ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。

鹿児島神宮

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2022年6月30日 (木)

移動: 案内, 検索
Kagoshima-jingu 001.jpg

鹿児島神宮(かごしま・じんぐう)は、鹿児島県霧島市隼人町内(大隅国桑原郡)の高千穂宮跡にある穂穂出見尊を祀る神社。官社官幣大社神社本庁別表神社。北西10kmに穂穂出見尊の陵墓の高屋山上陵がある。八幡信仰の神社ともされ、大隅正八幡宮大隅八幡宮国分正八幡宮国分八幡宮とも呼ばれた。石清水八幡宮別宮宇佐八幡宮五所別宮の一つ。

目次

歴史

  • 不詳:高千穂宮跡(石体神社の地)に創建。
  • 708年(和銅1年):現在地に遷座。
  • 860年(貞観2年)3月20日:鹿児島神、神階従五位下から従五位上(三代実録)
  • 927年(延長5年):延喜式に所載。大隅国・薩摩国で唯一の大社とされる。
  • 1034年(長元7年):石清水八幡宮別当元命、「大隅八幡別宮」の支配を朝廷から認められる。この頃には八幡神が祀られるようになったと思われる。
  • 1054年(天喜2年)6月8日:石清水八幡宮別当清成、宇佐宮寺惣検校職に就任し、大宰府から大隅国内の末寺末宮の支配を認められた。
  • 1087年(寛治1年):神宝紛失で大宰府が社殿修造。
  • 1088年(寛治2年):大宰大弐藤原実政による神輿襲撃事件を宇佐八幡宮が訴える。
  • 1091年(寛治5年)12月13日:焼失。
  • 1092年(寛治6年)2月15日:大隅国の負担で社殿再建を行うことを命じる。
  • 1094年(嘉保1年):焼失。
  • 1131年(天承1年):この頃、社領万徳領が成立。
  • 1132年(長承1年)4月20日:旧社殿所在地で「八幡」の2文字がある石体2基が出現したという。朝廷に報告。
  • 1135年(保延1年):これ以前、社領宮永名が成立。
  • 1179年(治承3年):藤原成経、喜界島配流からの帰途に正八幡宮執印のもとに寄宿。
  • 1197年(建久8年):『大隅国図田帳』『薩摩国図田帳』に1521町とある。
  • 1198年(建久9年):仮殿造営。
  • 中世:大隅国一宮、五所別宮の一つとされる。
  • 1204年(元久1年):訴えにより地頭職停止
  • 貞応年間:社殿再建。
  • 1253年(建長5年)3月12日:焼失。
  • 1274年(文永11年)夏:一向一向門流の祖)、大隅八幡宮で四十八夜不断念仏。夢告と共に「未敷蓮華」を授かったので歓喜して踊躍(踊躍念仏の創始)。神前を辞して行く路傍に「牧子」が落ちていたのでこれを拾って縫い合わせて袈裟とし、未敷蓮華を結びつけた。
  • 1276年(建治2年)頃:一遍、大隅正八幡宮に参拝(一遍上人絵伝)。
  • 1284年(弘安7年)2月28日:将軍惟康親王が社領寄進。
  • 永仁年間:坦然、臨済宗正興寺を創建。
  • 1301年(正安3年):将軍久明親王が社領寄進。
  • 1346年(正平1年/貞和2年):陵阿、遊行上人の宿坊として正行寺創建。
  • 1347年(正平2年/貞和3年):焼失。
  • 1447年(文安4年):焼失。
  • 1527年(大永7年)11月28日:清水城主本田董親軍、兵火で焼失。
  • 1547年(天文16年)8月28日:正興寺、十刹に列格(『鹿苑院公文帳』(十刹位次簿))。
  • 1551年(天文20年):新しく領主となった島津貴久の寄進で造営事業が始まり、御神体(尊像)が新たに造立されることになる。
  • 1560年(永禄3年):島津貴久、社殿再建。日秀が貢献。
  • 1584年(天正12年):本田董親軍が侵攻。神職らが退散。
  • 1599年(慶長4年):南浦文之が正興寺に入寺。
  • 江戸時代:729石(三州御治世要覧)
  • 1756年(宝暦6年):島津重年、社殿修復。
  • 1871年(明治4年):国幣中社に列格し、鹿児島神社と改称。
  • 1874年(明治7年):官幣中社に昇格。神宮号を認められ、鹿児島神宮と改称。
  • 1895年(明治28年):官幣大社に昇格。

境内

  • 本社:
  • 石体神社:摂社。鹿児島神宮の元宮に当たる。鹿児島県が指定した神代並神武天皇聖蹟の一つで神代聖蹟高千穂宮の石碑がある。石体宮。
  • 四所神社:祭神は大雀命・石姫命・荒田郎女・根鳥命。摂社。『三国名勝図会』には「大御前・若宮・若姫・宇礼姫」とある。四所宮。
  • 武内神社:祭神は武内宿禰。武内宮。
  • 隼風神社:祭神は日本武尊。日本武尊が隼人を討った時に用いた鉾を納めていたという。隼風宮。
  • 保食神社:一の鳥居の前にある。
  • 三之社:祭神は火闌降命・大隅命。二の鳥居の前にある。
  • 三之社:祭神は豊姫命磯良命
  • 三之社:祭神は武甕槌命経津主命
  • 御門神社:宮橋の裏にある。随神祠
  • 御門神社:
  • 雨之社:祭神は豊玉彦命。江戸時代には猿田彦大神。
  • 大多羅知女神社:
  • 山神神社:
  • 稲荷神社:末社。
  • 招魂社:招魂社
  • 卑弥呼神社
  • 日秀神社:祭神は日秀。
  • 祖霊社:納骨堂。祖霊社
  • 祓所:
  • 亀石:
  • 神庫:
  • 浜殿:鹿児島県霧島市隼人町真孝。浜之市港にある。八幡屋敷。浜下りの神事の御旅所。石碑が建つ。

関連旧跡

  • 隼人塚:鹿児島県霧島市隼人町内山田。
  • 弥勒院:鹿児島県霧島市隼人町内。天台宗。大隅八幡宮別当。廃絶。性空が創建。旧称は弥勒寺。1723年(享保8年)復興。
  • 正興寺:鹿児島県霧島市隼人町内。臨済宗。三本地所の一つ。永仁年間の創建。十刹南禅寺末、のち建仁寺末。廃絶。
  • 正高寺:鹿児島県霧島市隼人町内山田。真言宗。三本地所の一つ。1348年(正平3年/貞和4年)、一慶が創建。1603年(慶長8年)、宝来山成菩提院と号す。東前坊・南蔵坊・岩井坊・西之坊・曼荼羅坊・尾崎坊があった。近世後期には廃絶。
  • 正国寺:鹿児島県霧島市隼人町内山田。律宗。三本地所の一つ。廃絶。跡地に隼人歴史民俗資料館がある。大和西大寺末。
  • 密常院:鹿児島県霧島市隼人町内。天台宗。正八幡宮の護摩所。弥勒院末。1551年(天文20年)日秀が真言宗寺院として創建。1731年(享保16年)天台宗に転じた。正護寺。廃絶。
  • 正行寺:鹿児島県霧島市隼人町内。時宗。一遍の旧跡であるため歴代の遊行上人の参詣が恒例となる。1346年(正平1年/貞和2年)、陵阿が遊行上人参詣時の宿坊として創建。廃絶。
  • 三光院:鹿児島県霧島市隼人町朝日。真言宗。1560年(永禄3年)日秀が創建。日秀は大友氏戦勝祈祷のため入定し、信仰の対象となる(日秀神社)。廃絶。
  • 高屋山上陵:鹿児島県霧島市溝辺町麓。祭神のホホデミの陵墓。皇室治定陵墓。神代三陵の一つ。
  • 桜島:鹿児島県鹿児島市。鹿児島神宮の社殿は桜島の方向を向いており、かつての神体山という説がある。
  • 別宮:正若宮。四所若宮。神領の四至に別宮を創建。5社を伝える。
    • 東:投谷八幡:投谷神社:鹿児島県曽於市大隅町大谷。祭神は神功皇后・応神天皇・仁徳天皇。郷社。708年(和銅1年)創建。境内南西の山中に石体という巨石がある。近くに千人塚がある。郷社。投谷八幡宮。
    • 西:蒲生八幡:大隅・蒲生八幡神社:鹿児島県姶良市蒲生町上久徳。祭神は応神天皇・仲哀天皇・神功皇后。蒲生院の鎮守。1123年(保安4年)創建か。1873年(明治6年)郷社に列格し八幡神社と改称。1916年(大正5年)県社に昇格。1986年(昭和61年)蒲生八幡神社と改称。正八幡若宮八幡宮。別当は神守寺。
    • 南:荒田八幡:荒田八幡宮:鹿児島県鹿児島市下荒田。祭神は応神天皇・神功皇后・玉依姫尊。荒田庄の鎮守とみられる。村社。元は現在地より西にあったともいう。境内社として四所宮・武内社・早風社。四方随神もあった。
    • 北:栗野八幡:勝栗神社:鹿児島県姶良郡湧水町米永。祭神は応神天皇・仲哀天皇・神功皇后。栗野院の鎮守。栗野若宮。正若宮八幡社。別当は梅中寺。境内社として四所宮・武内宮・早風宮・雨宮社。1870年(明治3年)勝栗神社に改称。郷社。
    • ?:姶良正八幡宮:八幡神社:鹿児島県鹿屋市吾平町上名。祭神は応神天皇。姶良郷の総鎮守。1043年(長久4年)平良宗が創建。1871年(明治4年)麓村から現在地に移転。村社。別当は幸田寺。正若宮八幡宮。
  • 薩摩・鹿児島神社:鹿児島市草牟田。薩摩国鹿児島郡。国史見在社論社。県社。宇治瀬神社。氏瀬神社。宇津佐大明神。
  • 鹿児島・若宮神社:鹿児島県鹿児島市池之上町。祭神は応神天皇・神功皇后・仁徳天皇・玉依姫命。島津氏久が国分正八幡宮の三之神輿を遷座したのが始まりという。鹿児島五社の第五位。郷社。若宮八幡宮。

組織

執印、権執印などがあった。執印は善法寺から下向した紀氏が世襲(善法寺ではなく、善法寺家か)。権執印は息長氏が世襲した。 幕末には執印留守の留守家、神主の桑幡家、田所の沢家、別当の最勝寺家を四社家と呼んだ。古くは隼人十八家があった。

執印

  • 判有()<-1087->:
  • 行賢()<1088->:
  • 康範()<-1355->:


宮司

  • 桑幡公幸(1856-1931)<?-1887>:書家。号は南洲。
  • 黒田清兼()<1892->:鹿児島藩士。画家黒田清輝の実父。1881年(明治14年)12月9日、大和神社宮司。1882年(明治15年)2月25日、氷川神社宮司。1887年(明治20年)11月22日林務官に転任。1892年(明治25年)10月18日、鹿児島神宮宮司。
  • 佐藤重三郎(1883-1952)<?-1936>:群馬県出身。国学院大学卒。1936年(昭和11年)塩竈神社宮司。関東神宮宮司。宮城県護国神社社司。(略歴は、関東神宮#組織を参照)
  • 古川左京(1888-1970)<>:塩竈神社宮司。
  • 岡泰雄(1871-1941)<1923-1924>:1923年(大正12年)4月19日、鹿児島神宮宮司。1924年(大正13年)神宮神部署東京支署長。(略歴は、鹿島神宮#組織を参照)
  • 前田勝也(1900-1981)<1939-1940>:1939年(昭和14年)鹿児島神宮宮司。1940年(昭和15年)神祇院教務官。(略歴は北海道神宮#組織を参照)
  • 有賀忠義()<>:
  • 大西重俊()<?-1957>:都々古別神社宮司、結城神社宮司、石上神宮宮司を経て1952年(昭和27年)鹿児島神宮宮司。1957年(昭和32年)死去。
  • 小久保光雄()<1958-1966>:1958年(昭和33年)鹿児島神宮宮司。1966年(昭和41年)霧島神宮宮司。
  • 岩重武巳()<1968-1984>:1968年(昭和43年)鹿児島神宮宮司。1984年(昭和59年)退任。
  • 中別府良重()<1984-1993>:1984年(昭和59年)鹿児島神宮宮司。
  • 川上親昌(-2015)<1993-2015>:1993年(平成5年)鹿児島神宮宮司。2015年(平成27年)死去。
  • 幸野珍広()<>:

画像

古典籍

  • 大隅宮縁起
http://shinden.boo.jp/wiki/%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E5%AE%AE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール