ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

行基建立四十九院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年7月10日 (火)

移動: 案内, 検索

行基建立四十九院は、行基が建てたと伝える49の古代寺院

『行基年譜』に基づく寺院群。その数が厳密に49寺だったのかは、「検討を要する」という。大和、摂津、和泉、河内、山背(山城)に分布。

『続日本紀』宝亀4年(773)11月20日条記載の光仁天皇の勅に「その修行の院は全部で四十余処」と挙げられているものに該当すると考えられている。勅で荒廃した寺院の復興のために施入を指示しているところとして、菩提院(頭陀院)、登美院(隆福院)、生馬院(竹林寺)、石凝院、高渚院(清浄土院)、山崎院(久修園院)が挙げられている。

現存寺は少なく、跡地が確定されたものも多くはない。そのため、「堂宇は小規模なものであっとことが想定できる」という。

四十九という数字は、薬師信仰弥勒信仰に拠るという説がある。

一覧

整理
番号
名称 国郡 比定地 現存寺・寺跡 起工年 備考
1 家原寺 和泉国 大阪府堺市西区家原寺町 家原寺 704年(慶雲1年) 書式が異なる
2 大修恵院 和泉国大鳥郡 大阪府堺市南区高倉台 高倉寺 705年(慶雲2年)
3 生馬仙房 大和国 奈良県生駒市有里町 竹林寺 707年(慶雲4年)移住 書式が異なる。草野仙房。宝亀の勅にある生馬院に該当するとされる。
4 神鳳寺 和泉国 大阪府堺市西区鳳北町 708年(和銅1年) 書式が異なる
5 恩光寺 大和国平群郡 奈良県 716年(霊亀2年)
6 隆福院 大和国添下郡 奈良県奈良市大和田町? 霊山寺
追分廃寺説あり
718年(養老2年) 宝亀の勅にある登美院に該当するとされる。
7 石凝院 河内国河内郡 大阪府東大阪市日下町? 日下町廃寺説あり 720年(養老4年) 宝亀の勅に石凝院が登場。『東寺文書』に東寺の末寺として「石凝寺」がある。
8 菅原寺 平城京右京三条三坊 奈良県奈良市菅原町 喜光寺 721年(養老5年)
9 清浄土院 和泉国大鳥郡 大阪府堺市西区家原寺町? 塩穴廃寺説もある 724年(神亀1年) 宝亀の勅にある高渚院に該当するとされる。
10 清浄土尼院 和泉国大鳥郡 大阪府高石市取石? 大園遺跡説あり 724年(神亀1年)
11 久修園院 河内国交野郡 大阪府枚方市楠葉中之芝 久修園院 725年(神亀2年) 宝亀の勅にある河内国の山崎院に該当するとされる。
12 檜尾池院 和泉国大鳥郡 大阪府堺市南区檜尾あたりか 726年(神亀3年) 檜尾池もあったという
13 大野寺 和泉国大鳥郡 大阪府堺市中区土塔町 大野寺 727年(神亀4年) 和泉・土塔
14 大野尼院 和泉国大鳥郡 大阪府堺市中区土塔町 727年(神亀4年)
15 善源院 摂津国西成郡 大阪府大阪市西成区津守あたりか 730年(天平2年)
16 善源尼院 摂津国西成郡 大阪府大阪市西成区津守あたりか 730年(天平2年)
17 船息院 摂津国菟原郡 兵庫県神戸市中央区? 730年(天平2年)
18 船息尼院 摂津国菟原郡 兵庫県神戸市中央区? 730年(天平2年)
19 高瀬橋院 摂津国島下郡 大阪府守口市高瀬あたりか 光明寺、釈迦寺、常称寺 730年(天平2年) 高瀬寺。後継を称する寺院が3寺ある。
20 高瀬橋尼院 摂津国島下郡 大阪府守口市高瀬あたりか 730年(天平2年)
21 楊津院 摂津国河辺郡 兵庫県川辺郡猪名川町? 730年(天平2年)
22 狭山池院 河内国丹比郡 大阪府大阪狭山市池尻あたりか 731年(天平3年)
23 狭山池尼院 河内国丹比郡 大阪府大阪狭山市池尻あたりか 731年(天平3年)
24 崑陽施院 摂津国河辺郡 兵庫県伊丹市寺本? 昆陽寺。伊丹廃寺説もある 731年(天平3年)
25 法禅院 山城国紀伊郡 京都府京都市伏見区深草? おうせんどう廃寺説もある 731年(天平3年)
26 山城・河原院 山城国葛野郡 京都府京都市 731年(天平3年)
27 大井院 山城国葛野郡 京都府京都市西京区嵐山山田町? 731年(天平3年)
28 山崎院 山城国乙訓郡 京都府乙訓郡大山崎町大山崎? 731年(天平3年)
29 隆福尼院 大和国添下郡 奈良県奈良市大和田町? 731年(天平3年) 滝寺廃寺の説もある。富尼寺。
30 枚方院 河内国茨田郡 大阪府枚方市伊加賀? 733年(天平5年)
31 薦田尼院 河内国茨田郡 大阪府枚方市伊加賀? 733年(天平5年)
32 隆池院 和泉国泉南郡 大阪府岸和田市池尻町 久米田寺 734年(天平6年)
33 深井尼院 和泉国大鳥郡 大阪府堺市中区深井沢町あたりか 734年(天平6年) 野々宮神社が跡地とも。香琳寺。
34 吉田院 山城国愛宕郡 京都府京都市左京区吉田あたりか 734年(天平6年)
35 沙田院 摂津国住吉郡 大阪府大阪市住吉区? 734年(天平6年)
36 呉坂院 摂津国住吉郡 大阪府大阪市住吉区? 734年(天平6年)
37 鶴田池院 和泉国大鳥郡 大阪府堺市西区鶴田町あたりか 737年(天平9年) 鶴田池は現存
38 頭陀院 大和国添下郡 奈良県大和郡山市矢田あたりか 737年(天平9年) 宝亀の勅にある菩提院に該当するとされる。
39 頭陀尼院 大和国添下郡 奈良県大和郡山市矢田あたりか 737年(天平9年)
40 発菩薩院 山城国相楽郡 京都府木津川市山城町上狛西下 泉橋寺 740年(天平12年) 「泉橋院」ともある。
41 隆福尼院 山城国相楽郡 京都府木津川市山城町上狛西下 740年(天平12年)
42 泉福院 山城国紀伊郡 京都府京都市南区東九条? 740年(天平12年)
43 布施院 山城国紀伊郡 京都府京都市南区東九条? 740年(天平12年)
44 布施尼院 山城国紀伊郡 京都府京都市南区東九条? 740年(天平12年)
45 大福院 摂津国西成郡 大阪府大阪市中央区心斎橋筋? 三津寺745年(天平17年)
46 大福尼院 摂津国西成郡 大阪府大阪市中央区心斎橋筋? 745年(天平17年)
47 難波度院 摂津国西成郡 大阪府大阪市西成区津守あたりか 745年(天平17年)
48 枚松院 摂津国西成郡 大阪府大阪市西成区津守あたりか 745年(天平17年)
49 作蓋部院 摂津国西成郡 大阪府大阪市西成区津守あたりか 745年(天平17年)
  • 「行基年譜」に基づく。千田稔「四十九院はどこか」、『天平の僧行基』など参照
  • 同書には「四十九院」という記述はないが(「蜂田寺并四十九院」とある「四十九院」は蜂田寺の一院の名称で、各地に立てた四十九院ではないという)、行基が建立などに関わった寺院を挙げた。
  • 蜂田寺を入れる見解もある。
  • 大庭院の扱いは?
  • 千田稔は、家原寺、生馬仙房、神鳳寺、蜂田寺、大庭院についてなぜか詳しく語らない。
  • 「天平十三年記」には報恩院長岡院は四十九院に数えないとある。
  • 吉田靖雄は家原寺、神鳳寺、竹林寺を抜き、報恩院、長岡院、大庭院を入れる。

伝承

四十九院の一つだと伝える寺院が各地にある。

  • 延寿寺:滋賀県彦根市稲里町。『日本歴史地名大系』。
  • 恵林寺:滋賀県犬上郡豊郷町四十九院。通称は四十九院?『日本歴史地名大系』。
  • 唯念寺:滋賀県犬上郡豊郷町四十九院。『日本歴史地名大系』。
  • 千樹寺:滋賀県犬上郡豊郷町下枝。『日本歴史地名大系』。
  • 興楽寺:大阪府高槻市柱本。『日本歴史地名大系』。
  • 霊松寺:大阪府高槻市天神町。『日本歴史地名大系』。
  • 水間寺:大阪府貝塚市水間。『日本歴史地名大系』。
  • 孝恩寺:大阪府貝塚市木積。『日本国語大辞典』。
  • 正法寺:大阪府四條畷市中野本町。『日本歴史地名大系』。
  • 西芳寺:京都府京都市西京区。『国史大辞典』
  • 勝持寺:京都府京都市西京区大原野。『和漢三才図会』による。
  • 薬園寺:京都府八幡市八幡森垣内。「石清水文書」。
  • 浄瑠璃寺:京都府木津川市。『山城名勝志』。
  • 弥勒寺:三重県伊賀市四十九町。『日本歴史地名大系』。
  • 善根寺:奈良県奈良市東鳴川町。廃絶。『日本歴史地名大系』。
  • 安福寺:岐阜県養老町。元は河内にあったと伝える。『日本歴史地名大系』。
  • 遍照寺:兵庫県尼崎市寺町。『和漢三才図会』による。
  • 願成就寺:兵庫県伊丹市千僧。『和漢三才図会』による。
  • 青龍寺:兵庫県三田市福島。『和漢三才図会』による。
  • 利生護国寺:和歌山県橋本市。『日本歴史地名大系』。
http://shinden.boo.jp/wiki/%E8%A1%8C%E5%9F%BA%E5%BB%BA%E7%AB%8B%E5%9B%9B%E5%8D%81%E4%B9%9D%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール