ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

興福寺関連旧跡

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2018年7月9日 (月)

移動: 案内, 検索

奈良興福寺の関連旧跡。春日大社関連旧跡も参照。

目次

草創に関わる旧跡

  • 山階寺 山城国の山科に創建されたときの名称。山科駅近くに石碑がある。
  • 厩坂寺 山階寺が藤原京に移されたときの名称。橿原神宮前駅そばに候補地がある。

主要伽藍

古代伽藍

中世

春日東塔 春日西塔 中宮御堂 高陽院御堂 三重塔

関連人物

主要子院

門跡2寺、院家4寺のほか、多くの子院があった。

「興福寺領朱印并坊舎知行之事」によれば、一乗院門跡1495石、大乗院門跡951石、喜多院280石、松林院105石、修南院74石、東北院74石だった。

  • 興福寺本坊


子院

  • 勧学院:文殊堂もあった。跡地は最初の県庁?
  • 勧禅院:阿弥陀如来を祀る大御堂があった。
  • 四恩院:十三重塔があった。鎮守に浮雲社があった。現在の奈良春日野国際フォーラムのあたり。
  • 菩提院:阿弥陀如来を祀る大御堂がある。現存。
  • 宝蔵院:槍術で有名。現在の奈良国立博物館の北西に当たる。井戸跡がある。
  • 最勝院:玄関、表門及び塀重門が現存。
  • 世尊院:客殿が現存。
  • 新坊:律院。唐招提寺僧侶が住する
  • 唐院:律院。西大寺僧侶が住する。北円堂の北西、登大路沿い近くにあった(『大和古寺巡礼』)。
  • 北戒壇院
  • 南戒壇院
  • 伝法院室生寺を創建した修円が創建。室生寺との関係が続いたらしい。
  • 五大院:
  • 観禅院:跡地に師範学校、のち県庁が建てられた。
  • 松院:覚盛旧跡。幕末には南円堂の西にあった(『大和古寺巡礼』現代教養文庫)
  • 西室:北円堂近くにあった(『大和古寺巡礼』)
  • 北室:中金堂の北側にあった(『大和古寺巡礼』)
  • 観自在院:興福寺の正倉院があった。
  • 喜多院
  • 西院:
  • 中院:
  • 北院:
  • 発志院:
  • 松陽院:
  • 真言院:
  • 円成院:
  • 尊勝院:
  • 角院:
  • 窪院:
  • 常喜院貞慶が創建。律学研究の寺院。覚盛が学ぶ。成喜院?
  • 法乗院:
  • 伝教院:
  • 光明院:町名として残る。実暁が住した。『奈良曝』は元興寺塔頭説を挙げるが、一般には興福寺塔頭とされる。
  • 賢聖院:
  • 浄明院:
  • 福智院
  • 三蔵院:
  • 多聞院:多聞院日記が有名。
  • 新院
  • 仏地院:現在の知事公邸の場所。
  • 興善院:現在の菊水楼の場所にあった。蔵俊が創建。
  • 摩尼珠院:跡地に吉城園がある。維新のとき、政府軍の本陣。
  • 慈眼院:茶室六窓庵が東京国立博物館に移築
  • 如意輪院:跡地に飛鳥園がある。
  • 勧修坊
  • 蓮成院
  • 成身院
  • 遍照院:今の餅飯殿の大宿所。
  • 高坊:高林寺
  • 法霊院
  • 浄明院
  • 三学院
  • 華厳院
  • 妙徳院
  • 大喜院
  • 慈性院:中宮寺を復興した信如がいた。
  • 二諦坊:奈良墨の発祥地という(雍州府志)。
  • 元林院:町名として残る。鎮守として八王子社と四之室神社が残る。
  • 鶴福院:

関連

奈良華族

関連寺院

旧末寺

大和

  • 鶴林寺:奈良県生駒市。
  • 法隆寺:奈良県生駒郡斑鳩町。
  • 法輪寺:奈良県生駒郡斑鳩町。一乗院末。
  • 金勝寺:奈良県生駒郡平群町。一乗院末。
  • 千光寺:奈良県生駒郡平群町。
  • 朝護孫子寺:奈良県生駒郡平群町。一乗院・大乗院の両属。
  • 当麻寺:奈良県葛城市。
  • 高雄寺:奈良県葛城市。
  • 置恩寺:奈良県葛城市。
  • 巨勢寺:奈良県御所市。廃絶。
  • 安位寺:奈良県御所市。廃絶。
  • 仙間寺:奈良県御所市。廃絶。
  • 高天寺:奈良県御所市。廃絶。
  • 長楽寺:奈良県北葛城郡河合町。元は東大寺末。一乗院末。
  • 放光寺:奈良県北葛城郡王寺町。一乗院末
  • 西安寺:奈良県北葛城郡王寺町。一乗院末。廃絶。
  • 室生寺:奈良県宇陀市。
  • 栄山寺:奈良県五條市。
  • 南法華寺:奈良県高市郡高取町。一乗院末。
  • 観覚寺:奈良県高市郡高取町。子島寺の後身。一乗院末。
  • 坂田寺:奈良県高市郡明日香村。廃絶。
  • 呉原寺:奈良県高市郡明日香村。廃絶。
  • 檜隈寺:奈良県高市郡明日香村。廃絶。
  • 龍蓋寺:奈良県高市郡明日香村。岡寺。
  • 金峰山寺:奈良県吉野郡吉野町。
  • 龍門寺:奈良県吉野郡吉野町。廃絶。
  • 白飯寺:奈良県吉野郡天川村。廃絶。一乗院末。

山城

  • 清水寺:京都府京都市東山区。
  • 感神院:京都府京都市東山区。八坂神社別当。廃絶。延暦寺末となる。
  • 大覚寺:京都府京都市右京区。一乗院末。大覚寺3世~20世は一乗院門跡が兼務。
  • 浄瑠璃寺:京都府木津川市。一乗院末。
  • 光明山寺:京都府木津川市。元は東大寺末。廃絶
  • 笠置寺:京都府木津川市。
  • 鹿山寺:京都府木津川市。興福寺の「出城」だった。鹿背山城。廃絶。
  • 海住山寺:京都府木津川市。菩提院末?
  • 随願寺:京都府木津川市。廃絶。東小田原寺。
  • 岩船寺:京都府木津川市。
  • 山城国分寺:京都府木津川市。
  • 西明寺:京都府木津川市。
  • 円提寺:京都府綴喜郡井手町。廃絶。

その他

関連神社

六方衆徒

興福寺の子院と末寺を戌亥方丑寅方辰巳方未申方龍花院方菩提院方の6集団に組織したもの。六方衆、六方末寺とも。戌亥、丑寅などは方角とは一致しない。『大乗院寺社雑事記』文明元年7月9日条によると次の通り。

  • 戌亥方(葛城地域)

安位寺(安住寺)、高雄寺置恩寺(慈恩寺)、当麻寺、仙間寺(御所市楢原にあった寺院)、伏見寺高天寺、牟尼谷

向谷寺を付け加える史料もある。「牟尼谷」は不詳。

  • 丑寅方(斑鳩生駒地域)

長岳寺大和・富貴寺興善寺大和・鶴林寺大和・金勝寺大和・千光寺朝護孫子寺

  • 辰巳方(橿原地域)

明王寺(桜井市山田にあった寺院)、慈明寺

  • 未申方

  • 菩提院方(宇陀地域、南山城地域)

室生寺、極楽寺(宇陀市にある寺院)、阿曽谷永福寺(宇陀市麻生田付近か)、雪別所(橿原市別所町付近か)、浄瑠璃寺山城・随願寺成身院岩船寺円成寺海住山寺、片岡安養寺、観音寺、鹿山寺灌頂寺(片岡安養寺、観音寺は全く不明)

  • 龍花院方(添上添下山辺吉野地域)

正暦寺桃尾龍福寺、萱尾円楽寺(天理市萱生町?)、三輪平等寺長谷寺南法華寺、中山法興寺(天理市中山町?)、渋谷(天理市渋谷町?)、大和・霊山寺金峰山寺

大和四家

大和国を支配した興福寺は、国内の有力者を衆徒国民春日大社の末社を管理する神職)に任命。やがて小領主として振る舞い、戦国時代になると武将として登場する。そのうち代表的なのが大和四家と呼ばれる家である。

  • 筒井家:乾党。もとは大神神社社家の大神氏という。一乗院配下の衆徒。
  • 越智家:散在党。一乗院配下の国民。
  • 箸尾家:中川党。一乗院配下の国民。
  • 十市家:長谷川党。大乗院配下の国民。
http://shinden.boo.jp/wiki/%E8%88%88%E7%A6%8F%E5%AF%BA%E9%96%A2%E9%80%A3%E6%97%A7%E8%B7%A1」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール