ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

皇室の祭祀

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年8月21日 (水)

皇室祭祀から転送)
移動: 案内, 検索

目次

概要

皇室の祭祀。宮家の祭祀も参照。

近代に整備された制度が多い。連合国軍最高司令官総司令部によるいわゆる神道指令(1945年(昭和20年)12月15日)、それを踏まえた日本国憲法(1947年(昭和22年)5月3日施行)が定める政教分離に基づき、法律的には廃止されたが、現在も天皇家の私的な信仰として大部分はそのまま存続している。現行の祭祀としては、神宮祭祀、宮中三殿の祭祀、勅祭社の祭祀、陵墓祭祀、旧官国幣社・旧指定護国神社臨時祭への奉幣、延暦寺東寺での勅会執行、一部社寺への香華料・幣帛料下賜が確認できる。

歴代天皇


主要皇族

神話時代

飛鳥時代

奈良時代

平安時代

  • 伊予親王(?-807):怨霊神。桓武天皇皇子。御霊神社祭神。治定伊予親王墓
  • 万多親王(788-830):学者。桓武天皇皇子。『新撰姓氏録』を編纂。墓所不明。
  • 有員親王(生没年不詳):伝説的な神職。桓武天皇皇子。諏訪大社大祝を務めた神(みわ)氏(諏訪家)の開祖という。ただし神氏は諏訪大神の子孫ともいう。治定外有員親王墓
  • 阿保親王(792-842):平城天皇皇子。治定阿保親王墓が菩提寺の親王寺の近くにある。阿保天神社在原神社などの祭神。
  • 真如法親王(799-865?):多くの寺を開いた真言宗の入唐僧。平城天皇皇子。空海の弟子。超昇寺開山。入唐にインドに向かうが、羅越国(シンガポール周辺)で虎に襲われて死去したという。俗名は高岳親王。マレーシアのジョホールバル日本人墓地に治定外真如親王塔がある。
  • 遍昭(遍照)(816-890):天台僧。円仁円珍に師事。桓武天皇皇孫で良岑安世の子。皇族ではないが、墓は皇族扱いを受けている。元慶寺開山。花山僧正、僧正遍昭。治定遍照墓
  • 恒寂入道親王(825-884):大覚寺開山の真言僧。淳和天皇皇子。俗名は恒貞親王。入道塚陵墓参考地が墓の伝承地。
  • 人康親王(831-872):仁明天皇皇子。盲人自治組織の当道座の祖とされる。雨夜尊(あまよのみこと)とも呼ばれる。山科徳林庵に供養塔がある。京都清聚庵や江戸一ツ目弁財天でも報恩法要の積塔会が行われていた。
  • 聖宝(832-909):醍醐寺東大寺東南院を開いた真言僧。葛声王の王子で、天智天皇6世孫という。俗名は恒蔭王。後世、修験道当山派の開祖とされる。諡号は理源大師。鳳閣寺に治定外聖宝墓。また沓塚陵墓参考地が墓の候補地。
  • 惟喬親王(844-897):木地師の開祖とされる文徳天皇の皇子。通称は小野宮。僧名は素覚。惟喬神社大皇器地祖神社など多くの奉斎神社がある。治定惟喬親王墓
  • 貞元親王(?-909):清和天皇の皇子。真田家の始祖とされ信濃・白鳥神社祭神。
  • 貞保親王(870-924):清和天皇の第四皇子。真田家の始祖とされ白鳥神社祭神。
  • 高望王(生没年不詳):桓武平氏の祖。平高望。桓武天皇の皇孫で葛原親王の王子。墓所不明。
  • 斉世親王(886-927):菅原道真の娘婿。仁和寺の僧。宇多天皇皇子。真寂法親王。墓所不明。北野天満宮内の地主神社の相殿に祀られている。
  • 光遠親王(生没年不詳):宗像大社初代大宮司。宇多天皇皇子。宗像清氏。
  • 経基王(?-961):清和源氏の祖先神となった武将。源経基。清和天皇の皇孫で、貞純親王の王子。通称は六孫王。六孫王神社に祀られ、現在も神社の背後に墓があるという。
  • 空也(903-972):日本の浄土教の先駆者となった僧。皇族の出ともいうが不詳。市聖、市聖人。六波羅蜜寺を創建。近くの西光寺に治定外空也墓がある。
  • 寛忠(906-977):真言僧。敦固親王の王子で宇多天皇皇孫。親王の子として初の僧綱となる。禅林寺住職。寛忠僧正。池上僧都。墓所不明。
  • 寛朝(916-998):成田山新勝寺を開いた真言僧。敦実親王の子で宇多天皇皇孫。真言宗広沢流の祖。遍照寺を創建。仁和寺別当。西寺別当。東寺長者。東大寺別当。東密声明の中興。広沢大僧正、遍照寺僧正、広沢御房。墓所不明。
  • 明観(953-1021):醍醐寺座主。佐忠王(醍醐天皇皇子)の王子。明観僧正。墓所不明。
  • 覚源(1000-1065):醍醐寺座主。花山天皇皇子。覚源僧正。通称は宮僧正。墓所不明。
  • 深観(1001?-1050):真言僧。花山天皇第4皇子。東大寺別当。東寺長者。金剛峰寺座主。深観僧都。坐禅院僧都。宮大僧都。
  • 性信法親王(1005-1085):真言僧。三条天皇皇子。仁和寺2世。空海の再来と呼ばれる。治定外性信法親王墓
  • 覚法法親王(1092-1153):真言僧。白河天皇皇子。仁和御流の祖。高野山総持院の裏山に治定覚法親王墓がある。
  • 聖恵法親王(1094-1137):真言僧。白河天皇皇子。華蔵院流の祖。仁和寺華蔵院に住す。長尾宮、華蔵院宮。 墓所不明。
  • 顕広王(1095-1180):神職。白川伯王家の祖。花山天皇の五世孫。王氏長者。神祇伯の世襲に道を開く。
  • 以仁王(1151-1180):治承寿永の乱を起こした政治家。後白河天皇の皇子。天台僧として出家するが後に還俗。1180年(治承4年)、源頼政に奉じられて平氏討伐の令旨を発令し、6年間に渡る源平合戦が始まる。最勝親王と自称。同年、山城国南部の光明山寺の近くで戦死。通称は三条宮、高倉宮。高倉神社祭神。治定以仁王墓
  • 頼威親王(生没年不詳):後白河天皇の第三皇子と伝える。雲上公(くものうえのこう)。雲上佐一郎。雲上佐市郎。河内神社祭神。三面川沿いに雲上公伝説が分布し、サケ漁と関連するとも。
  • 北陸宮(1165-1230):以仁王の王子。僧侶。諱は不明。以仁王の死後、出家して北陸に逃れるが、還俗して源義仲に奉じられる。木曽宮。富山県下新川郡朝日町に治定外北陸宮墓
  • 道尊(1175-1228):蓮華光院門跡を創建した真言僧。安井御流の祖。以仁王の王子。父の挙兵により出家させられた。東大寺別当、東寺長者、仁和寺別当。通称は安井宮御室、安井宮。墓所不明。

鎌倉時代

  • 覚仁親王(1198-1266):園城寺長吏。天台僧。後鳥羽天皇皇子。頼仁親王の兄。後嵯峨上皇熊野行幸の先達を務める。児島に移り、のち弟と共に五流尊瀧院を中興したとされる。桜井宮。 治定外覚仁親王墓
  • 頼仁親王(1201-1264):児島修験開祖・五流尊瀧院中興となった天台修験僧。後鳥羽天皇皇子。承久の乱に関わった罪で備前児島に流され、兄と共に五流尊瀧院を中興。現在まで親王の子孫の宮家家が歴代住職を務めているとされている。冷泉宮、児島宮。治定頼仁親王墓
  • 善性房(生没年不詳):伝説的な浄土真宗僧。親鸞高弟二十四輩の第9番。後鳥羽天皇の皇子。俗名は正懐親王。周観大覚。鸞英。常陸・大覚寺浄興寺を創建。
  • 善俊(1214-1282):伝説的な浄土真宗僧。親鸞の弟子。後鳥羽天皇皇子とも皇孫(善性房の子)ともいう。飛騨に照蓮寺を創建。嘉念坊。堀端・照蓮寺に治定外墓所。火葬場跡もある。
  • 寒巌義尹(1217-1300):曹洞宗寒巌派の開祖。後鳥羽天皇皇子(順徳天皇皇子とも)。肥後・如来寺に治定外寒巌義尹墓
  • 弘仁太子:土御門天皇皇子という。豊橋長慶寺開山と伝承される。弘仁太子墓(治定外)がある。
  • 信念(1219-1286):佐渡・勝興寺を開いた伝説的な浄土真宗僧。親鸞の弟子。順徳天皇皇子。彦成王、成尊、善空房。佐渡に西三川陵墓参考地がある。
  • 宗尊親王(1242-1274):鎌倉幕府将軍6代。後嵯峨天皇第一皇子。亀山天皇の兄。京都・福田寺を創建したと伝える。明鏡寺の観音堂は親王の念持仏を祀るといい、その鎮守伊岐津志・南宮神社は親王を祀るという。墓所は不明。
  • 王阿(生没年不詳):時宗御影堂派の開祖。新善光寺開山。後嵯峨天皇皇子。俗名不明。墓所不明。
  • 高峰顕日(1241-1316):五山派の臨済宗僧。後嵯峨天皇皇子。円爾弁円無学祖元に師事。弟子に夢窓疎石ら。雲巌寺に治定顕日王墓があり、建長寺正統院に治定分骨塔がある。
  • 惟康親王(1264-1326):鎌倉幕府将軍7代。宗尊親王王子。帰洛後、嵯峨で出家したという。親鸞御影を奉じて鎌倉に逃げた唯善に寄進し常敬寺を創建したとされる。日蓮に命じて書かせた「日の丸旗曼荼羅」が押上最教寺にある。墓所は不明。
  • 鐘山道栄():宗尊親王王女。禅智院開山。
  • 仁澄():惟康親王王子。日光山の初の皇族座主。
  • 久明親王(1276-1328):鎌倉幕府将軍8代。後深草天皇第六皇子。帰洛後出家。法名は素円。日朗を庇護し本圀寺の土地を寄進したという。墓所は不明。神武寺やぐら群に伝承地がある。
  • 守邦親王(1301-1333):鎌倉幕府将軍9代。久明親王王子。覚如に本願寺留守職の令旨を授けた(本願寺の史料上の初出)。鎌倉幕府の滅亡後、将軍職を退き出家したが、まもなく死去。墓所は不明。
  • 梅皇子:後深草天皇皇子とも、守邦親王王子ともいう。埼玉県小川町大塚の八幡神社の祭神とする説がある。

南北朝時代

南朝人物旧跡も参照。

室町時代

江戸時代

明治時代

  • 有栖川宮幟仁親王(1812-1886):有栖川宮8代当主。幕末に孝明天皇の信任を得る。明治政府に参画し、初代神祇事務総督、神道教導職総裁を務め、祭神論争の終結にあたる。皇典講究所総裁。神道事務局総裁。
  • 久邇宮朝彦親王(1824-1891):青蓮院門跡。天台宗僧、神職。伏見宮邦家親王の第4王子。興福寺一乗院門跡。天台座主。還俗して神宮祭主。久邇宮泉涌寺墓地。尊応法親王、尊融法親王。
  • 久我誓円(1828-1910):善光寺大本願住職。浄土宗尼。伏見宮邦家親王の第3王女。久我通明養女。京都の華頂宮邸跡に得浄明院を創建。
  • 伏見宮文秀女王(1844-1926):円照寺門跡臨済宗尼。皇族最後の僧侶。伏見宮邦家親王の第7王女。
  • 能久親王(1847-1895):最後の輪王寺宮。天台宗僧。東武皇帝。邦家親王の第9王子。台湾神宮祭神。
  • 渋谷家教(清棲家教)(1862-1923):仏光寺26世。浄土真宗僧。伏見宮邦家親王の第15王子。のち還俗。
  • 久邇宮邦彦王(1873-1929):皇典講究所総裁。神宮臨時祭主。朝彦親王の王子。今上天皇の外祖父。

王権と関わる祭祀

皇霊祭祀

神社祭祀

仏教祭祀

http://shinden.boo.jp/wiki/%E7%9A%87%E5%AE%A4%E3%81%AE%E7%A5%AD%E7%A5%80」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール