ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

良弁旧跡

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年4月30日 (月)

良弁から転送)
移動: 案内, 検索

良弁(ろうべん)(689-773)は、東大寺を開山した奈良時代の僧侶。日本華厳宗第二祖。相模国の漆部氏出身とも近江国の百済氏出身ともいう。若狭出身という説もある。赤子の時に鷲にさらわれ、二月堂前の杉(良弁杉)に置き去りにされたところを義淵に拾われ、育てられたという伝説がある。義淵に法相宗を学び、審祥に華厳宗を学ぶが、雑密も学んだ。728年(神亀5年)、基親王を弔うために建てられた東大寺前身の金鍾山寺の僧9人の一人に指名された。740年(天平12年)、金鍾山寺に審祥を招き、日本初の華厳宗の講義を3年間行う。大仏開眼直後の752年(天平勝宝4年)5月1日に初代の東大寺別当となる。石山寺も開いたとされる。『東大寺要録』などで、金鷲という僧と同一視される。金鷲は『日本霊異記』に登場する僧。墓は大和・開善寺跡に伝承地がある。東大寺開山堂に平安時代の国宝像が祀られている。後世、東大寺四聖の一人とされる。良弁僧正金粛菩薩金鷲菩薩)。 金鷲優婆塞。忌日法要を良弁忌といい、毎年12月16日に東大寺開山堂で行われている。

一覧

http://shinden.boo.jp/wiki/%E8%89%AF%E5%BC%81%E6%97%A7%E8%B7%A1」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール