ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

伊和神社

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2021年10月29日 (金)

移動: 案内, 検索
伊和神社
いわ じんじゃ
Iwa-jinja 005.jpg
概要 播磨の開拓神を奉斎する神社。
奉斎 大己貴命
(土岐昌訓論文)
所在地 兵庫県宍粟市一宮町須行名407
所在地(旧国郡) 播磨国宍粟郡
所属(現在) 神社本庁
格式など 式内社名神大社播磨国一宮国幣中社別表神社
関連記事


目次

概要

式年祭として21年に一度の「一つ山祭」、61年に一度の「三つ山祭」がある。

歴史

境内

  • 本社
  • 五柱社
  • 播磨十六郡神社
  • 播磨十六郡神社
  • 市杵島姫神社
  • 御霊殿
  • 鶴石
  • 宮山
  • 白倉山
  • 高畑山
  • 花咲山
  • 篳篥神社:兵庫県宍粟市山崎町須賀沢。遙拝所?

組織

宮司

  • 加藤七郎(1885-1947)<>:(略歴は、鹿島神宮#組織を参照)
  • 松岡調(1830-1904)<1897-1902>:高松藩出身の国学者。友安三冬に師事。梶原景紹の『讃岐国名勝図会』の挿絵を描く。多和神社神主の松岡寛房の養子となる。平田派に入門。1869年(明治2年)1月から神仏分離のための神社調査に従事。同年、神櫛王墓の修復を進言して翌年竣工。1872年(明治5年)1月、金刀比羅宮禰宜となるが、1895年(明治28年)5月、南光利宮司の免職に伴い、辞職。1897年(明治30年)9月、伊和神社宮司。1902年(明治35年)1月、田村神社宮司。多和神社に多和文庫を設け、古書を収めた。著書多数。『年々日記』154冊がある。
  • 高階幸造(1864-1922)<>:(略歴は、四條畷神社#組織を参照)

画像

参考文献

  • 土岐昌訓 平成7「旧官国幣社と延喜式内社」『神社史の研究』

脚注

http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%BC%8A%E5%92%8C%E7%A5%9E%E7%A4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール