ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

薬師寺

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年11月21日 (水)

移動: 案内, 検索

薬師寺(やくしじ)は、奈良県奈良市にある南都仏教本山寺院薬師信仰の代表的寺院。法相宗大本山。官寺七大寺・四大寺の一つで、僧尼を管轄する僧綱所が設置された。元は天武天皇藤原京に建てたが、平城京に移された。旧地にも本薬師寺が残された。東塔のみを残し、中世以来、伽藍の衰退が著しかったが、昭和戦後期に高田好胤が金堂再建を果たした。鎮守は、休ケ岡八幡宮薬師寺関連旧跡も参照。(参考薬師寺 (同名)


組織

住職(明治以前)

  • この表は松久保秀胤「法相宗・薬師寺」『日本仏教基礎講座 奈良仏教』に基づく。
  • 数字は「一応時代順に番号を付したにすぎない」としており、正式な世代数でなく、参考のためのものである。
  • 薬師寺には別当や権別当などの役職があったが、職掌や組織ははっきりしない。
  • 薬師寺別当は尋憲を最後に廃絶し、以後は塔頭寺院が「年番預かり」として住職の役割を果たした。
職名 名前 生没年 宗派系統 備考
1 祚蓮 生没年不詳 法相宗 その他
2 道昭 629-700 法相宗南寺伝 日本法相宗の開祖。法相宗初伝。元興寺で学び、入唐。玄奘に師事した。
3 智淵 法相宗 その他
4 道服 法相宗 その他
5 行基 668-749 法相宗南寺伝 奈良時代の高僧。東大寺四聖の一。
6 恵忠 生没年不詳 法相宗 その他
7 行達 法相宗南寺伝
8 戒明 生没年不詳 華厳宗 入唐。
9 別当 弘耀(弘曜) 生没年不詳 法相宗南寺伝
10 如宝 ?-815 律宗 唐招提寺長老4世。西域出身。鑑真と共に来日。
11 仲継 ?-843 法相宗南寺伝
12 慧達 796-878 法相宗南寺伝 薬師寺万燈会を創始。
13 別当 忠海 法相宗南寺伝
14 真慧 法相宗南寺伝
15 明哲 華厳宗
16 興照 法相宗南寺伝
17 壱演 803-867 真言宗 諡号は慈済(法名風諡の初例)。超昇寺座主。真如の弟子。山城相応寺を創建。
18 平智 法相宗義淵系
19 長朗 803-879 華厳宗
20 平勢 真言宗
21 薬仁 ?-874 律宗
22 義叡 813-892 真言宗
23 隆光 法相宗南寺伝
24 平仁 生没年不詳 華厳宗 東大寺の学僧。
25 由性 法相宗南寺伝 花山僧正遍昭の子。
26 常詮(常全) 天台宗
27 香揮 法相宗義淵系
28 栄紹(栄照) 法相宗義淵系 休ケ岡八幡宮を創建(『朝野群載』16)。
29 平海 法相宗 その他
30 善円(慈念) 法相宗南寺伝・華厳宗
31 別当 会〓(会孟) 法相宗義淵系 「会全」か。
32 別当 延誉 法相宗 その他
33 延湛 法相宗南寺伝
34 義聖 華厳宗
35 別当 太舜 法相宗義淵系
36 恩訓 法相宗南寺伝
37 別当 基維 法相宗 その他
38 権別当 常能 法相宗 その他
39 別当 済源 885-960 三論宗 念仏行者。『日本往生極楽記』に登場。
40 別当 玄〓 法相宗義淵系
41 安鏡 三論宗
42 蔵祚 法相宗南寺伝
43 別当 趁禅 法相宗南寺伝
44 別当 平超 三論宗 大安寺別当も兼ねる
45 禅閑 三論宗
46 別当 暦禅 法相宗南寺伝
47 別当 増祐(懐寿) ?-976 法相宗南寺伝・天台宗 元は延暦寺の僧侶。
48 別当 輔静 法相宗南寺伝 西大寺別当
49 別当 桓恩 法相宗南寺伝
50 別当 道静 律宗
51 別当 仁諶 法相宗南寺伝
52 別当 真円 法相宗南寺伝
53 別当 隆経 法相宗義淵系
54 隆禅 1038-1100 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺大乗院を創建。大安寺別当。
55 別当 行尊 法相宗 興福寺大乗院系 法勝寺別当。法成寺長吏。
56 小別当 静諶 法相宗南寺伝
57 権別当 頼諶 法相宗義淵系
58 別当 隆信 法相宗南寺伝
59 別当 円範 法相宗義淵系
60 別当 頼祐 法相宗義淵系
61 別当 覚晴 ?-1148 法相宗 その他 興福寺別当。法隆寺別当
62 別当 隆覚 1074-1158 法相宗南寺伝 興福寺別当。法華寺別当。通称は密厳院僧正。
63 別当 玄雅 法相宗義淵系
64 別当 定耀 法相宗南寺伝
65 別当 覚興 法相宗南寺伝
66 別当 行恵 法相宗義淵系
67 別当 範雅 法相宗南寺伝
68 蔵俊 1104-1180 法相宗 その他 元興寺別当。興福寺権別当。興福寺興善院を創建。
69 別当 弘雅(雅縁) 1138-1223 法相宗義淵系 興福寺別当。大和・大野寺磨崖仏を作る。
70 別当 円玄 ?-1250 法相宗義淵系 興福寺別当。
71 別当 親縁 生没年不詳 法相宗義淵系 興福寺別当。
72 別当 実性 生没年不詳 法相宗義淵系 興福寺別当。
73 別当 顕覚 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺別当?
74 尊信 1226-1283 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺別当。大乗院門跡。長谷寺別当。
75 別当 慈信 ?-1325 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺別当。大乗院門跡。
76 別当 尋覚 1282-1318 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺別当。大乗院門跡。
77 別当 覚尊 ?-1339 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺別当。大乗院門跡。
78 別当 孝覚 1319-1368 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺別当。大乗院門跡。長谷寺別当。橘寺別当。
79 別当 孝円 1378-1410 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺別当。大乗院門跡。長谷寺別当。橘寺別当。
80 別当 経覚 1395-1473 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺別当。大乗院門跡。通称は安位寺殿。将軍足利義教に追放される。
81 別当 尋尊 1430-1508 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺別当。大乗院門跡。長谷寺別当。一条兼良の子。
82 別当 政覚 1453-1494 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺別当。大乗院門跡。長谷寺別当。
83 別当 元雅 法相宗顕教
84 別当 経尋 1499-1526 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺別当。大乗院門跡。
85 別当 尋円 ?-1581 法相宗 興福寺大乗院系 興福寺別当。大乗院門跡。
86 別当 尋憲 1529-1585 法相宗 興福寺大乗院系 最後の薬師寺別当。興福寺別当。大乗院門跡。


上記にないもの

  • 隆雅:興福寺別当。
  • 松園尚嘉:興福寺別当。

住職(明治以後)

現在は管主(かんす)と称す。

  • 鹿園増忍:明治10年頃在職。
  • 西谷勝遍(-1899)<-1899>:
  • 秦行純(1834-1913)<1899-1901>:法隆寺を本務として兼務。
  • 佐伯定胤(1867-1952)<1901-1912>:法隆寺の僧。途中から法隆寺管主(本務)に就任。明治34年10月15日から大正5年まで薬師寺住職(法隆寺辞典。次項と矛盾)。
  • 橋本隆遍(-1920)<1912-1920>:大正元年6月、薬師寺住職就任(法隆寺年表)。
  • 佐伯定胤(再任)<1920-1939>:法隆寺を本務として兼務。大正9年から昭和14年6月1日まで薬師寺住職。
  • 橋本凝胤(1897-1978)<1939-1967>:橋本隆遍の養子。平群村福貴生まれ。実父は東繁松。明治30年4月28日生。37年法隆寺に入り、佐伯定胤に師事。宗教大学(大正大学)卒。在学中、筒井英俊と共に『寧楽』発行。また東京大学に聴講生として通い、高楠順次郎に学ぶ。大正12年、薬師寺に戻る。法隆寺勧学院に通い、佐伯定胤に唯識を学ぶ。昭和12年、竪義遂業。昭和14年、薬師寺住職、昭和16年、初めて管長に就任。東塔などを修理。奈良国立文化財研究所設立を提唱。徳川夢声との対談が有名。昭和41年、ブッダガヤに日本寺創建を発願し、宝篋印塔を建立。昭和53年3月25日死去。
  • 高田好胤(1924-1998)<1967-1998>:薬師寺中興。橋本凝胤に師事。東大寺橋本聖準の甥。
  • 松久保秀胤(1928-)<1998-2003>:橋本凝胤に師事。
  • 安田暎胤(1938-)<2003-2009>:岐阜県出身。昭和25年入寺。橋本凝胤に師事。龍谷大学卒。龍谷大学大学院修了。名古屋大学でアフガニスタン調査。昭和42年執事長宗務長。平成10年副住職。
  • 山田法胤(1940-)<2009-2016>:岐阜県出身。昭和31年、中学3年で薬師寺入寺。橋本凝胤に師事。戦跡巡拝。昭和46年執事。平成10年執事長。平成15年副住職。平成2年から喜光寺住職を兼務。
  • 村上太胤(1947-)<2016->:橋本凝胤に師事。
http://shinden.boo.jp/wiki/%E8%96%AC%E5%B8%AB%E5%AF%BA」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール