ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

求菩提山

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年2月6日 (火)

移動: 案内, 検索

求菩提山(くぼてさん)は、福岡県豊前市にある霊山。英彦山六峰の一つ。標高782m。白山神を祀った。

目次

歴史

継体天皇20年、猛覚魔卜仙が開山。慶雲元年、役小角が登拝。 養老4年(720)、行善が山を開き、白山権現を祭り、護国寺を建てたとされる。のち平安時代末期の保延年間、頼厳という天台僧が護国寺を復興。 求菩提山の修験道を確立したとされ、銅板法華経(現存)を作ったことでも知られる。

中世には多数の経塚が築かれた。 大内氏の庇護を得て大永7年()12月、求菩提山法度を制定。

慶長頃から細川家の影響下となり、細川一族の法菩提院道閑が東寺にいながら求菩提山支配を兼務した。 元禄年間、小倉藩主小笠原の甥の小笠原内記が求菩提山座主に就任し、智徳院道達と称した。 以後、世襲し、藩主から150石を与えられた。 近世には聖護院の支配下にあった。

明治の修験道廃止、神仏分離で国玉神社が残った。 1878年、黒住教に入る。

昭和50年から遺跡の調査が行われている。

一覧

  • 上宮地区
    • 豊前・国玉神社上宮:拝殿は平成3年の台風で倒壊。
    • 磐座:上宮の裏にある。
    • 護摩場:護摩壇は見つかっていないが重要な聖地だったらしい
    • 辰の口:蒸気が上がる。大日如来が出現したとも
  • 中宮地区
    • 豊前・護国寺:行善が創建。頼厳が中興。
    • 豊前・国玉神社中宮:旧北山殿。山王二十一社を祀る。
    • 多宝塔:明治33年に台風で倒壊。大永年間に発見された銅板法華経が収められていた。
    • 山門
    • 常行堂
    • 講堂
    • 食堂
    • 地蔵堂
    • 鬼神社:犬ヶ岳にいた8人の鬼を祀る。
  • 鳥居畑
    • 下宮:大山祇神社
    • 覚魔社
    • 鳥居
    • 仁王門


  • 座主墓地:小笠原系の座主の墓地
  • 山伏墓地:
  • 玄冲塚:御霊神となった玄冲を祀る塚
  • 玄海墓:
  • 毘沙門堂:豊照神社
  • 役行者堂
  • 山王社
  • 大行事社
  • 琴毘羅神社:
  • 愛宕神社:
  • 次郎坊天狗社
  • 獅子の口
  • みそぎ場
  • 宝塔:頼厳の供養塔とも。国東型の石塔
  • 小笠原忠真の供養塔

院坊

  • 上谷
  • 中谷
  • 下谷
  • 杉谷
    • 学王院:座主坊。神護寺とも。
    • 岩屋坊:杉谷にある。建物は現存。昭和40年頃まで居住。
    • 安浄寺:山伏の葬儀を行った。跡地には地蔵菩薩三十三観音が建てられている。
  • 西谷
  • 南谷
  • 北谷
  • 鬼石坊:
  • 滝蔵坊:建物は現存。


  • 聖体十坊:運営を担った幹部寺院10寺のこと。聖躰坊。出入りがあったらしい。山伏ではなく、僧侶。
    • 北中坊:別当を担った寺院。座主の次位。下谷にあった。延暦寺正覚院末。
    • 安浄寺
    • 松福寺
    • 女鹿生寺
    • 坂口坊
  • 如法寺:現在は黄檗宗寺院。六峰の一つ。本尊は如意輪観音。宇都宮信房の中興。江戸時代初期、天台宗から黄檗宗となる。常在山。

岩窟

  • 大日窟:五窟の一つ。金剛窟とも。金剛界大日如来像が祀られていた(求菩提資料館に現存)。
  • 普賢窟:五窟の一つ。胎蔵窟とも。銅板法華経を発見。奥の方から水が落ちるような音が聞こえるという。水分神を祀ることもあった。
  • 多聞窟:五窟の一つ。
  • 吉祥窟:五窟の一つ。法華窟、千手窟とも。昭和初期まで法華経経筒が収められていた。窟の前には千手観音を祀っていた堂がある。
  • 阿弥陀窟:五窟の一つ。表に阿弥陀如来、裏に地蔵菩薩を彫った石仏があった。
  • 朝日窟:板碑がある。小さい窟。
  • 緑ケ岩屋:
  • 不動窟:三重石塔がある。
  • 岩洞窟:狗ケ岩屋とも。薬師如来を祀る。天井壁画がある。石造の多宝塔、五輪塔、妙見像などがある。
  • 奥之院:中宮地区そばにある人為的に作られた窟。行者窟とも。

その他

求菩提山六峰

近世には大白山の求菩提山に対して小白山と呼ばれた

  • 飯盛山権現東光寺:西方:福岡県築上郡築上町寒田:勢実が東光寺を開く。神社は上宮と中宮があるらしい。山麓の水田調査で大型建物跡が見つかり、東光寺跡かと言われている。
  • 鬼ケ洲権現:---:北方:福岡県築上郡築上町湊:近年に干拓されるまでは浅い浜でつながっている島だった。満潮時には離れ小島になった。犬ケ岳で退治された鬼の頭を収めたと言われる。
  • 常在山権現如法寺:北東:福岡県豊前市山内:厳尊が開く。本尊は如意輪観音。写経所であったと言われ、銅板法華経もここで作られたとも言われる。現在は臨済宗寺院で黄檗宗所属。白山神社の他、不動堂、全国の神々を合祀する石龕がある。石塔群や伽藍跡伝承地が点在する。
  • 松尾山権現医王寺:東方:福岡県築上郡上毛町:松尾山。元禄12年、求菩提山との関係を断つ。医王寺は神仏分離で廃絶。講堂旧本尊の薬師如来は覚円寺にある。輪蔵も覚円寺に移築された。松尾山三社神社には上宮・中宮がある。
  • 両界山権現:経読堂:東南:福岡県豊前市:経読岳(きょうよみたけ)。山頂に経読堂跡碑がある。
  • 宝勝山権現:長福寺:南方:福岡県豊前市:犬ヶ岳にあったか。
  • 玉置権現:吉祥寺:近世、飯盛山と交代
  • 釈迦岳権現:近世、鬼洲と交代。


資料

古典籍

  • 「求菩提山雑記」:『山岳宗教史研究叢書18 修験道史料集2西日本編』所収。
  • 「求菩提山縁起」:『山岳宗教史研究叢書18 修験道史料集2西日本編』所収。
  • 「華供峯中規定略記」:『山岳宗教史研究叢書18 修験道史料集2西日本編』所収。
  • 「一山法務之修法」:『山岳宗教史研究叢書18 修験道史料集2西日本編』所収。
  • 「求菩提山文書」:『福岡県史資料』所収。
  • 「求菩提山年中行事」:1973『日本祭礼行事集成6』平凡社所収。

調査報告

  • 豊前市教育委員会監修2003『史跡「求菩提山」整備基本計画報告書』
  • 元興寺文化財研究所編1978『英彦山・求菩提山仏教民俗資料緊急調査報告書』
  • 1978『求菩提山 豊前市文化財調査報告書3』
  • 1992『求菩提 福岡県豊前市所在の修験道遺跡群詳細分布調査報告書 豊前市文化財調査報告書8』
  • 1989『求菩提山修験道遺跡 福岡県文化財調査報告書84』
  • 2008『史跡求菩提山 求菩提山護国寺 豊前市文化財調査報告書25』
  • 2011『史跡求菩提山 求菩提山安浄寺杉谷参道 豊前市文化財調査報告書28』
  • 2013『国史跡求菩提山 北谷・中谷坊跡/鬼石坊 豊前市文化財調査報告書32』
  • 2002『求菩提資料館常設展示図録』
  • 1978『豊前修験道・求菩提展 北九州市立歴史博物館第3回特別展』

文献

  • 稲葉倉吉1941「求菩提山玄海法印の事蹟」『豊前郷土史論集』
  • 稲葉倉吉1941「求菩提登山記」『豊前郷土史論集』
  • 稲葉倉吉1941「如法寺まうで」『豊前郷土史論集』
  • 市場直次郎1955「求菩提山銅板経図像私考」『考古学雑誌』40-3
  • 1969『天狗の末裔たち 秘境・求菩提を探る』毎日新聞社
  • 重松敏美1969『豊州求菩提山修験文化攷』
  • 重松敏美1969『秘境求菩提』九州人文化の会
  • 重松敏美1971「求菩提山信仰と美術」『仏教芸術』81
  • 重松敏美1972「求菩提山出土の新発見銅製経筒」『月刊考古学ジャーナル』75
  • 重松敏美1973「武士と求菩提山」『小倉郷土会 記録』16
  • 重松敏美1983『求菩提・修験の世界』葦書房
  • 重松敏美1985「経塚の方位と、その選地の在方 7 経塚造営地の在方と求菩提山」『山岳修験』1
  • 重松敏美1986『山伏まんだら 求菩提山修験遺跡にみる』NHKブックス
  • 重松敏美1991「求菩提山の構成にみる信仰方位軸と四方浄土の展開について」『山岳修験』7
  • 中野幡能1974「求菩提山と六郷山」『古代国東文化の謎 宇佐神道と国東文化』
  • 中野幡能「豊前の修験道と山岳信仰 求菩提山修験道の起源とその展開」『山岳宗教史研究叢書13 英彦山と九州の修験道』名著出版
  • 野間吉夫1969「求菩提山の石窟文化」『民藝』193
  • 広瀬梅次郎1970『求菩提山犬ヶ岳研究開発先覚者の遺徳を偲んで』
  • 宮小路賀宏1976「福岡県豊前市求菩提山経塚の調査」『月刊考古学ジャーナル』129
  • 友石孝之「求菩提山の松会」『山岳宗教史研究叢書13 英彦山と九州の修験道』名著出版
  • 高良竹美「求菩提山・宝満山の伝承」『山岳宗教史研究叢書16 修験道の伝承文化』名著出版
  • 恒遠俊輔2001『天狗たちの森 求菩提山と修験道』葦書房
  • 山口正博2005「《発見》された修験霊山 求菩提山をめぐる表象の力学」『神道宗教』199・200
  • 錦織亮介1980「求菩提山如法寺旧蔵両界曼荼羅図 金剛界八十一尊曼荼羅図の一作例」『西南地域史研究』4
  • 西ケ谷恭弘1998「求菩提山 岩窟巡る山伏修行の道場」『歴史と旅』388
  • 2006「山伏に託された人びとの祈り 近世の英彦山・求菩提山と里の交流」『図説田川・京築の歴史』郷土出版社
  • 2012「求菩提山上宮五重層塔」『日本石造物辞典』吉川弘文館
  • 2012「求菩提山中宮宝塔」『日本石造物辞典』吉川弘文館
  • 2012「求菩提山不動窟三重層塔」『日本石造物辞典』吉川弘文館
  • 江藤和幸2012「石造宝塔の編年試案(1)大分県中津市を中心に分布する「求菩提型宝塔」を中心として」『石造文化研究』30
  • 江藤和幸2015「石造宝塔の編年試案(2)大分県中津市を中心に分布する「求菩提型宝塔」を中心として」『石造文化研究』31
  • 桟比呂子2006『求菩提山 私の修験ロード』海鳥社
  • 『求菩提資料館ジャーナル』[1](10-22号のみ閲覧できる)
http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%B1%82%E8%8F%A9%E6%8F%90%E5%B1%B1」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール