を祀る。1722年の建立。
  • 命蓮塚:命蓮の墓。開山堂の背後にある。
  • 十三仏石龕:成福院にある。県内最古の十三仏の遺構。
  • 三宝荒神堂:不動明王阿弥陀如来三宝荒神を祀る。不動堂とも。
  • 経蔵堂:1753年焼失。1796年再建。
  • 鐘楼堂:1687年再建。
  • 護摩堂:本坊に隣接。
  • 猪上神社:祭神は天足彦命・国押人命。信貴山総鎮守。命蓮が創建。元は現在の経蔵堂のあたりにあった。神仏分離でケンガイ山に遷座し、1922年現在地に遷座。官社。
  • 山門:阿吽が逆の金剛力士2体を祀る。1760年造営。1881年修復。1922年現在地に移築。
  • 絵馬堂:安政年間の造営。
  • 十三重石塔:
  • 五重石塔:
  • 宝篋印塔:
  • 初辰稲荷:
  • 根来寺遥拝所:覚鑁がここから根来寺を遥拝したという。虚空蔵堂の近くにある。
  • 遥拝石:聖徳太子の遥拝石?。猪上神社の近くにある。

子院

  • 本坊:安政年間の造営。1997年改修。
  • 千手院:信貴山真言宗大本山。1578年、快信が再建。以後、朝護孫子寺住職の自坊となる。護摩堂、銭亀善神、子安観音堂、千体地蔵堂がある。また三寅胎内くぐりの途中に覚鑁感得の如意宝珠の分身を祀る。
  • 成福院:信貴山真言宗大本山。如意宝珠信仰の寺院。1790年再建。融通殿(塔)、七福神像、霊符鎮宅神堂、三福堂、四国霊場お砂踏み入れがある。融通殿には後嵯峨天皇念持仏の如意宝珠(如意融通宝生尊)を祀り、不動明王空海を祀る。三福堂には弁財天、恵比寿、大黒天を祀る。
  • 玉蔵院:信貴山真言宗大本山。如意宝珠信仰の寺院。1701年再建。1836年焼失。再建。浴油堂、融通堂、仏殿(三重塔)、地蔵菩薩像がある。浴油堂には刀八毘沙門天王を祀る。融通堂には覚鑁が毘沙門天から授かった如意宝珠(如意融通尊)の分身を祀る。仏殿には阿閦如来、四菩薩、大黒天、三宝荒神を祀る。
  • 無量寿院:1823年焼失。
  • 光明院:1908年には現存。廃絶。
  • 本覚院:明治7年以降に廃絶か。
  • 東福院:1823年焼失。
  • 福蔵院:1823年焼失。
  • 宝寿院:1908年には現存。1892年に玉蔵院と合併とも。
  • 多聞院:信貴山奥之院。高野山真言宗に所属。山号は米尾山。焼き米出現の信仰がある。

関連旧跡

  • 福蔵寺:1632年の興福寺文書に信貴山末寺とある。
  • 久安寺:1632年の興福寺文書に信貴山末寺とある。
  • 仲禅寺:奈良県生駒郡三郷町南畑。773年、命蓮の母が創建したという。1632年の興福寺文書に信貴山末寺とある。現在も信貴山真言宗所属という。
  • 生安寺:1632年の興福寺文書に信貴山末寺とある。
  • 薬隆寺:奈良県生駒郡三郷町勢野西。廃絶。1632年の興福寺文書に信貴山末寺とある。
  • 総持寺:奈良県生駒郡三郷町勢野東。廃絶。1632年の興福寺文書に信貴山末寺とある。惣持寺。
  • 牛龍寺:1632年の興福寺文書に信貴山末寺とある。
  • 光徳寺:大阪府柏原市雁多尾畑。真宗大谷派。園城寺僧の俊円が信貴山毘沙門天の霊夢で再興。
  • 「本堂」:大阪府柏原市本堂。四天王を祀る寺院があり、その本堂があったとされ、朝護孫子寺の前身と伝える。
  • 根来寺信貴山遥拝石:和歌山県岩出市。不動堂の庭園にある。
  • 毘沙門寺:和歌山県岩出市。覚鑁が信貴山毘沙門天の分霊を祀った。
  • 大宮神社:和歌山県岩出市。覚鑁が信貴山で感得した宝珠を埋めた地という。
  • 影現寺:愛知県知多郡美浜町時志南平井。曹洞宗。1936年、分霊を祭り名古屋信貴山本殿を建立したが、1944年の東海地震で倒壊。
  • 多聞寺:鳥取県八頭郡智頭町埴師。本尊の毘沙門天は鞍馬山と信貴山の毘沙門天と「一体分身の尊像」という。高野山真言宗。


組織

現在は住職を法主と称し、信貴山真言宗管長を兼任。

歴代住職(前近代)

  • 1命蓮(生没年不詳):信濃戸隠神社の神職の子。767年に就任。930年、醍醐天皇を加持。明蓮、明練とも。951年死去とも。
  • 2歓算():命蓮の弟子。
  • 快信():中興。千手院中興。
  • 快典():
  • 快誉():
  • 快応():
  • 快清():
  • 快円():
  • 盛延():

歴代住職(近現代)

  • 129野沢密全(1898-1971)<>:自坊は玉蔵院。明治31年(1898)9月生。香川県出身。11歳で朝護孫子寺に入寺。14歳で得度。古義真言宗従軍布教師。昭和46年(1971)11月16日死去。74歳。著書『宗政三十年想い出の記』。野澤密全。
  • 130鈴木了道(?-1976)<初任1935?>:自坊は成福院。昭和10年(1935)、朝護孫子寺住職就任?
  • 131田中真弘(?-1982)<>:自坊は千手院。1980年、真言宗長者。
  • 132鈴木凰永(?-2018)<>:自坊は成福院。1990年、真言宗長者。2018年8月6日死去。93歳。
  • 133野沢密厳(1936-1997)<初任1976>:自坊は玉蔵院。早稲田大学、高野山専修学院、高野山大学大学院で学ぶ。昭和46年、玉蔵院住職。淡路国分寺住職も兼任。昭和51年法主・管長。昭和63年、伝燈大阿闍梨。平成9年真言宗長者。平成9年(1997)8月6日死去。62歳。野澤密厳。(種智院大学同窓会報22)
  • 134田中真瑞(1944-)<初任1994>:自坊は千手院。1944年生。大阪市出身。高野山大学大学院修士課程修了。1976年、宗務長、執行長。1983年、千手院住職。1994年、管長・法主。田中眞瑞。
  • 135鈴木貴晶()<初任2011>:自坊は成福院。2011年4月法主就任。7代管長。
  • 136野沢密孝(1961-)<初任2018>:自坊は玉蔵院。2018年4月1日法主就任。8代管長。野澤密孝。


資料

古典籍

  • 『今昔物語集』
  • 『宇治拾遺物語』
  • 「阿娑縛抄諸寺略記』
  • 『信貴山寺資財宝物帳写』
  • 『信貴山縁起絵巻』
  • 『諸寺縁起集』
  • 『古本説話集』
  • 『諸寺略記』
  • 信貴山雑記
  • 信貴山文書
  • 信貴山千手院文書
http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%9C%9D%E8%AD%B7%E5%AD%AB%E5%AD%90%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール