ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

鶏足寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年2月15日 (月)

移動: 案内, 検索

鶏足寺(けいそくじ)は、栃木県足利市小俣町にある真言宗寺院。本尊は釈迦如来。真言密教慈猛流の根本道場。慈猛(1212-1277)を中興とする。金剛主院と号す。山号は仏手山(参考:同名寺院鶏足寺_(同名)

目次

歴史

809年(大同4年)定恵(藤原鎌足の子の定恵か)という僧が前年の石尊山の鳴動を受けて勅命により下向して釈迦如来像を祀り創建したのが始まりという。当時は世尊寺と称したという。851年(仁寿1年)円仁が中興し、金剛王院と改称。939年(天慶2年)平将門の乱で、常宥(常祐)が調伏祈祷。この時、三本足の鶏が現れ、祈祷壇の上の将門の土首に鶏の足跡が付き、童子が現れ将門の死を予言した。これが将門の死の日とされ鶏足寺と改めたとされる。

寺宝や遺跡から平安時代に創建されたことは確実視されている。1263年(弘長3年)鋳造の梵鐘が現存。

鎌倉時代初期、頼尊が下野薬師寺の慈猛に帰依し、1255年(建長7年)一山あげて真言宗に改宗した。1268年(文永5年)に頼尊は伝法灌頂を受け慈猛意教流を相承した。以後、関東における真言宗の中心地の一つとして興隆した。

1381年(弘和1年/永徳1年)頃には鶴岡八幡宮の支配下に入ったという。

1553年(天文22年)上杉謙信の兵火で焼失。1591年(天正19年)徳川家康から朱印地10石を与えられ復興。1713年(正徳3年)現在の本堂を再建。1732年(享保17年)護摩堂再建。 近世は無本寺、田舎本寺だったが、新義真言宗江戸触頭が鶏足寺の末寺に離末を積極的に働きかけたこともあり勢力は衰えた。

1873年(明治6年)長谷寺末となる。1886年(明治19年)別格本山。

1947年(昭和22年)12月23日、真言宗豊山派から独立して「真言宗鶏足寺派」として法人設立(『宗教年報』)。1948年(昭和23年)2月3日登記、宗教法人法に基づき1952年(昭和27年)7月7日認証(宗教便覧)。1953年(昭和28年)、「真言教団」として認証、(『仏教宗派辞典』)。1954年(昭和29年)1月6日登記(『宗教年鑑』)。 本山、のち大本山と名乗ったようだ。 1988年(昭和63年)、教団を解散し、真言宗豊山派に復帰(『日本歴史地名大系』)。(近年、真言宗慈猛派を名乗るか?)

伽藍

  • 本堂:本尊は釈迦如来。西脇に不動明王を祀る。1713年(正徳3年)再建。
  • 護摩堂:本尊は五大明王。1732年(享保17年)再建。五大尊堂、赤御堂とも。
  • 定宥入定塚:
  • 閻魔堂:
  • 勅使門:鎌倉時代、正和年間の建立。最古の建造物。


子院

  • 五尊教会
  • 授明院:廃絶。
  • 西光坊:廃絶。
  • 浄満坊:廃絶。
  • 恵性院:現存。
  • 明月院:廃絶。
  • 安養院:廃絶。

組織

歴代住職

  • 定恵()<>:
  • 定宥()<>:939年(天慶2年)平将門の調伏を成就させ、鶏足寺と改称する。968年(安和1年)11月24日、136歳で入定したという。境内に入定塚がある。
  • 25慈猛(1212-1277)<>:中興1世。1212年(建暦2年)生。高野山金剛三昧院頼賢の弟子。後宇多天皇は留興長老の号を賜った。1277年(建治3年)4月21日死去。入仏房。良賢とも。
  • 26頼尊()<>:中興2世。33世とも。1316年(正和5年)死去というが異説もある。弟子に善通寺宥範。
  • 27尊慶(1271-1355)<>:中興3世。1271年(文永8年)生。頼尊の弟子。1355年(正平10年/文和4年)6月6日死去。85歳。弟子に世良田総持寺開山の慶範。
  • 28尊猷(1283-1369)<>:中興4世。足利家の出身。足利尊氏の連枝の山下殿(不詳)の次男という。1283年(弘安6年)生。1369年(応安2年)死去。87歳。道場坊。弟子に尊誉、空覚、源宥。
  • 29尊誉(?-1387)<>:出羽国出身。尊猷の弟子。幼くして仏典を学ぶも在家信者として暮らしてきたが、24歳で尊猷に師事。1360年(延文5年)伝授。武蔵藤田で浄土宗も学び、佐貫神光寺で名越流の慈観良厳に学ぶ。また慈観良厳に倶舎論を教えたという。1369年(応安2年)尊融の付属を受ける。同年11月、鶏足寺で伝法灌頂を開く。1370年(応安3年)新田諏訪神社で伝法灌頂。光恩寺中興開山。1387年(元中4年/嘉慶1年)9月18日死去。弟子に源宥。
  • 30祐慶(?-1376)<>:宇都宮出身。金剛定寺で学ぶ。1376年(永和2年)2月21日死去。78歳。
  • 31慶吽
  • 32祐尊
  • 33尊海()<>:由良光明坊行人という。
  • 34尊鉄?()<>:
  • 35尊等()<>:渋川義昌を檀那として入寺。
  • 36俊円()<>:
  • 37俊永()<>:
  • 38秀応()<>:
  • 39憲秀()<>:
  • 40祐泉()<>:


  • 田下憲尊()<>:
  • 上野相憲(1832-1898)<>:長谷寺化主56世。
  • 59小林正盛(1876-1937)<>:長谷寺化主66世。1914年(大正3年)鶏足寺住職。
  • 60伊藤周盛(1891-)<>:小林正盛の資。1891年(明治24年)生。豊山大学卒。米国開教師。
  • 伊藤恵盛()<>:
  • 伊藤俊浩()<>:

資料

  • 「鶏足寺世代血脈」:慈宥が1429年(永享1年)に編纂。
  • 「鶏足寺世代譜」
  • 「下野国足利郡小俣鶏足寺下野上野侍檀那帳写覚」
  • 「小俣郷鶏足寺縁起事」:足利誌資料草稿の一つ。鶏足寺世代血脈を含む。西尾市岩瀬文庫。
  • 「鶏足寺縁起略抄写」:足利誌資料草稿の一つ。西尾市岩瀬文庫。
  • 「鶏足寺所蔵古文書集」:足利誌資料草稿の一つ。西尾市岩瀬文庫。


  • 丸山太一郞1916「下野下利郡小俣村鶏足寺銅仏之銘」『考古学雑誌』7-2
  • 1933「小俣の鷄足寺」『足利大観』
  • 1933「小俣町及び鷄足寺」『上毛及上毛人』197
  • 1935「鶏足寺年表」
  • 伊藤周盛1940『下野小俣 鶏足寺』
  • 1975『近代足利市史3』
  • 柳田貞夫1975『在地土豪と南北朝の動乱:足利西部地区の中世前期史』
  • 野村隆1979「足利市鶏足寺の石塔(資料報告)」『史迹と美術』49-1
  • 1983「密教の普及と鶏足寺」『新編足利の歴史』
  • 1983「鶏足寺世代血脈抄」『鷲宮町史史料4』
  • 1987「小俣鶏足寺の法流」『伊勢崎市史 通史編1』
  • 内山純子1990「常陸における真言宗の展開」『東国における仏教諸宗派の展開』?
  • 1999『小俣川沿岸遺跡群発掘調査報告書:圃場整備事業に伴う鶏足寺周辺遺跡の調査報告』
  • 小此木輝之2002「真言宗の展開と関東武士」『中世寺院と関東武士』
http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%B6%8F%E8%B6%B3%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール