ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

曹洞宗

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2022年2月26日 (土)

移動: 案内, 検索

曹洞宗(そうとうしゅう)は、中国の洞山良价(807-869)を開祖とする大乗仏教禅宗の一宗派。日本には、道元(1200-1253)が伝えた。禅宗全体の概要は禅宗の項目を参照。現在、日本の曹洞宗教団は、福井県吉田郡永平寺町の永平寺と、神奈川県横浜市鶴見区の総持寺を大本山とする。


中世では総持寺教団を主流とする他、永平寺肥後・大慈寺大乗寺永光寺陸奥・正法寺を中心とするグループがあった。


組織

管長

任期2年で、永平寺貫首と総持寺貫首が交代で就任する。貫首が交代した場合は前任者の残任期間を引継ぐ。

  • 大道晃仙(1917-2011)<2002->:総持寺貫首。2002年(平成14年)10月、管長就任。
  • 大道晃仙(1917-2011)<2006-2008>:総持寺貫首。2006年(平成18年)1月、2度目の管長就任。
  • 福山諦法(1932-)<2008-2010>:永平寺貫首。2008年(平成20年)1月、総持寺貫首に就任、同月、管長就任。
  • 大道晃仙(1917-2011)<2010-2011>:総持寺貫首。2010年(平成22年)1月22日、3度目の管長就任。2011年(平成23年)4月16日、総持寺貫首辞任と共に管長も辞任。同年6月25日死去。93歳。
  • 江川辰三(1928-)<2011-2012>:総持寺貫首。2011年(平成23年)4月17日、総持寺貫首就任と同時に管長に就任。
  • 福山諦法(1932-)<2012-2014>:永平寺貫首。2012年(平成24年)1月22日、2度目の管長就任。
  • 江川辰三(1928-)<2014-2016>:総持寺貫首。2014年(平成26年)1月22日、2度目の管長就任。
  • 福山諦法(1932-)<2016-2018>:永平寺貫首。2016年(平成28年)1月22日、3度目の管長就任。
  • 江川辰三(1928-)<2018-2020>:総持寺貫首。2018年(平成30年)1月22日、3度目の管長就任。
  • 福山諦法(1932-)<2020-2022>:永平寺貫首。2020年(令和2年)1月22日、4度目の管長就任。
  • 石附周行()<2022-2024予定>:総持寺貫首。2022年1月22日、管長に初就任。

宗務総長

  • 小松原国乗()<>:
  • 佐々木泰翁()<>:
  • 西沢浩仙()<-1958->:
  • 来馬道断()<>:自坊は高岩寺
  • 金剛秀一()<-1964->:最乗寺貫首。総持寺副貫首。
  • 鏡島宗純()<>:総持寺監院。
  • 山田義道()<-1975>:
  • 田辺哲崖(1902-1996)<1975->:自坊は岡山県明本寺。弁護士。
  • 町田宗夫(-2009)<-1979->:自坊は防府禅昌寺。町田発言事件。
  • 岡田巳成()<-1981->:
  • 田中亮三()<-1982>:自坊は磐田福王寺。
  • 伊藤治雄(-2006)<1982->:自坊は曹洞宗単立万松寺
  • 永井孝道()<-1984->:自坊は長岡朝日寺。
  • 桑原眉尊(-2018)<-1985->:自坊は静岡宝持院。2018年10月25日死去。98歳。
  • 蔵山光堂()<-1990->:
  • 大竹明彦()<-1992->:自坊は名古屋全隆寺。
  • 伊東盛熈(-2008)<-1995->:総持寺監院。可睡斎斎主。
  • 乙川良英(-2012)<1997-1999>:自坊は新潟県養広寺。
  • 有田恵宗()<-2006>:自坊は小樽龍徳寺。有田惠宗。
  • 渕英徳()<2006->:自坊は福岡妙徳寺。渕英德。
  • 佐々木孝一()<2010-2014>:自坊は東京大林寺。
  • 釜田隆文(1940-)<2014->:自坊は松坂養泉寺。正眼短期大学卒。1972年、養泉寺住職。1983年5月、永平寺地方副監院。宗議会議員。教化部長。2014年、宗務総長。
  • 鬼生田俊英()<2018->:総和会。自坊は福島県広度寺。2018年10月16日就任。
http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%9B%B9%E6%B4%9E%E5%AE%97」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール