ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

儒学者旧跡

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年7月5日 (金)

移動: 案内, 検索

儒学者旧跡。儒教の学者。

目次

一覧

中国

朝鮮

日本

中国や朝鮮と異なり、日本には儒学者を祭祀の対象とする文化はなかったが、現在では多くの神社に祀られている。

古代・中世

近世

  • 藤原惺窩(1561-1619):近世朱子学の祖。冷泉為純の子。初めは臨済宗僧侶で、相国寺で首座に昇った。
  • 林羅山(1583-1657):朱子学者。林家の祖。
  • 谷時中(1598-1649):朱子学者。清川神社祭神。
  • 徳川義直(1600-1650):湯島聖堂を建立。尾陽神社に祀られている。
  • 朱舜水(1600-1682):
  • 中江藤樹(1608-1648):藤樹神社藤樹祠堂に祀られている。
  • 池田光政(1609-1682):閑谷学校閑谷神社などに祀られている。
  • 吉川惟足(1616-1694):吉川神道の祖。
  • 保科正之(1611-1672):会津藩主。土津神社祭神。
  • 野中兼山(1615-1664):朱子学者。1650年、家廟を建てて祭祀を怠らなかった[1]。日本の儒式家廟は儒者といえども例が少ない。兼山神社野中神社祭神。
  • 山崎闇斎(1618-1682):朱子学者。垂加神道の開祖。垂加霊社下御霊神社内)などに祀られる。
  • 熊沢蕃山(1619-1691):陽明学者。
  • 木下順庵(1621-1698):朱子学者。
  • 山鹿素行(1622-1685):儒学者・兵学者。
  • 伊藤仁斎(1627-1705):古義学の祖。
  • 徳川光圀(1628-1700):水戸藩主。水戸学の祖。弘道館を創設。常磐神社などに祀られている。
  • 貝原益軒(1630-1714):
  • 佐藤直方(1650-1719):朱子学者。山崎闇斎に師事。崎門三傑の一人。しかし、師を神道偏重と批判して破門された。
  • 浅見絅斎(1652-1711):朱子学者。山崎闇斎に師事。崎門三傑の一人。しかし、師を神道偏重と批判して一時破門された。のち神道を学びその教説は「望楠軒神道」と呼ばれた。
  • 新井白石(1657-1725):
  • 室鳩巣(1658-1734):
  • 三宅尚斎(1662-1741):朱子学者。山崎闇斎に師事。崎門三傑の一人。
  • 谷秦山(1663-1718):朱子学者。山崎闇斎、浅見絅斎に師事。
  • 荻生徂徠(1666-1728):
  • 雨森芳洲(1668-1755):
  • 伊藤東涯():儒学者。伊藤仁斎の長男。
  • 青木昆陽(1698-1769):儒学者。蘭学者。飢饉対策としてサツマイモ増産に努め、甘藷先生と呼ばれた。昆陽神社に祀られている。
  • 竹内式部(1712-1767):
  • 山県大弐(1725-1767):山県神社
  • 古賀精里(1750-1817):
  • 蒲生君平(1768-1813):蒲生神社
  • 藤田幽谷(1774-1826):後期水戸学の祖。尊王攘夷を主張。

幕末・近現代

  • 会沢正志斎(1782-1863):水戸学者。藤田幽谷の弟子。徳川斉昭擁立を支持。藩校弘道館の創設に尽力。主著『新論』。
  • 山田方谷(1805-1877):陽明学者。備中松山藩の藩政改革に成功。明治維新後、閑谷学校改革を行う。
  • 藤田東湖(1806-1855):水戸学者。藤田幽谷の次男。徳川斉昭擁立を支持。藩校弘道館の創設に尽力『弘道館記述義』を記す。安政大地震で圧死。東湖神社(常磐神社内)に祀られている。
  • 佐久間象山(1811-1864):兵学者。朱子学者。蘭学者。象山神社祭神。
  • 渋沢栄一(1840-1931):実業家。渋沢神社に祀られている。
  • 安岡正篤(1898-1983):金鶏神社に合祀されている。
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%84%92%E5%AD%A6%E8%80%85%E6%97%A7%E8%B7%A1」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール