ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

道明寺天満宮

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年8月1日 (日)

移動: 案内, 検索
道明寺天満宮004.jpg

道明寺天満宮は大阪府藤井寺市道明寺(河内国志紀郡)にある天満宮。祭神は菅原道真天穂日命、菅原覚寿。土師氏根拠地に鎮座する。郷社。天満宮聖跡二十五霊社

目次

歴史

垂仁天皇の時代、野見宿禰は埴輪を考案して、土師氏の名を賜い、当地に所領を下された。そこで祖神である天穂日命を祀ったのが創始とされる。594年(推古2年)、聖徳太子が尼寺創建を発願したところ、土師八島が土地を寄進して建てられた。これが土師寺であり、のちの道明寺である。覚寿尼は菅原道真の伯母で、道明寺の尼であった。菅原道真は配流のとき、当地に立ち寄り覚寿尼に面会し、自作の木像を残していった。941年(天慶4年)、この木像を道明寺の北に祀った。これが当社という。元亀年間、高屋城の戦いで焼失した。織田信長が寺領100石を寄進し、太閤検地により174石となった。江戸時代には羽林家の山本家が当社の寺社伝奏を務めた。1831年(天保2年)、東坊城聡長は当社を参詣し、菅原道真遺品を模造して北野天満宮に奉納したという。1872年(明治5年)4月、神仏分離を実施して、6月、「土師神社」と称した。のち道明寺天満宮と改称した。郷社。能「道明寺」や浄瑠璃や歌舞伎の「菅原伝授手習鑑」の舞台となった。土師社、八嶋社、霊符社、白太夫社などがある。高松松平藩藩校伝来の旧足利学校奉斎とされる孔子像を祀る大成殿がある。郷社。

境内

  • 本社:
  • 西宮:祭神は伊勢・八幡・春日。
  • 土師社:祭神は天夷鳥命・野見宿祢・大国主命。元宮。
  • 和合稲荷社:祭神は和合稲荷大神。
  • 八嶋社:祭神は土師連八嶋。
  • 霊符社:祭神は天御中主神。
  • 白光社:祭神は白光大神(蛇神)。
  • 白太夫社:祭神は渡会春彦または味酒安行。
  • 大成殿:
  • 皇居遥拝所:
  • 五重塔跡:
  • 土師連八嶋墓:

参考文献

  • 梅原達治1989(平成1)「松浦武四郎『聖跡二十五霊社順拝双六』」『札幌大学教養部教育研究』
  • 『北野誌』「全国天満宮所在地一覧」
  • 天満信仰#参考文献

脚注

http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%81%93%E6%98%8E%E5%AF%BA%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%AE%AE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール