ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

専修寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年8月18日 (土)

移動: 案内, 検索

専修寺(せんじゅじ)は、三重県津市にある浄土真宗本山寺院真宗高田派本山高田門徒の根拠地。専修阿弥陀寺無量寿寺高田本山一身田専修寺。各地に別院がある。(参考:同名寺院専修寺 (同名)阿弥陀寺無量寿寺


目次

歴史

10代真慧(1459-1512)は、北陸や東海に布教。伊勢に拠点として無量寿寺を創建。後土御門天皇から綸旨、上人号公認。12代堯慧のころに本山の地位が確立したらしい。


伽藍

  • 御影堂
  • 如来堂:「証拠の如来」を祀る。阿弥陀堂
  • 御廟:親鸞の墓。歴代住職の墓もある。拝堂がある。
  • 納骨堂

子院

高田門徒を参照

組織

歴代住職

有栖川宮家近衛家と血縁関係が深い。常磐井男爵家。

世数 院号 生没年 在職年 略歴
1 親鸞 1173-1262 浄土真宗の開祖。
2 真仏 1209-1258 親鸞より早く死去。
3 顕智 1226-1310 出自不詳。伝説的な経歴を伝える。最初は比叡山の天台僧で賢順と称した。のち真仏に師事。親鸞にも面授を受ける。霊光院門跡伊勢・如来寺で姿を消した。
4 専空 1292-1343 1310-1343 真岡城主大内国行の三男。大内行弘。1310年(延慶3年)、住職就任。1343年(興国4年)12月18日死去。
5 定専 1317-1369 1343-1369 専空の次男。1317年(文保1年)8月生。1343年(興国4年)6月、住職就任。1358年(正平13年)、『自要集』。1369年(正平24年)7月11日死去。53歳。
6 空仏 1314-1380 1369-1380 専空の長男。定専の兄。1314年(正和3年)6月生。1369年(正平24年)1月、住職就任。1380年(天授6年)4月14日死去。67歳。
7 順証 1331-1390 1380-1390 専空の親族。大内証西の子。1331年(元弘1年)生。1380年(天授6年)4月住職就任。1390年(元中7年)6月16日死去。60歳。
8 定順 1389-1457 1390-1443 順証の子。1389年(元中6年)生。翌年6月、2歳で住職就任。1443年(嘉吉3年)退任。1457年(長禄1年)1月28日死去。69歳。
9 定顕 1416-1465 1443-1465 定順の子。1416年(応永23年)生。1443年(嘉吉3年)4月、住職就任。1793年(寛政5年)5月24日死去。49歳。
10 真慧 1434-1512 1465-1502? 専修寺中興。定顕の子。1434年(永享6年)生。1459年(長禄3年)、高田を離れ、諸国を巡る。1789年(寛政1年)、伊勢に入る。1793年(寛政5年)、一身田に滞在。同年5月に住職就任。翌年、寺地を伊勢に移したとされる。同年6月、延暦寺に赴く。1477年(文明9年)6月、後土御門天皇から住職綸旨。翌年3月、天皇の祈願所とする綸旨。1487年(長享1年)10月12日法印大僧都。1502年(文亀2年)8月、退任。1504年(永正1年)10月8日、規則を定める。1512年(永正9年)10月22日死去。79歳。天台宗西教寺中興の真盛と親しく真慧の墓は西教寺に設けられた。
真智喜雲院宮 1504-1585 1512-? 後柏原天皇皇子。1504年(永正1年)生。常盤井宮。1511年(永正8年)6月14日入室。翌年11月、後柏原天皇から綸旨。1513年(永正10年)、紫衣参内勅許。応真、堯慧と後継争いで敗れる。越前国に逃れ熊坂専修寺を創建。1585年(天正13年)7月4日死去。82歳。喜雲院宮。
11 応真 1490-1537 1502?-1537 真慧の子。1490年(延徳2年)生。1502年(文亀2年)、住職就任。8月27日、後柏原天皇から住職綸旨。1513年(永正10年)2月、再び同天皇から綸旨。翌年3月5日法眼。1516年(永正13年)11月3日、権少僧都。1521年(大永1年) 6月、天皇から3回目の綸旨。1522年(大永2年)12月6日大僧都。1529年(享禄2年)9月8日後奈良天皇から綸旨。1537年(天文6年)5月25日死去。48歳。京都別院を創建。1560年(永禄3年)、贈権僧正。
12 堯慧 光徳院 1527-1609 1537-1580 飛鳥井雅綱の三男。1527年(大永7年)生。1535年(天文4年)、将軍足利義晴の猶子として入室。1537年(天文6年) 5月23日、住職就任。1560年(永禄3年)権僧正。1574年(天正2年) 11月28日、門跡となる。1582年(天正10年)大僧正。1609年(慶長14年) 1月21日死去。83歳。光徳院。
13 堯真 超光院 1549-1619 1580-1619 堯慧の長男。1549年(天文18年)生。幼名は堯応。近衛前久の猶子。1562年(永禄5年)得度。1580年(天正8年)5月、正親町天皇の綸旨で住職就任。権僧正となる。1585年(天正13年)、正親町天皇から綸旨。1587年(天正15年)、後陽成天皇から綸旨。1589年(天正17年)8月、越前国を巡教。1611年(慶長16年)、後水尾天皇から綸旨。1619年(元和5年)9月20日死去。71歳。超光院。
14 堯秀 祥雲院 1582-1666 1619-1641 堯真の長男。近衛信尹の猶子。1582年(天正10年)生。1598年(慶長3年)得度。1619年(元和5年)、権僧正。同年住職就任。1638年(寛永15年)明正天皇から綸旨。1641年(寛永18年)大僧正。同年、堯朝に譲り退任。祥雲院と称す。しかし、堯朝の自害で、1646年(正保3年)、再び寺務を司る。1666年(寛文6年)12月19日死去。85歳。「報恩講御書」。
15 堯朝 光曜院 1615-1646 1641-1646 堯秀の長男。近衛信尋の猶子。1615年(元和1年)生。1629年(寛永6年)得度。1638年(寛永15年)、権僧正。1641年(寛永18年)、住職就任。親鸞真蹟を献上せよとの幕府の命令に抗議して、1646年(正保3年)8月22日、江戸唯念寺で自決。32歳。同寺に墓がある。光曜院浄慧。
堯秀 祥雲院 1582-1666 1646-1654 再住。
16 堯円 香光荘厳院 1641-1716 1654-1710 花山院定好の四子。1641年(寛永18年)生。1648年(慶安1年)2月25日、近衛尚嗣の猶子として入室。1654年(承応3年)2月28日得度。同年住職就任。1656年(明暦2年)10月24日、後西天皇から住職綸旨。1676年(延宝4年)11月3日、大僧正。1710年(宝永7年)11月、退任して香光荘厳院と称す。1716年(享保1年)7月27日死去。76歳。
17 円猷 歓喜心院宮 1694-1753 1710-1753 伏見宮貞致親王の王子。1694年(元禄7年)1月22日生。幼名は勝宮。1697年(元禄10年)10月15日入室。1708年(宝永5年)10月15日得度。1710年(宝永7年)11月23日住職就任。1728年(享保13年)8月一光三尊仏を初めて開扉し、翌年、本山で初めて開帳。1753年(宝暦3年)1月2日死去。60歳。歓喜心院宮。死去後しばらく内室の紫雲光院が寺務を司った。
18 円遵 無上上院宮 1746-1819 1758-1811 有栖川宮家の音仁親王の第一王子。1746年(延享3年)11月23日生。職仁親王の孫で、同親王の養子となり第五王子とされた。霊元天皇皇曾孫。初名は徳猷円智。1753年(宝暦3年)9月7日入室。1758年(宝暦8年)3月20日、得度。同年、住職就任。1778年(安永7年)後桃園天皇綸旨。勧学堂を興す。1811年(文化8年)3月、退任。無上上院宮。1819年(文政2年)10月22日死去。74歳。
19 円祥 真無量院宮 1788-1837 1811-1837 有栖川宮織仁親王の第三王子。1788年(天明8年)7月10日生。1785年(天明5年)2月23日(ママ)入室。1803年(享和3年)10月25日得度。1811年(文化8年)3月10日住職就任。同年10月光格天皇から綸旨。親鸞550年遠忌を勤める。1822年(文政5年)2月20日、法眼大僧都。翌年1月28日法印。10月4日僧正。1824年(文政7年)8月16日、大僧正。1837年(天保8年)11月21日死去。50歳。真無量院宮。漢詩を好んだ。
20 円禧 清浄楽院宮 1817-1861 1838-1861 円祥の子。有栖川宮韶仁親王の猶子。1817年(文化14年)1月17日生。1832年(天保3年)6月入室。1836年(天保7年)10月25日得度。1838年(天保9年)3月21日、仁孝天皇から住職綸旨。1844年(弘化1年)5月6日、法眼大僧都。1845年(弘化2年)2月16日法印。6月12日僧正。1861年(文久1年)3月、親鸞600年遠忌を勤める。同年5月8日死去。45歳。清浄楽院宮。
21 常磐井堯熙 1844-1919 1861-1913 近衛忠煕の子。有栖川宮幟仁親王の養子となり、第二王子とされる。幼名は規宮。1844年(弘化1年)12月27日生。1854年(安政1年)2月5日入室。1860年(万延1年)4月10日得度し円禔と称す。1861年(文久1年)9月22日、孝明天皇から住職綸旨。惑乱が起こり、決判して鎮める。1868年(明治1年)6月、法眼大僧都。1871年(明治4年)7月、寺領を返し、政府から家禄を与えられる。1872年(明治5年)3月7日、華族となる。1872年(明治5年)6月、教導職大教正。同年10月、家名を常磐井とし、名を堯熙と改めた。1873年(明治6年)2月、従五位。1875年(明治8年)、家禄を返還。1876年(明治9年)、東西本願寺と錦織寺と連合して一人の管長を置くが、5月22日、四派各派に管長を置くこととなり、真宗専修寺派管長となる。1881年(明治14年)、高田派と改称。1885年(明治18年)3月、門跡号復帰。1919年(大正8年)5月23日死去。76歳。
22 常磐井堯猷 1872-1951 1913-1951 近衛忠房の三男。1872年(明治5年)3月15日生。幼名は鶴松。1885年(明治18年)2月25日入室。1886年(明治19年)11月、英独に留学。シュトラスブルク大学でマックス・ミュラーに師事し、サンスクリット文学を学ぶ。1899年(明治32年)7月帰国。京都帝国大学教授。同年9月27日、伊勢神宮参拝。10月25日得度。堯猷と改名。1913年(大正2年)、住職就任。1919年(大正8年)男爵襲爵。1951年(昭和26年)1月27日死去。78歳。
23 常磐井堯祺 1905-1992 1951-1992 堯猷の第二子。京都帝国大学文学部卒。専精学舎を創設。
24 常磐井鸞猷 1932- 1995-2013 1932年(昭和7年)9月25日生。
25 常磐井慈祥 1959- 2013- 1959年(昭和34年)11月18日生。
  • 『専修寺史要』「専修寺ウェブサイト」などによる
  • 真智に関して『望月仏教大辞典』では歴代に数えているが、現在の専修寺では歴代と認めていないようだ
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%B0%82%E4%BF%AE%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール