ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

時宗国阿派

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年5月20日 (月)

移動: 案内, 検索

時宗国阿派は国阿(1314-1405)を派祖とする時宗流派東山・正法寺双林寺が拠点寺院。古典的な記述では正法寺派を霊山派、双林寺派を国阿派とするが、ここでは一括して扱う。

歴史

国阿は播磨国出身。天台宗円教寺で修行した後、廻国。遊行上人7世託阿に帰依。1383年正法寺を、翌1384年双林寺を時宗に改宗し、拠点とした。 伊勢神宮熊野三山を何度も参拝し、念仏と伊勢信仰熊野信仰との結び付きを強調。独自の札を配り、「不浄を嫌わず参詣すべし」と勧奨した。 (時宗教団史)

一覧

http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%99%82%E5%AE%97%E5%9B%BD%E9%98%BF%E6%B4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール