ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

備後護国神社

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年8月29日 (土)

移動: 案内, 検索
備後護国神社・外拝殿

備後護国神社(びんご・ごこくじんじゃ)は、広島県福山市にある招魂社祖霊社。祭神は県内東部の戦没者と福山藩主阿部家歴代の霊。福山招魂社阿部神社を前身とする。阿部神社は県社で、護国神社は官祭招魂社内務大臣指定護国神社だった。別表神社。県内には他の指定護国神社として広島護国神社がある。造営中に戦災で焼失した護国神社を戦後、阿部神社に合祀したため、特異な配置をしている。旧称は福山護国神社吉津招魂社福山招魂社。(参考 同名神社福山護国神社

目次

祭神

戦没者祭神については『百年史』では31097柱、「全国護国神社一覧」では31449柱とある。


歴史

1868年(明治1年)12月(『靖国神社誌』)、福山藩主の阿部正桓が戊辰戦争の戦没者40柱を祀って深津郡吉津村、現在の福山八幡宮境内に創建。 1893年(明治26年)7月、福山城本丸西側の人質櫓跡に創建。 1901年(明治34年)7月、福山招魂社と称した。 1939年(昭和14年)、指定護国神社となり、福山護国神社と改称。 1940年(昭和15年)から新たな社殿を芦田川河畔に造営を始めたが、 完成目前の1945年(昭和20年)8月8日に福山大空襲で焼失した。

1949年(昭和24年)8月3日、備後神社と称した。 1956年(昭和31年)11月24日、阿部神社に合祀、遷座祭。 1957年(昭和32年)3月11日、阿部神社に合併し、備後護国神社と改称した。 1959年(昭和34年)7月1日に別表神社。


(備後護国神社ウェブサイト)

組織

歴代

  • 稲原稔()<>:広島県神社庁副庁長。若狭彦神社宮司。
  • 池田正雄(1904-)<1956->:野上八幡宮(福山八幡宮)宮司。
  • 江種宏之()<>:全国護国神社会会長。
  • 江種克二()<>:
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%82%99%E5%BE%8C%E8%AD%B7%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール