ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

熊野那智大社

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年4月15日 (水)

移動: 案内, 検索
熊野那智大社
くまの なち たいしゃ
Kumano-nachi-taisha 018.jpg
概要 熊野三山の一。
奉斎 家津御子神、熊野速玉神、熊野夫須美神
(土岐昌訓論文)
所在地 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
所在地(旧国郡) 紀伊国牟婁郡
所属(現在) 神社本庁
格式など 朱印地拝領神社官幣中社別表神社
関連記事 熊野信仰


目次

概要

歴史

神武天皇東征の時、この地に上陸して那智の滝に大己貴神を祀り、八咫烏の導きで大和に入ったという。 仁徳天皇5年、那智の滝より神霊を遷して現在地に社殿を造営。夫須美神を祀った。 豊臣時代に社殿再建。嘉永の大改修、1935年(昭和10年)の修復。

例祭は7月14日で、那智の扇祭り・那智の火祭として知られる。

境内

熊野三山を参照

組織

宮司

  • 島野盛服()<>:
  • 松井美幸()<>:
  • 中井藤一郎()<>:竈門神社宮司から転任。
  • 脇山好孝()<>:熊野那智大社宮司、箱根神社宮司を歴任。
  • 篠原四郎(1898-)<1954->:小御門神社宮司、生島足島神社宮司、北京神社宮司、大洗磯前神社宮司、酒列磯前神社宮司、熊野那智大社宮司を歴任。
  • 嶋津正三()<>:
  • 朝日芳英(1933-)<1998-2016>:佐賀県神埼市出身。石清水八幡宮を経て1958年熊野那智大社に奉職。1998年宮司就任。2016年1月15日退任。2001年から2010年まで和歌山県神社庁長を3期。
  • (代務)東輝明()<2016-2016>:三重県出身。皇学館大学卒。八坂神社権禰宜。1998年熊野那智大社権禰宜。2007年禰宜。2016年宮司代務者。
  • 男成洋三()<2016-現職>:熊本県男成神社の社家出身。国学院大学卒。2011年4月、明治神宮権宮司。2016年4月1日熊野那智大社宮司就任。

権宮司

  • 菅居正也

画像

参考文献

  • 土岐昌訓 平成7「旧官国幣社と延喜式内社」『神社史の研究』

脚注

http://shinden.boo.jp/wiki/%E7%86%8A%E9%87%8E%E9%82%A3%E6%99%BA%E5%A4%A7%E7%A4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール