ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

福昌寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年3月31日 (火)

移動: 案内, 検索

福昌寺(ふくしょうじ)は、鹿児島県鹿児島市池之上町にあった曹洞宗寺院。本尊は釈迦如来島津家の菩提寺で、鹿児島藩最大の寺院だった。廃絶。跡地に島津家福昌寺墓地がある。後奈良天皇勅願寺。

目次

歴史

1394年(応永1年)、島津元久が屋敷跡に創建。 総持寺末だった。 寛永8年、総持寺から薩摩大隅日向の僧録と定められた。しかし、元禄15年、日向飫肥藩領の長持寺は、福昌寺の管轄は鹿児島藩領内のみだと訴え、翌年幕府はこれを認めた。福昌寺住職の徳応はこれを不服として、辞任して多田院に隠棲した。

1869年(明治2年)11月に廃絶。

伽藍

  • 御影殿
  • 開山堂
  • 浄莟院殿御霊屋?

子院

  • 深固院:三塔頭。石屋真梁が創建。
  • 華舜軒:三塔頭。16世喜冠が創建。
  • 月香院:三塔頭。18世代賢が創建。
  • 慧灯院:島津久豊の菩提寺。
  • 石心院:
  • 松月亭:
  • 大翁軒:
  • 延寿堂:
  • 龍護院:
  • 実相軒:
  • 霊鷲軒:
  • 宇参軒:
  • 了寂軒:
  • 花翁軒:
  • 昌山軒:

組織

歴代住職

  • 1石屋真梁(1345-1423):永沢寺3世。伊集院忠国の十一男。通幻寂霊の高弟で通幻十哲の一人。1345年(興国6年/貞和1年)生。6歳で臨済宗薩摩・広済寺に入り、16歳で京都南禅寺の蒙山智明の元で得度。東陵永〓・中巌円月・寂室元光といった名僧に師事したが飽き足らず、曹洞宗に転じて通幻寂霊の弟子となり、その法嗣となった。九州に下り、1387年(元中4年/嘉慶1年)または1390年(元中7年/明徳1年)に妙円寺を創建。1394年(応永1年)福昌寺、1404年(応永11年)周防泰雲寺、1410年(応永17年)長門大寧寺、1417年(応永24年)瑞松庵(勧請開山)、美作・西来寺、日置天昌寺梅天寺、日置持地庵、福昌寺深固院などを開創した。1407年(応永14年)に総持寺20世に昇住。1423年(応永30年)5月11日死去。
  • 2竹居正猷():1406年(応永13年)徳元寺創建。1413年(応永20年)津友寺を創建。
  • 3仲翁守邦(1379-1445):島津元久の世子。石屋真梁の法嗣。1379年(天授5年/康暦1年)生。妙円寺で出家。美濃補陀寺で学ぶ。島津友久菩提寺の常珠寺創建。総持寺住職。1429年(永享1年)含粒寺創建。1445年(文安2年)6月6日死去。67歳。
  • 4景龍():1459年(長禄3年)出水龍光寺の勧請開山。
  • 5心厳良信():中興。1557年(弘治3年)南林寺勧請開山。心巌良信。心岩良信。
  • 6愚丘妙智(?-1487):島津久豊の子。竹居正猷に学び、仲翁守邦の法嗣となる。妙円寺中興。善勝寺の開山。1487年(長享1年)10月24日死去。
  • 秋月等観(生没年不詳):画僧。高城氏。島津家家臣。中年で出家して、雲谷庵で雪舟に絵を学ぶ。1490年(延徳2年)雪舟自画像を与えられる。1492年(明応1年)薩摩に帰る。福昌寺住職。1496年(明応5年)頃、明に渡る。帰国後まもなく死去。
  • 7
  • 8泰雲守琮(1433-1501):1433年(永享5年)生。心巌良信の法嗣。総持寺昇住。1498年(明応7年)(1496年(明応5年)?1497年(明応6年)?)冷水興国寺開山。長能寺を再興。1501年(文亀1年)10月24日死去。69歳。
  • 9柱山守棟(-1476):島津忠国の六男。妙谷寺を創建。
  • 10龍室良従()<-1503>:大通徳光禅師。薩摩円照寺開山。薩摩龍雲寺3世。1503年(文亀3年)隠退。1513年(永正10年)死去。
  • 11天祐宗津(1462-1532):島津家出身。1462年(寛正3年)生。泰雲守琮の下で出家し、龍室良従の法嗣となる。1509年(永正6年)、桜島の御嶽に金の鉾を立てた。隆盛寺を創建。1532年(天文1年)2月4日死去。71歳。仏智法灯禅師。
  • 12一川智済(?-1521):大重氏。天祐宗津の法嗣。1508年(永正5年)福昌寺住職。1521年(大永1年)7月26日死去。
  • 13大鷹宗俊(1463-1537):1463年(寛正4年)生。天祐宗津の法嗣。1537年(天文6年)死去。
  • 14恕岳文忠?(1462-1548):斎藤氏。1462年(寛正3年)生。天祐宗津の法嗣。1548年(天文17年)11月15日死去。87歳。
  • 15忍室文勝(?-1556):萩原氏。天祐宗津の法嗣。総持寺昇住。1545年(天文14年)福昌寺住職。フランシスコザビエルと問答した。1556年(弘治2年)11月28日死去。仏照大円禅師。
  • 16喜冠龍慶(生没年不詳):樺山氏。天祐宗津の法嗣。島津久豊菩提寺の悟性寺の勧請開山。1559年(永禄2年)華舜軒に退く。
  • 17
  • 18代賢守仲(1515-1584):中俣氏。1515年(永正12年)生。喜冠龍慶の法嗣。1561年(永禄4年)福昌寺住職。1581年(天正9年)法華岳寺を中興。日向永泰寺、大隅天福寺大隅万年寺の開山。1584年(天正12年)2月15日死去。70歳。死後の1599年(慶長4年)心岳寺の勧請開山。代賢守中。仏光普照禅師。
  • 19天海正曇(?-1602):代賢守仲の法嗣。1585年(天正13年)、島津義久の命で戦没者供養の大施餓鬼会を行う。1602年(慶長7年)12月20日死去。
  • 20大鱗全索():西田大徳寺中興。大麟全索。
  • 21南嶺慶春(?-1615):興覚寺開山。1607年(慶長12年)福昌寺住職。1615年(元和1年)1月14日死去。南嶺慶舜。
  • 22三了麟達(1555-1616):1555年(弘治1年)生。南嶺慶春の法嗣。妙円寺住職。1616年(元和2年)死去。
  • 23大川長益(?-1617):児玉氏。三了麟達の法嗣。1616年(元和2年)福昌寺住職。1617年(元和3年)9月23日死去。
  • 24?桃屋仲圃(生没年不詳):薩摩出身。中満氏。幼くして出家して関東諸国で修行。大川長益の法嗣となる。1621年(元和7年)福昌寺住職。重久慈恩寺を創建。棟屋。
  • 代翁守哲(1566-1627):惟宗氏。1566年(永禄9年)生。桃屋仲圃の法嗣。総持寺昇住。1627年(寛永4年)11月17日死去。62歳。
  • 日鑑寿益(?-1631):折田氏。代翁守哲の法嗣。総持寺昇住。1631年(寛永8年)、花舜寺に引退し同年死去。
  • 奪臾全珠(1588-1642):1588年(天正16年)生。福昌寺の大鱗全索、泉通寺の応朔に学び、日鑑寿益の法嗣となる。妙円寺住職。東郷香積寺の勧請開山。1642年(寛永19年)6月24日死去。仏照古心禅師。
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28天室聚紋():越前龍泉寺住職。
  • 29貫屋誾策():越前龍泉寺住職。貫室門策
  • 30潭州寺守龍():日向綾光寺を再興。
  • 31嶺室存鷲():越前龍泉寺住職。1663年(寛文3年)、島津家久の菩提寺の玉淵寺を創建。
  • 32
  • 33
  • 徳応():元禄16年、長持寺との本末争論に敗訴し、不服を訴えて多田院に隠居。
  • 34特峰代英():越前龍泉寺住職。
  • 35万年貞祝():越前龍泉寺住職。
  • 38寿山尭祝():越前龍泉寺住職。
  • 39愚海玄道():越前龍泉寺住職。
  • 42太春嶺鷹():越前龍泉寺住職。
  • 45大鼻宗育
  • 48獅山一承():梁月寺住職か。
  • 59荘幢自厳
  • 54疎山():1771年(明和8年)在職。
  • 善誘():1758年(宝暦8年)持地庵を再興。
  • 67円了無参():独遊橘仙の法嗣。青年時代の西郷隆盛、大久保利通を指導したという。木尾義休。
  • 71白洲寛山():
  • 泰巌彰
http://shinden.boo.jp/wiki/%E7%A6%8F%E6%98%8C%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール