ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

薩摩・感応寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年3月21日 (土)

移動: 案内, 検索

感応寺(かんのうじ)は、鹿児島県出水市野田町下名(薩摩国出水郡)にある臨済宗寺院。本尊は十一面千手観音栄西旧跡島津家の菩提寺。薩摩・大隅・日向おける臨済宗の最古級寺院。十刹足利将軍家祈祷所臨済宗相国寺派島津家感応寺墓地がある。山号は鎮国山。野田感応寺。(参考:同名寺院感応寺

目次

歴史

1194年(建久5年)島津家初代島津忠久(1179-1227)が創建。薩摩・大隅・日向の守護職となった忠久は、入国に先立ち、家老本田貞親に命じて先に下向させ、1191年(建久2年)に帰国した栄西を開山として創建。忠久は1227年(安貞1年)に鎌倉で死去すると、子の島津忠時は1228年(安貞2年)に塔頭光明院を創建し、父の分骨墓を設けた。その後、5代までの墓地が設けられた。実際には栄西の関与は考えにくく、臨済宗となったのは中興以降と考えられている。

1323年(元亨3年)島津忠宗が雲山祖興を中興開山として再興。島津貞久の代にかけて整備し、本寺である東福寺を模した七堂伽藍を誇った。足利尊氏の御教書で1339年(延元4年/暦応2年)12月17日、諸山に、同月23日に十刹に列格した。1351年(正平6年/観応2年)1月、足利尊氏が九州に落ちのびた時、本陣を感応寺に置いたという(鹿児島県出水郡誌)。ただし『和漢禅刹次第』では東福寺永明院派の諸山格とする。1372年(文中1年/応安5年)9月4日、足利義満が祈祷所とした。1445年(文安2年)、現在の本尊が造立された。10世の徹堂聖薫は、仏宗大弥禅師の号を得ている。

島津家の庇護を受け、総州家や本田家を帰依。特に薩州家が重視した。1593年(文禄2年)の薩州家の改易と共に衰退した。1869年(明治2年)の廃仏毀釈で廃絶。1880年(明治13年)、相国寺末として再興した。1971年(昭和46年)本堂再建。 (日本歴史地名大系、寺院ウェブサイト、「中世地方禅院の発展に関する一考察」ほか)

境内

  • 本堂:
  • 島津家感応寺墓地:五廟社と呼ばれている。
  • 箱崎八幡神社:隣接。旧極楽寺鎮守。明治に現在地に移転。

塔頭

  • 光明院:1228年(安貞2年)島津忠時が島津忠久の一周忌に創建。
  • 金井軒:1324年(正中1年)本田石見守が創建。
  • 沢龍軒:1359年(延文4年)創建。
  • 本会軒:1373年(応安6年)創建。
  • 隣竹庵:1373年(応安6年)創建。
  • 道交軒:1373年(応安6年)創建。
  • 金龍院:1470年(文明2年)創建。9代島津忠国の牌所。

組織

歴代住職

  • 栄西(1141-1215)<>:開山。
  • 1雲山祖興(1274-1344)<1323-1344>:中興開山。東福寺6世の蔵山順空(1233-1308、高城寺開山)の法嗣。高城寺から入寺。1344年(興国5年/康永3年)9月20日死去。71歳。
  • 2田翁祖珪(?-1363)<1344-1361>:1363年(正平18年/貞治2年)死去。
  • 3大円祖通(?-1383)<1361-1375>:1383年(弘和3年/永徳3年)死去。京都真如寺に住す?阿久根長寿寺開山。
  • 4答叟祖問(?-1460)<1375-1397>:1460年(寛正1年)死去。答叟祖向。鎌倉東勝寺
  • 5天窓祖杲(?-1418)<1397-1406>:1418年(応永25年)死去。上野・長楽寺
  • 6徹宗通音(?-1429)<1406-1410>:1429年(永享1年)死去。鎌倉東勝寺?
  • 7無際明照(?-1436)<1410-1414>:1436年(永享8年)死去。山城普門寺
  • 8太叔尚祐()<1414-1450>:南禅寺166世。大叔尚祐。摂津善住寺?真如寺?
  • 9無文慶章(?-1465)<1450-1465>:1465年(寛正6年)死去。
  • 10徹堂聖薫()<1465-1499>:仏宗大弥禅師。
  • 11得翁崇収()<1490-1501>:
  • 12用堂従亀(?-1533)<1492-1528>:1533年(天文2年)死去。建長寺
  • 13州岳従益(?-1564)<1528-1531>:1564年(永禄7年)死去。建長寺?
  • 14(不明)
  • 15南華従薫()<1540-1546>:島津国久の五男。阿久根長寿寺6世。普門寺?
  • 16興叔収隆(?-1560)<>:1560年(永禄3年)死去。真如寺?
  • 17龍雲聖興()<1548-1551>:
  • 18茂林秀繋()<1551-1565>:禅興寺
  • 伝翁的(?-1564):京都・万寿寺?1564年(永禄7年)死去。
  • 32笑峰説(?-1865):1865年(慶応1年)死去。
  • 33梅嶺俊():再中興。廃仏毀釈を潜り抜けた。
  • 35真光():
  • 36恵徳():

(「「中世地方禅院の発展に関する一考察」、寺院ウェブサイト、「薩摩旧跡巡礼」[1]

資料

古典籍

  • 『感応寺由来』:感応寺文書。歴代住職の記載があるという。「野田感応寺の史料について」に収録?

文献

  • 五味克夫1980「野田感応寺の史料について〔含史料〕」
  • 上田純一1986「中世地方禅院の発展に関する一考察:薩摩野田感応寺の場合」[2]
http://shinden.boo.jp/wiki/%E8%96%A9%E6%91%A9%E3%83%BB%E6%84%9F%E5%BF%9C%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール