ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

清浄華院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2020年6月28日 (日)

移動: 案内, 検索
清浄華院(国土地理院空中写真より)

清浄華院(しょうじょうけいん)は、京都府京都市上京区北之辺町(山城国愛宕郡)にある皇室ゆかりの浄土宗本山寺院浄土宗知恩院派大本山。知恩院知恩寺金戒光明寺と並んで京都四本山の一つ。元は円仁が宮中に開いた内道場だったという伝承を持つ。浄華院浄花院浄山ともいう。法然上人二十五霊場


目次

伽藍

Kokudo0025.jpg京都御苑東の寺院群の北から二番目が清浄華院(国土地理院空中写真より) Kokudo0029.jpg京都御苑東の寺院群。1945年頃(国土地理院空中写真より)

子院

京都御苑(国土地理院空中写真より)
  • 松林院:
  • 無量寿院:
  • 龍泉院:
  • 良樹院:

組織

歴代住職

名前 生没年 在職年 蓮社号など 誉号など 阿弥陀号 称号 略歴
0 円仁 794-864 慈覚大師
1 法然 1133‐1212 円光大師
2 弁長 1162-1238 聖光坊 弁阿 大紹正宗国師
3 良忠 1199-1287 然阿弥陀仏 記主禅師
4 然空 ?-1297 礼阿
5 証賢是心 1265-1345  向阿 事実上の開山。
6 寂幽玄心 ?-1363
7 証法玄教 ?-1385
8 貞煕僧全(敬法) ?-1400 慧鎮坊 伏見天皇皇孫。尊煕親王の王子。神蔵寺に住した。
9 定玄僧然 ?-1437
10 等煕僧任 1396-1462  仏立慧照国師 浄土宗で初の国師号という。
11 良秀僧尋
12 良尊勝縁
13 阿縁(聖深)
14 玄周(南興寂然)
15 等胖(斉玄)
16 等珍僧海
17 良玉(僧禿)
18 等サク(白+責)(皎月)
19 良真(如月)
20 玄照(暉玉)
21 玄珍(瑞鳳)
22 秀馨 英蓮社 善誉
23 良周 天蓮社 満誉
24 良元 明蓮社 淳誉
25 等俊 念蓮社 戒誉
26 寿光 仏蓮社 願誉
27 荀才 任蓮社 風誉
28 三休法光 息蓮社(満蓮社) 閑誉(定誉)
29 大拙 保蓮社 全誉
30 亮叡 閣蓮社 麟誉
31 良休 心蓮社 龍誉(専誉)
32 道残源立 ?-1593 然蓮社 良智
33 休岸 三蓮社 縁誉(潮誉)
34 良安 謙蓮社 恭誉(信誉)
35 良久 智蓮社(心蓮社) 賢誉(休誉)
36 良光牛越 雲蓮社 台誉
37 良随純応 法蓮社 善誉(音誉)
38 良覚宗吟 了蓮社(大蓮社) 性誉(皓誉)
39 良道 信蓮社(恩蓮社) 原誉(報誉)
40 良阿 円蓮社 信誉
41 良聖 教蓮社 法誉
42 良存 隆蓮社 永誉
43 良故 心蓮社 単誉
44 義天 源蓮社 高誉
45 雲龍 晃蓮社 天誉
46 恢龍照水 勝蓮社 超誉
47 了秀至真 憲蓮社 章誉
48 哲冏 登蓮社 龍誉
49 秋白朗然 浄蓮社 厳誉 観阿
50 顕照(担梁) 体蓮社 浄誉
51 貞俊 本蓮社 誓誉
52 良義 宮蓮社 商誉
53 碩巌仏寿 称蓮社 法誉 専阿
54 知覚 法蓮社(乗蓮社) 蓮誉(運誉)
55 聖道 信蓮社 仰誉
56 知音 正蓮社 忍誉
57 貞道 正蓮社 契誉
58 徳定 然蓮社 昭誉
59 龍応 天蓮社 観誉
60 舜了 温蓮社(明蓮社) 沢誉
61 賢従 慶蓮社 延誉 江戸時代最後
62 貞也徳龍 享蓮社 元誉 善阿
63 吉水祥真(守口) 感蓮社 徴誉 関阿
64 堀尾貫務 1828-1921 綜蓮社 安誉 住阿 のち知恩寺法主、増上寺法主
65 神谷大周(普該) 1841-1920 円蓮社 斉誉 聖阿
66 吉水良祐(自在) 1892- 仁蓮社 民誉 定阿
67 久保了寛(龍水) 1829-1898 信蓮社 厚誉 忠阿
68 山田弁承 正蓮社 念誉 観阿
69 吉水賢融 1843-1918 応蓮社 仏誉 心阿 宗務所執綱(現在の宗務総長に相当)。金戒光明寺61世。
70 獅子谷仏定 念誉
71 大野法音 暢誉
72 岩井智海 1863-1942 旭蓮社 願誉 無涯底阿 のち増上寺法主、知恩院門跡
加藤鏡心(光明) 1867-1941 清蓮社 浄誉 大阿
74 六花真哉 1876-1944
75 椎尾弁匡 1876-1971
76 石橋誡道 1878-1965 1945-1965 清浄華院76世。浄土律僧。愛知県碧南市出身。1878年(明治11年)2月24日生。1888年(明治21年)西山派の光用寺で出家。のち貞照院に転属。1906年(明治39年)浄土宗大学高等正科卒。1909年(明治42年)宗教大学研究科卒。1942年(昭和17年)仏教専門学校校長。1945年(昭和20年)清浄華院法主に就任。1965年(昭和40年)1月5日死去。
77 長谷川善務 1890-1974 1965-1974 清浄華院77世。自坊は富山西願寺。1890年(明治23年)9月13日生。西願寺で出家。1917年(大正6年)増上寺で両脈相承。1918年(大正7年)宗教大学本科を中退し帰山。1932年(昭和7年)西願寺住職。1965年(昭和40年)清浄華院法主。1974年(昭和49年)10月15日死去。
78 高畠寛我 1889-1981 1974-1980 浄土門主。知恩院84世。清浄華院78世。仏教大学学長。自坊は岸和田西福寺。大阪府出身。1889年(明治22年)10月19日生。京都帝国大学文学部で学ぶ。1924年(大正13年)仏教専門学校講授。フランス留学。1949年(昭和24年)仏教大学教授。翌年3月から1956年(昭和31年)3月まで仏教大学学長。1974年(昭和49年)12月、清浄華院法主。1980年(昭和55年)1月、浄土門主・知恩院住職。1981年(昭和56年)12月17日死去。
79 江藤澄賢 1912-1999 1980-1999 清浄華院79世。自坊は京都定信院。1912年(大正1年)3月19日生。知恩寺68世の土川善澂の子。1935年(昭和10年)大正大学仏教学科卒。定信院住職、福井正覚寺住職、仏教大学教授、宗派宗議会議員を歴任。1965年(昭和40年)から1969年(昭和44年)まで清浄華院執事長。1976年(昭和51年)清浄華院執事長に再任、1980年(昭和55年)清浄華院法主に就任。1999年(平成11年)11月5日死去。87歳。
80 大田秀三 1922-2007 2000-2007 宗務総長。
81 伊藤唯真 1931- ?-2010 知恩院門跡・浄土門主に転任。
82 真野龍海 1922-2019 2010-2017 清浄華院82世。自坊は増上寺天光院。滋賀院東近江市の西蓮寺の出身。1922年(大正11年)3月17日生。1944年(昭和19年)大正大学仏教学部聖語学科卒。1963年(昭和38年)天光院住職・威徳院兼務住職。1971年(昭和46年)大正大学教授。1981年(昭和56年)大正大学仏教学部長。同年、大正大学綜合仏教研究所所長。1983年(昭和58年)増上寺教監。1988年(昭和63年)大正大学学長。1992年(平成4年)芝学園理事長。1993年(平成5年)岳蓮社兼務住職。1995年(平成7年)知恩院顧問。2000年(平成12年)宗派勧学院勧学。2007年(平成19年)勧学職。2010年(平成22年)12月、清浄華院法主。2017年(平成29年)12月27日、異例の退任。終身が慣例だが、宗派が続投を認めなかった。2019年(令和1年)9月9日死去。97歳。
  • 「清浄華院誌要」

執事長

  • 鈴木教信()<1925-1933>:自坊は左京生蓮寺?。1925年(大正14年)就任。1933年(昭和8年)退任。
  • 高根慶成()<1933->:自坊は伏見摂取院。1933年(昭和8年)就任。
  • 江藤澄賢(1912-1999)<1965-1969>:清浄華院79世。1965年(昭和40年)清浄華院執事長。1969年(昭和44年)退任。1976年(昭和51年)再任。1980年(昭和55年)清浄華院法主就任。
  • 江藤澄賢(1912-1999)<1976-1980>:再任。
  • 蓮見昌之()<2004-2007>:自坊は甲賀大徳寺。2004年(平成16年)6月就任。2007年(平成19年)6月30日退任。
  • 吉川文雄()<2007->:自坊は敦賀善妙寺。2007年(平成19年)7月1日就任。

画像


資料

史料・資料集・図録など

  • 「本山浄華院霊宝之目録」
  • 良秀1459『浄花院霊宝縁起』
  • 「清浄華院御影堂平面図」[1]
  • 「清浄華院御影堂立面図」[2]
  • 『清浄華院誌要』[3]
  • 『古事類苑』「清浄華院」[4]
  • 水野恭一郎・中井真孝編1980『京都浄土宗寺院文書』
  • 2008『清浄華院の名宝―学術調査中間報告』佛教大学宗教文化ミュージアム
  • 2008『清浄華院―中世京都の動乱と平和―浄土宗大本山―2008年度秋季特別展―京都非公開寺院文化財特別公開』佛教大学宗教文化ミュージアム
  • 2011『大本山清浄華院の美術工芸』佛教大学宗教文化ミュージアム
  • 清浄華院史料編纂室2011『清浄華院―その歴史と遺宝法然上人八百年大遠忌記念』

論文など

  • 1900『清浄華院―御由緒略記』
  • 鷲尾順敬1908「浄華院及び開山向阿上人」『歴史地理』12-5
  • 1909「浄華院の剏立問題」『歴史地理』14-5
  • 伊藤祐晃1921「浄華院の開創に就て」『摩訶衍』2-2
  • 伊藤祐晃1937「清浄華院草創考」『浄土宗史の研究―乾』伊藤祐晃師遺稿刊行会
  • 渡邊一1934「泣不動縁起絵巻」[5]
  • 石橋誠道1952「清浄華院蔵古文書考証数件」『東洋学論叢』
  • 中井真孝1976「中世の浄土宗について」『仏教文化研究』22
  • 中野正明1981「中世浄土宗寺院の展開―越前西福寺と京都浄華院との関係について」『日本仏教史学』16
  • 中野正明2001「中世浄華院史の一考察」『仏教文化の基調と展開―石上善應教授古稀記念論文集第2巻』山喜房佛書林
  • 中野正明2002「中世の浄華院と金戒光明寺」『日本仏教の形成と展開』法藏館
  • 中野正明2003「中世の浄華院と金戒光明寺―特に霊宝類の変遷をめぐる諸問題」『インド文化と仏教思想の基調と展開―佐藤良純教授古稀記念論文集』山喜房佛書林
  • 中野正明2004「中世末期浄華院と金戒光明寺の本末争いについて」『東洋の歴史と文化―佐藤成順博士古稀記念論文集』山喜房佛書林
  • 中野正明2013「清浄華院所蔵『仏説阿弥陀経』紙背「清浄花院の由記」について」『仏法僧論集―福原隆善先生古稀記念論集』山喜房佛書林
  • 鈴木成正1982「浄華院等熈上人の香衣被着の綸旨の重要性」『大正史学』12
  • 鈴木成正1985「浄華院の発展について―特に等〓の活動を中心として」『三康文化研究所年報』18
  • 鈴木成正1987「浄華院の子院について」『鴨台史論』1
  • 鈴木成正1989「浄華院の子院無量寿院について―『建内記』を中心として」『鴨台史論』2
  • 中井真孝1984「隆寛作「法然上人伝」に関する若干の問題―特に浄華院と一枚起請文をめぐって」人文学論集18[6]
  • 福田行慈1985「浄華院秀馨について」『三康文化研究所年報』18
  • 宇高良哲1986「浄土宗京都浄華院成立年次考―特に新出の浄華院文書を中心に」『大正大学研究紀要―仏教学部・文学部』71
  • 野村恒道1988「源智の俗縁と浄華院」『仏教文化研究』33
  • 林淳1993「慶長十五年金戒光明寺独立についての覚書」『禅研究所紀要』21[7]
  • 近藤謙2010「清浄華院蔵伝「泣き不動」像とその周辺」[8]

脚注

http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%B8%85%E6%B5%84%E8%8F%AF%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール