ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

泉涌寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年12月1日 (日)

移動: 案内, 検索

泉涌寺(せんにゅうじ)は、京都府京都市東山区にある、皇室ゆかりの本山寺院。皇室菩提寺の代表格で、多くの天皇を葬った泉山陵墓地がある。起源は諸説あるが、天台僧の俊芿が中興して以降、天台・密教・律・禅・浄土の道場として栄えた。北京律の拠点であり、かつては宋風浄土教の拠点でもあった。東寺大勧進も兼ねた。舎利信仰も盛んだった。関東祈祷所。現在は真言宗泉涌寺派の総本山である。門跡寺院ではないが、近代にはそれに準ずるものとして尼門跡相当である御由緒寺院とされた。御寺。月輪山。泉山。 泉涌寺関連旧跡も参照。

組織

住職

長老

  • 1俊芿(1166-1227):律宗泉涌寺流の開祖。泉涌寺開山。月輪大師、大興正法国師。
  • 2心海(生没年不詳):俊芿の弟子。四天王寺勝鬘院に住する。
  • 3定舜(?-1244):俊芿の弟子。海龍王寺叡尊や覚盛らに律を講義する。南都の戒律復興運動に影響を与えると共に、泉涌寺と唐招提寺西大寺の関係を深くした。(『国史大辞典』)
  • 4月翁智鏡(生没年不詳):俊芿、定舜の弟子。入宋して蘭渓道隆と親交を結び、来日を勧めた。泉涌寺来迎院に住した。浄土教に関心を寄せた。証空と討議したという。明観とも。
  • 5思允
  • 6憲静(?-1295):願行房。高野山宝寿院や鎌倉理智光寺大楽寺鎌倉・安養院を創建。相模・大山寺を再建。東寺大勧進職となり、東寺を復興。
  • 7覚阿
  • 8兀兀知元:智元とも。弟子に如導派を開いた如導がいる。
  • 9大燈源智:覚園寺2世。
  • 10全信
  • 11智山
  • 12思淳
  • 13玄勇
  • 14全皎
  • 15知一
  • 16曇喜
  • 17教基
  • 18仙超
  • 19全甫
  • 20拙叟全珍
  • 21竹巌聖皐(1324−1402):拙叟全珍の弟子。龍華院、雲龍院を開く。
  • 22信〓
  • 23宗皇
  • 24教〓
  • 25聖券
  • 26全俊
  • 27基晏
  • 28聖瑩
  • 29虚庵聖序
  • 30徳海教信
  • 31全安
  • 32聖汎
  • 33良友
  • 34久翁聖永
  • 35善瑩
  • 36祚尚
  • 37全威
  • 38聞勝
  • 39明範
  • 40聖什
  • 41聖授
  • 42一翁信契(生没年不詳)
  • 43聖安
  • 44信洪
  • 45松岳舜〓(?-1491):〓は「示帝」
  • 46〓安
  • 47性堂教見(1405-1496)
  • 48春嶽全長(?-1491)
  • 49友雲聖憺(?-1497)
  • 50悦岩宣沢(?-1489)
  • 51雄峰聖英(?-1517):自坊は繁多寺。如導派の僧。
  • 52仁甫善悌(生没年不詳):如導派の僧。
  • 53先白善叙(1437-1510):三条西実隆と親交。1年前後の任期が慣例となっていた中、12年にわたり長老を務め、皇室との関係強化と如導派の駆逐に尽力した。(『中世後期泉涌寺の研究』)
  • 54明叟聖鏡(1453-1520):善叙の弟子。
  • 55明江珠顕:頼忠ともいう。今川義忠の弟。遍照光寺から晋山。慶寿寺(静岡県島田市)を創建。
  • 56昭菴恵鑑:遍照光寺から晋山。
  • 57定覚
  • 58松峰
  • 59教因
  • 60玉宝
  • 61徳海
  • 62宣静
  • 63聖見
  • 64喜渓長悦(-1548):
  • 65照範
  • 66英範
  • 67明甫聖讃(-1552):
  • 68聖厳
  • 69象耳泉奘(1518-1588):唐招提寺長老。今川義元の兄。遍照光寺から晋山。(略歴は、唐招提寺#組織を参照)
  • 70長円
  • 71長性
  • 72紹意
  • 73長海
  • 74明韶
  • 75照珍(1555-1628):唐招提寺長老。法金剛院住職。(略歴は、唐招提寺#組織を参照)
  • 76玉雅
  • 77玉秀
  • 78元昶
  • 79覚宥
  • 80正専如周(1594-1647):
  • 81宣亮
  • 82照岳
  • 83照周
  • 84元統
  • 85円巌玉周(生没年不詳): 唐招提寺長老。
  • 86周堅
  • 87正瑞
  • 88元允
  • 89韶興
  • 90元恭
  • 91千紅
  • 92覚明
  • 93一如
  • 94照山恵晃(1656-1737):唐招提寺長老。(略歴は、唐招提寺#組織を参照)
  • 95宗恕祖元
  • 96稽叔
  • 97義通
  • 98恒鑑
  • 99元珉
  • 100戒〓
  • 101心敞
  • 102高旭
  • 103大千照洲:唐招提寺長老。玉周に師事。
  • 104元珍
  • 105弁什
  • 106義諦
  • 107竺盈
  • 108義林
  • 109正周
  • 110高賢
  • 111義敬
  • 112本従
  • 113元祐
  • 114元一
  • 115元諦
  • 116顕粛
  • 117忍随
  • 118本随
  • 119龍照
  • 120玉豊
  • 121了諦
  • 122宜応
  • 123覚如
  • 124海充
  • 125真浄
  • 126正成
  • 127周光
  • 128妙道
  • 129如実
  • 130正堅
  • 131元継
  • 132思欽
  • 133実然
  • 134良応
  • 135実成
  • 136存肇
  • 137妙敬
  • 138密乗
  • 139覚順
  • 140完愚
  • 141承整
  • 142義遵
  • 143佐伯旭雅(1828-1891):のち随心院門跡
  • 144義潭()<>:鼎龍暁。勧修寺長吏。東寺長者。
  • 145佐伯法遵(-1912)<>:随心院門跡。
  • 146泉智等(1849-1928)<1908-1923>:1900年(明治33年)、仁和寺門跡。1908年(明治41年)泉涌寺長老。1923年(大正12年)金剛峰寺座主。
  • (事務取扱)椋本龍海(1869-1950)
  • 147法性宥鑁(1860-1929)<1924-1926>:越後出身。高野山遍光院住職。1924年(大正13年)泉涌寺長老。1929年(昭和4年)11月10日死去。
  • 148椋本龍海(1869-1950)<1926->:徳島県出身。明治2年8月5日生。旧姓は樫野。真言宗古義大学林卒。哲学館卒業。雲竜院釈玄猷に師事。1894年(明治27年)日清戦争に従軍布教師として参加。新善光寺住職。1926年(昭和1年)泉涌寺長老。1950年(昭和25年)1月16日死去。
  • 149(加歴)釈玄猷()<>:
  • 150平野龍法()<>:
  • 151小松道円(1908-1993)<>:
  • 小林海暢()<1991-1996>:浄土寺住職。1991年(平成3年)泉涌寺長老就任。
  • 川村俊朝(1927-2017)<1996-2006>:法音院住職。1996年(平成8年)泉涌寺長老に就任。2017年9月24日死去。
  • 上村貞郎(1938-)<2006->:東向観音寺住職。
http://shinden.boo.jp/wiki/%E6%B3%89%E6%B6%8C%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール