ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

真宗大谷派福井別院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年12月18日 (火)

移動: 案内, 検索

真宗大谷派福井別院(しんしゅうおおたには・ふくい・べついん)は、福井県福井市にある真宗大谷派別院本瑞寺。旧称は総坊北庄総坊九ケ寺総坊。別格別院だった(大谷派寺院録)。

目次

歴史

一向一揆

越前では天正2年(1574)から3年にかけて一向一揆が国を支配したが織田信長軍に敗れ敗退。天正11年(1583)4月、賤ヶ岳の戦いで勝利した豊臣秀吉が越前を勢力に収め、配下の丹羽長秀が入国すると、本願寺11代顕如は、長秀らに書簡で交渉し、門徒の活動の公認を得た。長秀ののち、堀秀政が入国すると、秀政は顕如に越前国の中心部北庄(現・福井市)の柳町の土地「方百間」を寄進し、堀秀治の時代に御堂が建てられたが、これはのち西本願寺に付き、現在の本願寺福井別院となった。

総坊の創建

文禄5年(1596)、12代教如を支持する僧侶らが北庄塩町に拠点を構え、総坊と称し、北庄総坊九ケ寺総坊と呼ばれた。『福井県史』ではかつて蓮崇が北庄浜町に建てた僧坊が前身とみる。江戸時代初期、徳川家康次男結城秀康が入国すると、慶長7年、常盤町の土地を寄進され、さらに秀康旧領の下野結城から移転してきた浄土真宗本瑞寺と合併し、本瑞寺と称した。東西分立では東本願寺に付き、本瑞寺住職教瑛には教如息女の栄寿院教応(亀姫)が嫁いだ。慶安年間(1648-1652)に現在地に移転した。

百ケ寺騒動と掛所の成立

天和3年(1683)には国内の東本願寺門徒を揺るがす百ケ寺騒動が起きた。 住職の後見だった善林寺と称念寺は、専制的に権力を振るったため、国内末寺の反発を買い、3年間、本瑞寺出仕を控えていたが、同年の琢如十三回忌法要に礼拝したため、法要中にも関わらず、それに抗議する出仕僧が一人、二人と席を立ち、ついに百寺の僧が退席したという。これに対し、本山は退席した寺院を厳しく処分したが、かえって反発を招き、一斉に西本願寺への転属を申請した。門徒でも単独で西派に転属したものが出て、中には東西に分裂した寺院もあった。ただほとんどはその後東本願寺に戻ったという。この騒動を受けて本山は、延享元年(1744)7代住職が死去すると、本瑞寺の住職を廃し、本山の掛所とした。昭和23年(1948)の福井地震で焼失し、44年(1969)に鉄筋コンクリート造の現在の本堂が完成した。

組織

歴代住職

  • 1教応()<>:教如の娘。
  • 4琢玄()<>:演慈院。
  • 7性応()<>:以後、輪番となる。

参考文献

  • 『福井県史』通史編3
  • 木場明志監修、2012『別院探訪』真宗大谷派宗務所出版部
http://shinden.boo.jp/wiki/%E7%9C%9F%E5%AE%97%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E6%B4%BE%E7%A6%8F%E4%BA%95%E5%88%A5%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール