ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

門跡寺院

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年2月25日 (月)

移動: 案内, 検索

目次

概要

門跡(もんぜき)は、皇族や貴族が住職を務める、国家的に重要な地位が認められた寺院。

付属する寺院を院家と言った。

歴史

古代

中世

近世

近代

門跡寺院一覧

近世近代

  • 凡例
    • 順序は仮のものである。ただし尼門跡は『国史大辞典』に基づき、近世の順序で1~15まで並んでいる。
    • 「名称」は現在名に基づく。
    • 「宗派」は近世近代のもの。
    • 「所在地」は現在地。
    • 「家名」は、明治期に門跡当主が皇族・華族として一家を建てたときの家名である。
  • 備考
    • 輪王寺は同一の門跡が、日光と上野の両寺(あるいは滋賀院も)を務めたが、明治以降はそれぞれ独立の寺院となったので、二つの称号が認められた。なお現在、日光山は「輪王寺」を称しているが、江戸時代は満願寺という名称であったらしい。
    • 滋賀院が門跡となったのは明治の制度による。比叡山延暦寺を代表してのことと思われる。『宗教制度調査資料』にも新たに門跡になった寺院として明記されている。ただし、江戸時代から門跡に準ずる存在であったと考えられ、『華頂要略』にも延暦寺門跡の一つとして輪王寺と同一の扱いで載せられている。
    • 照高院は山門派とされることが多いが、聖護院付属の門跡であり、寺門派であると考えられる。『華頂要略』にも三井寺門跡の一つとして記載されている。
    • 梶井門跡が三千院と称したのは明治以降のことである。
    • 円照寺は旧尼門跡であり、明治以降、通常であれば「御由緒寺院」になるところであるが、当時は女王が入寺していたので門跡寺院とされた。
    • 禅智院は中世には尼門跡であったが、江戸時代には御所とは呼ばれたものの尼門跡ではなかった。『宗教制度調査資料』でも「旧御比丘尼御所にあらざるもの」に分類されている。
    • 泉涌寺は門跡ではないが、元尼門跡寺院とともに御由緒寺院になったので、一緒に掲げた。
    • 門跡関係の諸資料には記載がないが、1860年(万延1年)、誠照寺が准門跡になったという(『日本仏教基礎講座』)。

門跡

近世・近代の門跡寺院
名称 通称 宗派 所在地 近世 近代 門跡沿革 寺領 家名
輪王寺 天台宗(山門派) 東京都台東区 宮門跡 門跡寺院 明治18年12月9日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。  
輪王寺 日光宮・日光門跡・嘉輪良御殿 天台宗(山門派) 栃木県日光市 宮門跡 門跡寺院 明治18年12月9日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 13000
仁和寺 御室門跡・御室御所・御室宮 真言宗 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治18年5月6日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 1502 仁和寺宮・東伏見宮・小松宮(侯爵小松)
大覚寺 嵯峨御所・嵯峨院・嵯峨殿 真言宗 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治18年4月30日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 1016
妙法院 新日吉門跡・広福御殿 天台宗(山門派) 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治18年5月6日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 1633
聖護院 森御殿 天台宗(寺門派) 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治18年5月6日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 1430 聖護院宮
照高院 白川御殿 天台宗(寺門派) 京都府京都市 宮門跡 (廃絶) 北白川宮の東京移住に際し、廃絶。 1000 照高院宮・北白川宮(北白川)
青蓮院 粟田御所 天台宗(山門派) 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治18年4月30日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 1332 中川宮・賀陽宮・久邇宮(久邇)
知恩院 華頂御殿 浄土宗 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治19年1月11日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 1080 知恩院宮・華頂宮(侯爵華頂)
勧修寺 山階門跡・東山科御殿 真言宗 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治18年4月30日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 1012 山階宮(侯爵山階・侯爵筑波・伯爵鹿島・伯爵葛城)
三千院 梶井殿・梶井門跡・梨本門跡・円融院門跡・常盤井 天台宗(山門派) 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治18年4月30日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。三千院と称すのは近代以降。 1064 梶井宮・梨本宮(梨本)
曼殊院 竹内門跡・竹内御所・北野御所 天台宗(山門派) 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治18年4月30日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 727
毘沙門堂 山科御殿 天台宗(山門派) 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治18年5月6日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 1070
円満院 三井殿・平等院 天台宗(寺門派) 滋賀県大津市 宮門跡 門跡寺院 明治18年5月6日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 619
滋賀院 天台宗(山門派) 滋賀県大津市 <門跡ではない> 門跡寺院 明治18年5月6日に新たに門跡号を許可される(『皇室と寺院』241 『皇室と寺院』245には明治23年4月17日ともある。)。  
三宝院 三園御殿 真言宗 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治18年4月30日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 650(寺3998)
大乗院 飛鳥御殿 法相宗 奈良県奈良市 宮門跡 (廃絶) 明治初期に廃絶したため、復旧しなかった。 914 男爵松園家
一乗院 橘御殿 法相宗 奈良県奈良市 宮門跡 (廃絶) 明治初期に廃絶したため、復旧しなかった。 1492 男爵水谷川家
実相院 石座御殿・岩倉法殿・石座法殿 天台宗(寺門派) 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治18年4月30日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 612
随心院 小野門跡・万御殿 真言宗 京都府京都市 宮門跡 門跡寺院 明治18年5月6日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 612 男爵鶴殿家
蓮華光院 安井門跡・小川門跡・高倉御殿 真言宗 京都府京都市 准門跡 (廃絶) 明治初期に廃絶したため、復旧しなかった。 300
本願寺 西六条・涼風御殿 浄土真宗 京都府京都市 准門跡 門跡寺院 明治18年3月24日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 300 伯爵大谷家
東本願寺 東六条・光徳御殿 浄土真宗 京都府京都市 准門跡 門跡寺院 明治18年3月24日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。戦後、寺院としては廃絶。   伯爵大谷家
興正寺 汁谷御殿 浄土真宗 京都府京都市 准門跡 門跡寺院 明治18年7月4日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 150 男爵華園家
仏光寺 仏法殿 浄土真宗 京都府京都市 准門跡 門跡寺院 明治18年3月30日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 6 男爵渋谷家
専修寺 一身田御殿 浄土真宗 三重県津市 准門跡 門跡寺院 明治18年3月24日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 350 男爵常磐井家
錦織寺 木部御殿 浄土真宗 滋賀県野洲市 准門跡 門跡寺院 明治18年5月19日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。 20 男爵木辺家

尼門跡

尼五山も参照。

近世・近代の尼門跡寺院・御由緒寺院
名称 通称 宗派 所在地 近世 近代 門跡沿革 寺領 還俗
1 大聖寺 御寺御所 臨済宗 京都府京都市 宮室 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 452
2 宝鏡寺 百々御所 臨済宗 京都府京都市上京区 宮室 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 387
3 曇華院 竹御所 臨済宗 京都府京都市右京区 宮室 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 684
4 光照院 常盤御所 四宗兼学⇒浄土宗 京都府京都市上京区 宮室 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 328
5 霊鑑寺 谷御殿 臨済宗 京都府京都市左京区 宮室 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 120
6 円照寺 山村御所 臨済宗 奈良県奈良市 宮室 門跡寺院 明治21年12月19日に門跡号復旧を許可される(『皇室と寺院』241)。ほかの旧尼門跡寺院が、「御由緒寺院」として認められたのに対し、ここのみは「門跡寺院」として許可された。 300
7 林丘寺 音羽御所 臨済宗 京都府京都市左京区 宮室 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 300
8 中宮寺 斑鳩御所 真言律宗 奈良県生駒郡斑鳩町 宮室 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 46
9 慈受院 烏丸御所 臨済宗 京都府京都市上京区 禅室 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 98
10 三時知恩寺 入江御所 浄土宗 京都府京都市上京区 禅室 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 149
11 法華寺 氷室御所 律宗 奈良県奈良市 禅室 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 220
12 瑞龍寺 村雲御所 日蓮宗 滋賀県近江八幡市 禅室 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 500
13 総持院 薄雲御所 臨済宗 京都府京都市上京区 禅室 宝暦年間に加わる。慈受院に合併。明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 74
14 宝慈院 千代御所 臨済宗 京都府京都市上京区 禅室 御由緒寺院 宝暦年間に加わる。明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 61
15 本光院 蔵人御所・築地御所 天台宗 京都府京都市上京区 禅室 御由緒寺院 宝暦年間に加わる。明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 20
禅智院 (高島尼御所) 臨済宗 滋賀県高島市 <門跡ではない> 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。 120
泉涌寺 真言宗 京都府京都市東山区 <門跡ではない> 御由緒寺院 明治21年に「御由緒寺院」として門跡寺院同様の待遇となった(『皇室と寺院』)。  

古代中世の門跡

『華頂要略』では近世までに廃絶した門跡として上乗院、安祥寺、禅林寺、東南院、十楽院、妙香院、本覚院、浄土寺、檀那院、実乗院、平等院、法住寺、常住院、如意寺を挙げる。

古代中世の尼門跡

院家寺院

その他

史料・文献

  • 『皇室と寺院』
  • 『宗教制度調査資料』
  • 『国史大辞典』
  • 『雲上明覧大全』


  • 「諸門跡伝―真言―仁和寺・大覚寺・勧修寺・三宝院・随心院・蓮華光院、附報恩院・理性院・金剛王院・無量寿院」『華頂要略』140[1]
  • 「諸門跡伝―円融坊・青蓮院・妙法院」『華頂要略』141[2]
  • 「諸門跡伝―毘沙門堂・曼殊院・滋賀院」『華頂要略』142[3]
  • 「諸門跡伝―円満院・聖護院・実相院・照高院」『華頂要略』143[4]
  • 「諸門跡伝―一乗院・大乗院、附知恩院・比丘尼寺」『華頂要略』144[5]
  • 「諸門跡伝―中絶―上乗院・安祥寺・禅林寺・東南院・喜多院・十楽院・妙香院・本覚院・浄土寺・檀那院・実乗院・平等院・法住寺・常住院・如意寺」『華頂要略』145[6][[7]


未見

  • 大塚実忠編1967~1969「史料紹介 比丘尼御所歴代1~4」(『日本仏教』26-28、31)

脚注

http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%96%80%E8%B7%A1%E5%AF%BA%E9%99%A2」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール