ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

真宗大谷派城端別院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年12月18日 (火)

移動: 案内, 検索

真宗大谷派城端別院(しんしゅうおおたには・じょうはな・べついん)は、富山県南砺市にある真宗大谷派別院蓮如旧跡。寺号は善徳寺城端御坊?別格別院だった(大谷派寺院録)。

一覧

本願寺5代綽如の三男の周覚(玄真)の一族は北陸地方に教線を伸ばし、「北国一家衆」と呼ばれた。その一人で周覚の孫の蓮真(玄永)の下にその伝手を頼って蓮如が訪れた。これを機に文明8年(1476)加賀越中国境に創設された砂子坂道場(跡地に石碑)が起源とされる。蓮如を開山として蓮真を2代とする。法林寺(地名。南砺市法林寺)、山本(南砺市山本)(教念寺付近にあった)、福光(南砺市福光)(南砺市福光五宝町の支院知源寺の地)を経て永禄2年(1559)に城端に寺基を定めた。 6代空勝は、石山合戦で本願寺軍の教如を助けたことから、本願寺東西分立後は教如が立てた東本願寺に付いた。教如から蓮如御影を下賜された。江戸時代、越中・加賀・能登に末寺を多数持ち、瑞泉寺とともに越中頭寺となった。大谷家連枝や藩主前田家子息が入寺し、高い格式を誇った。

参考文献

  • 木場明志監修、2012『別院探訪』真宗大谷派宗務所出版部
http://shinden.boo.jp/wiki/%E7%9C%9F%E5%AE%97%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E6%B4%BE%E5%9F%8E%E7%AB%AF%E5%88%A5%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール