ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

仏教儀礼

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年10月28日 (日)

移動: 案内, 検索

法会

目次

基本型

  • 勤行
  • 法楽
  • 読経・看経
  • 供養
  • 宝号
  • 礼拝
    • 五体投地
  • 行道
  • 回向
  • 勅会

三仏会

  • 降誕会・灌仏会・仏生会・仏誕会
  • 成道会
  • 涅槃会・常楽会

季節・日時による名称

  • 修正会
  • 修二会
  • 六時:以下を六時というが、ずらしたり、まとめたりすることも多い。
    • 日中:午前10時〜午後2時。
    • 日没:午後2時〜午後6時。逮夜ともいう。
    • 初夜:午後6時〜午後10時。
    • 半夜:午後10時〜午前2時。中夜とも。
    • 後夜:午前2時〜午前6時。
    • 晨朝:午前6時〜10時。
  • 例時
  • 別時
  • 斎日
    • 六斎:毎月8日・14日・15日・23日・29日・30日。在家も八斎戒を守る。
    • 十斎:

規模別

  • 二箇法要
  • 四箇法要
  • 七僧法要
  • 千僧供養

民俗仏教

  • 彼岸会:浄土真宗では讃仏会
  • 元旦会
  • 除夜会
  • 盂蘭盆会:真宗では歓喜会
  • 施餓鬼会
  • 解除会
  • 観月会
  • 節分会
  • 追儺会
  • 地蔵盆
  • 施食会
  • 精霊会
  • 酬徳会

形式別

伝授型

  • 授戒・受戒
    • 自誓受戒:
  • 布薩
  • 得度式
  • 伝戒
  • 伝法:融通念仏宗の儀式
  • 五重相伝:浄土宗の儀式
  • 帰敬式:浄土真宗の儀式。
  • 灌頂:密教儀礼。
    • 伝法灌頂:授職灌頂、伝教灌頂とも。これを受けたら阿闍梨となる。
    • 結縁灌頂:一般むけ
    • 秘密灌頂:最高位の灌頂。伝法灌頂を受け、優れた者だけが受けられる。
    • 学法灌頂:受明灌頂とも
    • 印法灌頂:略式の灌頂
    • 作業灌頂:
    • 以心灌頂:意心灌頂、心授灌頂、瑜祇灌頂とも
    • 合行灌頂:秘密合行灌頂。金胎両部を合わせて行う。
    • 恵印灌頂:当山派(醍醐寺三宝院)の儀式
    • 深仙灌頂:本山派(聖護院)の儀式
    • 葛城灌頂:本山派(聖護院)の儀式
    • 布橋灌頂:立山芦峅寺の儀礼
    • 即位灌頂:
  • 血脈授与:お血脈

講義型

  • 講説
  • 説法
  • 講讃
  • 安居
    • 夏安居・雨安居
    • 冬安居・雪安居
    • 結制・結夏・入制
    • 制中
    • 解制・解夏
    • 解間・制間
  • 伝光会:伝光録提唱
  • 眼蔵会:正法眼蔵
  • 槐安国語提唱
  • 臨済録提唱
  • 無門関提唱
  • 碧巌録提唱
  • 円覚会:円覚経の提唱

議論型

  • 論義
    • 講経論義(講問論義)
    • 番論義
    • 竪義論義
  • 談義
  • 研学竪義:興福寺の竪義の名称
  • 広学竪義:延暦寺の竪義の名称
  • 別請竪義:延暦寺
  • 碩学竪義:園城寺の竪義の名称。三井竪義とも。
  • 勧学竪義:法成寺の竪義の名称。私竪義として実施。
  • 山王院竪精:高野山。興福寺の論義を導入。
  • 伝法大会:新義真言宗三本山(根来寺、智積院、長谷寺)で不定期に開かれる竪義。長谷寺のものは特に長谷論義と呼ばれる。
  • 内談義:高野山。練学会。歌談義。


  • 法戦式:禅宗

庭儀

  • 庭儀
  • 来迎会
  • 柴燈護摩

祖師信仰

  • 忌日法会:旧暦を新暦に換算する場合、日付をそのまま新暦に当てはめる場合、月だけ1カ月送らせる場合、新暦と旧暦と両方行う場合、本来の日付にとらわれない場合、本山と末寺で実施日をずらす場合などがある。
  • 遠忌:数え年で行うのが基本だが二、三年ずらすことは珍しくない。遠忌は「おんき」とも「えんき」とも読む。遠諱と表記する場合もある。
  • 開山忌:寺院の開山僧の忌日法要。またその逮夜を宿忌という。
  • 誕生会:降誕会、生誕会とも。
  • 立教開宗会
  • 法難会
  • 達磨忌:達磨。旧暦10月5日。少林忌。
  • 玄奘三蔵会:玄奘。玄奘忌、玄奘会。旧暦2月5日。
  • 慈恩会:。旧暦11月13日。
  • 善導忌:善導。旧暦3月14日。
  • 霜月会:智顗。天台会、十一月会とも。旧暦11月24日。
  • 太子忌:聖徳太子。聖霊会とも。旧暦2月22日。
  • 高祖会:役小角。箕面瀧安寺の山上で昇天したとされる。旧暦6月7日。
  • 行基菩薩忌:行基。旧暦2月2日。
  • 良弁忌:良弁。旧暦11月24日。
  • 鑑真忌:鑑真。唐招提寺では開山忌という。旧暦5月6日。
  • 六月会:最澄。山家会、伝教会とも。旧暦6月4日。
  • 御影供:空海。旧暦3月21日。
  • 御忌:法然。旧暦1月25日。
  • 報恩講:親鸞。旧暦11月28日。早めに行うものを「お取り越し」「お引き上げ」という。
  • 御会式:日蓮。旧暦10月13日。御命講。
  • 冬報恩講:覚鑁。旧暦12月12日。
  • 薄念仏会:一遍の祖父。
  • 一遍忌:一遍。旧暦8月23日。
  • 西山忌:証空
  • 俊乗忌:重源
  • 元三忌:良源。旧暦1月3日。
  • 栄西忌:栄西
  • 道元忌:道元。旧暦8月28日
  • 両祖忌:道元瑩山紹瑾
  • 明恵忌:明恵
  • 十月会:円珍
  • 良忍上人忌:良忍。旧暦2月1日。

修法

密教の儀礼。

  • 理趣三昧:
  • 曼荼羅供:
  • 護摩:
    • 柴灯護摩:
  • 御修法:勅会参照
  • 閼伽:
  • 四度加行:伝法灌頂を受けるために前段階として行う修行法
  • 加持:
  • 求聞持法:虚空蔵菩薩を本尊し、記憶力を増大させる法。

経典別

法華経

  • 法華八講・御八講
    • 山王礼拝講:延暦寺が日吉大社で行う法華八講。
    • 法勝寺御八講
  • 法華十講
  • 法華二十八講
  • 法華三十講
  • 法華大会
  • 卯月会
  • 万部会・千部会
  • 長講
  • 唱題行
  • 法華懺法

諸経典

  • 大乗会:華厳経、大集経、大品般若経、法華経、涅槃経
  • 一切経会・大蔵経会
  • 倶舎会:倶舎論
    • 倶舎三十講:倶舎論
    • 東大寺八幡宮御八講
  • 唯識会:唯識十講。唯識論。
  • 最勝会・最勝講:金光明最勝王経。「最勝八講」ともいうが、これは法華八講になぞらえた呼称
    • 最勝十講
    • 御最勝講:宮中最勝講
    • 仙洞最勝講
    • 御斎会:御斎講。金光明最勝王経
  • 仁王会:仁王護国般若経。宮中で行う。春秋二季と臨時があった。
    • 一代一度仁王会
  • 勝鬘会:勝鬘経
  • 華厳会:華厳経
  • 維摩会:維摩経
    • 興福寺維摩会
  • 大般若経転読会:大般若経
    • 季御読経
  • 梵網会:梵網経
  • 華厳講
  • 大乗義章三十講:三論宗

芸能的仏事

音楽的

  • 音楽法要
  • 声明法要
  • 伽陀
  • 連歌
  • 和讃
  • 御詠歌
  • 琵琶:薩摩琵琶、筑前琵琶。琵琶法師を参照。

講式

儀式作法を記した次第書とそれに則った法会

  • 薬師如来講式:最澄
  • 二十五三昧式:源信
  • 六道講式:源信
  • 十楽講作法:源信
  • 往生講式:永観
  • 順次往生講式:真源
  • 愛染王講式:覚鑁
  • 弥勒講式:貞慶
  • 五段舎利講式:貞慶
  • 地蔵講式:貞慶
  • 四座講式:明恵
  • 光明真言講式:明恵
  • 大明神講式:明恵
  • 四座講式:明恵
    • 舎利講式
    • 遺跡講式
    • 涅槃講式
    • 十六羅漢講式
  • 報恩講式:覚如
  • 謝徳講式:存覚
  • 両師講式:存覚
  • 知恩講私記:
  • 無常講式:後鳥羽上皇

舞踊

  • 踊り念仏
  • 延年舞
  • 舞楽

修行

  • 十二年籠山行:天台宗
  • 璽書道場:浄土宗
  • 百日荒行:日蓮宗
  • 木喰行
  • 即身仏
  • 精進・参籠・別火・潔斎
  • お百度
  • 巡礼
  • 三千仏礼拝
  • 加行:密教では伝法灌頂を受けるために行う修法を四度加行という。浄土宗では伝宗伝戒道場で修行することを加行という。日蓮宗では百日荒行を加行という。禅宗や時宗でも加行がある。


禅会

  • 参禅会
  • 臘八接心

山岳修行

  • 開山式・閉山式
  • 峰入り:入峰、抖擻とも
    • 春の峰
    • 夏の峰
    • 秋の峰
    • 冬の峰
  • 千日回峰行:延暦寺の行。
  • 蓮華会:蓮華を捧げる法会。金峰山寺の蛙飛び行事や鞍馬寺の竹切祭が有名。入峰の終了を報告するものらしい。
  • 御座
  • 験比べ
  • 籠山行
  • 十界修行
  • 松会
  • 新客修行

唱句

  • 念仏
  • 掛念仏
  • 唱題
  • 陀羅尼会
  • 釈迦念仏会
  • 光明真言会:土砂加持

瞑想

  • 四種三昧:天台宗
  • 日想観
  • 十六観
  • 阿字観:真言宗
  • 月輪観:真言宗
  • 色相観
  • 九想観
  • 析空観
  • 即空観
  • 道場観
  • 無得正観:三論宗
  • 唯識観:法相宗
  • 理観
  • 事観
  • 一心三観:天台宗
  • 十乗観法:天台宗
  • 五停心観
    • 不浄観
    • 慈悲観
    • 因縁観
    • 界分別観
    • 数息観
    • 念仏観
  • 止観
    • サマタ
    • ヴィパッサナー
  • マインドフルネス

本尊別

  • 釈迦会
  • 観音供
  • 薬師会
  • 舎利会
  • 虚空蔵会
  • 弥勒会
  • 文殊会
  • 不動供

未分類

  • 悔過・懺法
    • 釈迦悔過
    • 十一面悔過
    • 如意輪悔過
    • 吉祥悔過
    • 阿弥陀悔過
    • 法華懺法
    • 御仏名会:仏名悔過とも。
    • 舎利懺法
    • 薬師懺法
    • 弥陀懺法
    • 観音懺法:禅宗
    • 阿弥陀懺法
    • 歓喜懺法
    • 阿難悔過
    • 地蔵悔過
  • 追善
    • 追悼会:追弔会
    • 追善法要:追福
    • 御霊会:御霊信仰を参照。
    • 不断経
    • 永代経
    • 式年祭
  • 住職継承
    • 入山式・晋山式
    • 伝灯奉告法要
    • 拝堂
    • 印鑰継承式
  • 無遮会
    • 文殊会
    • 施餓鬼会:施食、悲斎会
    • 水陸会
    • 大茶盛り式
    • 放生会


  • 献茶
  • 献灯
    • 万灯会
  • 献香


  • 祈祷
    • 浴餅供
    • ほうろく祈祷
    • 馬加持
    • 星祭
    • 日蓮宗の修法
  • 供花会
  • 念仏講
  • 往生講
  • 因明講
  • 配札・廻檀・巡教
  • 開眼・発遣
  • 湯立
  • 精霊流し
  • 桜会:清滝会が有名になった
  • 例時作法:夕刻に阿弥陀経を唱える法要
  • 社参式
  • 勧学会
  • 十三まいり
  • 庚申講
  • 夏五則行持
  • 祝聖・祝誦
  • 御国忌
  • 上宮太子講式
  • 御開帳
  • 方広会
  • 楞厳会:楞厳呪
  • 御文章拝読
  • 御消息披露
  • 御忌定式
  • 念讃
  • 世親講
  • お身拭い:西本願寺では大御身(おおごしん)という。
  • お煤払い
  • 占い
    • 九識霊断法
http://shinden.boo.jp/wiki/%E4%BB%8F%E6%95%99%E5%84%80%E7%A4%BC」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール