ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

妙法院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年2月25日 (月)

移動: 案内, 検索

妙法院(みょうほういん)は、京都府京都市東山区にある、天台宗門跡寺院。本尊は普賢菩薩。元は比叡山にあった院の一つであるようだが、里坊のみが残り、本坊の創立や廃絶の過程は不詳。西塔本覚院に起源があるともいう。蓮華王院(三十三間堂)を管轄下に置く。京都・方広寺も管轄下にあった。院家として法住寺日厳院などがあった。天台宗延暦寺派門跡寺。鎮守は新日吉神宮三千院門跡青蓮院門跡と共に比叡山三門跡の一つ。法住寺に隣接して後白河天皇陵妙法院宮墓地がある。妙法院門跡新日吉門跡皇居門跡小坂殿

目次

伽藍など

院家

末寺

組織

住職

歴代 名前 生没年 在職年 備考
1 最澄 767-822 日本天台宗開祖。伝教大師。延暦寺浄土院に墓。
2 円仁 794-864 天台宗山門派開祖。慈覚大師。比叡山に墓。
3 恵亮 812-860 内供奉十禅師。西塔宝幢院検校。大楽大師。
4 常済 生没年不詳 西塔院院主。
5 延昌 880-964 天台座主。法性寺座主。慈念とも。
6 陽生 ?-990/993 天台座主。竹林院に住す。
7 教円 979-1047 天台座主。
8 勝範 996-1077 天台座主。
9 定慶
10 源暹 ?-1134年
11 相命
12 快実
13 快修 ?-1172 天台座主。日厳院を創建。この頃から妙法院と号したらしい。
14 後白河法皇
(行真)
1127-1192 『日本仏家人名辞書』にはなし。後白河天皇陵
15 昌雲 新日吉神社検校。門跡初代。1184年(元暦1年)頃死去。
16 実全 1140/1141-1221 天台座主。綾小路座主と呼ばれた。宝幢院検校。日吉社別当。
17 尊性法親王 1194-1239 天台座主。守貞親王(後高倉院)の第1王子。四天王寺別当。綾小路宮。
18 尊恵
19 俊円
20 尊守法親王 1209-1260 土御門天皇の第2皇子。高橋宮。
21 性恵法親王 生没年不詳 亀山天皇の皇子。綾小路宮。
22 尊教 生没年不詳 天台座主
23 性守 ?-1325 1325年(正中2年)5月21日死去。
24 尊澄法親王
宗良親王
1311-1385? 後醍醐天皇の皇子。天台座主。井伊谷宮祭神。宗良親王墓
25 亮性法親王 1318-1363 後伏見天皇の第9皇子。日厳院住職4世。天台座主。
26 亮仁法親王 1355-1370 後光厳天皇の第2皇子。『日本仏家人名辞書』にはなし。
27 尭仁法親王 1363-1430 後光厳天皇の第7皇子。天台座主。四天王寺別当。
28 尭性法親王 1371-1388 後光厳天皇の皇子。自殺。
29 明仁法親王 木寺宮出身。
30 教覚 生没年不詳 天台座主。
31 覚胤法親王 1465-1541 伏見宮貞常親王の王子。日厳院住職10世。天台座主。
32 尭尊法親王 ?-1559 伏見宮貞敦親王の王子。天台座主。
33 常胤法親王 1548-1621 伏見宮邦輔親王の第5王子。天台座主。京都・方広寺別当。妙法院宮墓地
34 尭然法親王 1602-1661 後陽成天皇の第6皇子。天台座主。妙法院宮墓地。
35 尭恕法親王 1640-1695 後水尾天皇の第10皇子。天台座主。妙法院宮墓地。
36 尭延法親王 1676-1718 霊元天皇の皇子。天台座主。妙法院宮墓地。
37 尭恭法親王 1717-1764 霊元天皇の第18皇子。天台座主。妙法院宮墓地。
38 真仁法親王 1768-1805 閑院宮典仁親王の第10王子。天台座主。妙法院宮墓地。
39 教仁法親王 1819-1851 閑院宮孝仁親王の王子。天台座主。妙法院宮墓地。
40 伏見宮貞愛親王 1858-1923 伏見宮邦家親王の第14王子。還俗。
41 大仏天祐
42 藤本道盈 1807-1885 1873- 1807年(文化4年)生。恵心院正覚院を歴任。1871年(明治4年)5月18日、金峰山寺学頭20世(末代)。1873年(明治6年)妙法院門跡門主42世。1885年(明治18年)死去。
43 村田寂順 1838-1905 天台座主238世。出雲出身。1838年(天保9年)7月26日生。鰐淵寺住職として神仏分離に対処。三千院門跡門主53世。妙法院門跡門主43世。1881年(明治14年)善光寺大勧進住職89世を兼務。1886年(明治19年)天台座主代理。1896年(明治29年)天台座主。大菩提会会長。1905年(明治38年)10月29日、京都・方広寺で死去。68歳。
44 薗光轍 1846?-1923 自坊は寛永寺等覚院。1923年(大正12年)死去。
45 梅谷孝永 1863-1945 天台座主247世。福井県鯖江市出身。田中九平の子。梅谷孝成の弟子となる。蓮成院、比叡山竹林院を歴住して三千院門跡55世、妙法院門跡45世となる。(「さばえの偉人一覧表」[1]
46 壬生雄舜 1877-1950 1877年(明治10年)生。旧姓は中鉢。川越喜多院住職。浅草寺執事。1950年(昭和25年)死去。
47 三崎良泉 1892-1976 1947- 福井県足羽郡河和田村出身。1892年(明治25年)生。1918年(大正7年)埼玉吉祥寺を復興。天台宗宗務総長。1941年(昭和16年)9月5日、金峰山寺住職。1947年(昭和22年)9月10日、妙法院門跡47世に晋山。宗機顧問。1963年(昭和38年)仏教クラブ初代会長。1976年(昭和51年)死去。大無礙光院。
48
49 福井康順 1898-1991 1984- 東洋思想の研究者。長野県出身。旧姓は高橋。明治31年(1898)4月27日生。1910年(明治43年)得度。早稲田大学文学部哲学科卒。同大学院修了。1924年(大正13年)輪王寺唯心院住職。大正大学教授、早稲田大学教授。1972年(昭和47年)大正大学学長。日本道教学会会長。1984年(昭和59年)、妙法院門跡門主49世。平成3年(1991)1月21日死去。92歳。著書多数。
50 大久保良順 1915-2010 1992-2002 自坊は天王寺。1915年(大正4年)生。大正大学学長。1992年(平成4年)妙法院門跡門主50世に就任。2002年(平成14年)退任。平成22年(2010)10月28日死去。95歳。
51 菅原信海 1925-2018 2003-2017 自坊は輪王寺照尊院。1925年(大正14年)生。早稲田大学第一文学部卒。1972年(昭和47年)早稲田大学教授。2001年(平成13年)戸津説法説法師。2003年(平成15年)妙法院門跡門主51世に就任。平成29年(2017)9月1日退任。東洋哲学会会長。天台宗勧学院院長。京都古文化保存協会理事長。平成30年(2018)2月11日死去。92歳。著書多数。
52 杉谷義純 1942- 2017- 1942年(昭和17年)生。寛永寺円珠院の出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒。大正大学大学院修了。寛永寺執事。宗議会議員。1993年(平成5年)宗務総長。大正大学理事長。平成25年(2013)戸津説法の説法師を務める。平成29年(2017)9月2日、妙法院門跡門主52世に就任(任期7年間)。著書多数。

(『日本仏家人名辞書』は光轍まで。望月信亨『仏教大辞典 付録』)


  • 「妙法院門跡相承次第」『続群書類従』96[2]
  • 「妙法院相承次第」『諸門跡承伝系図』[3]
  • 「諸門跡伝―円融坊・青蓮院・妙法院」『華頂要略』141[4]
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%A6%99%E6%B3%95%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール