ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

鹿児島県護国神社

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年10月24日 (日)

移動: 案内, 検索

鹿児島県護国神社(かごしまけん・ごこくじんじゃ)は、鹿児島県鹿児島市草牟田にある、県内の戦没者などを祀る招魂社官祭招魂社内務大臣指定護国神社神社本庁別表神社。初名は靖献霊社(いさたま・れいしゃ)。靖献神社靖献社鹿児島招魂社。占領下での名前は薩隅頌徳神社

目次

祭神

  • 3002柱(1934年(昭和9年)4月29日合祀後の数。『鹿児島地誌 郷土教育資料』[1]
  • 77592柱(「全国護国神社一覧」)。
  • 78076柱(百年史)。

戦後は殉職自衛官や殉職警察官消防官も合祀する。

歴史

1868年(明治1年)1月、鹿児島藩主島津忠義が明治天皇から500両を与えられて7月6日?、山之口馬場町(薩摩・松原神社の隣)に靖献霊社として創建したのが始まり。翌年10月26日(11月12日とも)、照国神社の西隣に遷座。(『靖国神社誌』には1870年(明治3年)10月創建とあるが不詳。)

  • 1872年(明治5年)6月、勅使参拝。
  • 1874年(明治7年)、官祭招魂社となる。
  • 1877年(明治10年)西南戦争で社殿焼失。翌年改築。
  • 1917年(大正6年)、社殿改築。この時、照国神社・鶴嶺神社の東隣に遷座したとみられる。
  • 1939年(昭和14年)4月、指定護国神社となり鹿児島県護国神社と改称。
  • 1947年(昭和22年)5月(4月24日?)、薩隅頌徳神社と改称。
  • 1948年(昭和23年)10月、社殿竣工。11月23日(13日?)遷座祭。同時に殉職警察官消防官を祀る旭桜神社を相殿に合祀。旧社殿も頓宮として残された。
  • 1953年(昭和28年)12月24日、復称。
  • 1957年(昭和32年)6月10日:別表神社加列。
  • 1965年(昭和40年)10月、殉職自衛隊員を相殿に合祀。

境内

組織

宮司

  • 野村浩平
  • 野村浩史
http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E8%AD%B7%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール