ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

真宗大谷派難波別院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2022年6月16日 (木)

移動: 案内, 検索

真宗大谷派難波別院(しんしゅうおおたには・なんば・べついん)は、大阪府大阪市中央区にある真宗大谷派別院教如大谷本願寺を継承する寺院。坐摩神社の東隣にある。浄土真宗本願寺派の北御堂津村別院に対して南御堂と呼ばれる。大坂御坊本願寺遷座旧跡

歴史

豊臣秀吉から隠退を命じられた後、本願寺12代教如大谷本願寺を創建。文禄4年(1595)かその翌年に創建され、現在の天満から道修町のあたりにあった。慶長3年(1598)、城下町整備によって現在地に移転した。7年(1602)に京都東本願寺を創建したことで大谷本願寺は大坂御坊となった。慶長8年、4年掛けて本堂を建立。また正徳4年(1714)にも巨大な本堂が再建された。大坂商人の門徒の信仰を集め、支えられた。明治天皇の大阪行幸に際しては太政官代に当てられた。 大阪空襲で焼失。昭和36年(1961)に再建された。同様に激しい戦災の被害を受けた堺別院は昭和46年(1971)降格して難波別院の堺支院となった。

子院

子院?

  • 即応寺
  • 称讃寺
  • 来極寺
  • 妙琳寺
  • 通観寺
  • 仁託寺

(政教中正論)


参考文献

  • 木場明志監修、2012『別院探訪』真宗大谷派宗務所出版部
  • 『蘆分船』絵図[1]
http://shinden.boo.jp/wiki/%E7%9C%9F%E5%AE%97%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E6%B4%BE%E9%9B%A3%E6%B3%A2%E5%88%A5%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール