ようこそ『神殿大観』へ。ただいま試験運用中です。
歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。
「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。
「読売では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。東京都の放送局や伊賀でも同様なのか。
宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。
宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。まあ無理か。

八坂神社

出典:安藤希章著『神殿大観』(2011-) 最終更新:2019年10月14日 (月)

移動: 案内, 検索
八坂神社
やさか じんじゃ
Yasaka-jinja (10).jpg
概要 八坂神社の総本社。
奉斎 素盞鳴命、稲田比売命、八柱御子神
(土岐昌訓論文)
所在地 京都府京都市東山区祇園町北側625
所在地(旧国郡) 山城国愛宕郡
所属(現在) 神社本庁
格式など 二十二社朱印地拝領神社官幣大社別表神社
関連記事 八坂神社関連旧跡牛頭天王信仰祇園御霊信仰


目次

概要

八坂神社(やさか・じんじゃ)は、京都府京都市東山区にある牛頭天王信仰の総本社。神宮寺の観慶寺があった。広峰神社が元宮に当たる。祇園祭で神輿が渡御する神泉苑も重要な旧跡。繁華街四条通沿いの四条御旅所など、いくつかの御旅所がある。二十二社朱印地拝領神社官幣大社別表神社祇園社八坂神社関連旧跡も参照。(参考:同名祇園


由緒

当社の創建については諸説ある。

  1. 656年(斉明2年)の牛頭山奉遷説(1870年(明治3年)『八坂郷鎮座大神之記』)
  2. 876年(貞観18年)の円如創建説(鎌倉時代末『社家条々記録』)
  3. 元慶年間の播磨奉遷説(鎌倉時代末『二十二社註式』)

1は、現在、公式の縁起とされているもので656年(斉明2年)に高麗調進使の伊利之が新羅国の牛頭山の須佐之雄尊を奉遷して、八坂に祭ったというものである。

2は、876年(貞観18年)、南都の円如が創建したとする説。南都の僧侶が創建したという伝承が興味深い。別記によれば、薬師、千手を祀ったといい、また翌877年(元慶1年)、疫病消除祈願のために当社に勅使が参向したところ、立ちどころに疫病が消えたことから、関白藤原基経が居宅を寄進して、堂舎を造営したという。所功は祇園天神の通称はこの基経の寄進を祇陀太子による祇園精舎の寄進に擬えたことによるのではないかという。

3は、吉田家に伝わる伝承で、牛頭天王は初め明石浦に出現して、広峰に祀られた。その後、京都北白川の東光寺岡崎神社)に移り、元慶年間に感神院が創建されて祀られたという。

所功は、総合的に判断して876年(貞観18年)の創建説を支持している。


また祇園社の成立に関わる事項として、祇園会の創始ということがある。

863年(貞観5年)、神泉苑にて初めての御霊会が行われた。これは政争に敗れて憤死した貴族たちの霊が疫病を起こしていると考えられ、その霊を慰めるためのものであった。

疫病を収めるための御霊会は、たびたび行われるようになり、特定の個人の霊への慰撫に関わらず、行われるようになった。ただ祭神に関してはよく分からない。 869年(貞観11年)、やはり疫病消除などのため、6月7日に66本の鉾を建て、6月14日に神泉苑に神輿を渡御して祭ったという(『祇園社本縁録』)。これが祇園御霊会の創始である。876年(貞観18年)が祇園社創建の年とすると、それより早いことになるが、この祇園御霊会を契機として祇園社が創建されたものと考えられている。


歴史

観慶寺

牛頭天王は、祇園精舎の守護神と言われるが、正統な仏教にはそのような所伝はなく、出自不明の神祇と言わざるをえない。神仏習合の宮寺として始まったが、当初は寺院であるとの認識が強かったらしい。観慶寺と称していたらしく、貞観と元慶の元号から名付けられたのではないかと言われている。『二十二社註式』によると、本尊は薬師如来で、本堂とは別に「神殿」があり、「天神・婆利女・八王子」を祀っていたという。仏堂と神殿が併存していたらしい。ただ『延喜式』には官社として収録されず、935年(承平5年)には定額寺に定められている。

祇園社の成立

しかし、996年(長徳2年)に二十二社に定められ、この頃には神社としての認識が主となったことが分かる。呼称も「祇園天神堂」や「祇園寺感神院」「祇園社」などと呼ばれるようになった。

また974年(天延2年)には天台別院となる。天台座主の良源の手腕によると見られている。天台宗による祇園社支配は進み、祇園別当は天台座主が兼務し、社務執行は行円の子孫が世襲するようになった。 比叡山の末寺となり、日吉大社の末社となった。比叡山の衆徒が京都で強訴を行うときには、祇園社が拠点となった。

974年(天延2年)はまた御旅所が成立して、祇園会が街中で行われ始めた年でもある。同年5月、秦助正なる者に対して、その居宅を御旅所として、神幸するようにとの託宣があった。そこで秦助正は高辻東洞院の自邸を寄進して、御旅所とし、大政所と称した。975年(天延3年)からは天皇が奉幣する官祭となった。

中世

広峰神社が「祇園本社」を主張して争論となるが、1311年(応長1年)、返って広峰神社を末社とした。 ただし、室町時代後期には広峰神社が独立している。

近世

豊臣秀吉の都市計画によって、2つの御旅所は移転させられた。大政所と少将井の御旅所は統合され、現在の四条京極御旅所が設置された。大神宮、稲荷社、大政所殿、少将井殿、冠者殿、悪王子社があった

1912年(大正1年)四条通拡張のため、御旅所北側が撤去された

近代

明治初年の神仏分離によって、本地堂本尊の薬師如来を始め、仏像仏具類は浄土宗大蓮寺に奉遷された。本尊薬師如来(重要文化財)は現在も秘仏として祀られている[1]

境内

組織

別当

観慶寺#組織を参照。

執行

観慶寺#組織を参照。


大宮司・宮司

  • 粟田口定孝(1837-1918)<1872->:(略歴は、北野天満宮#組織を参照)
  • 三輪田元綱(1828-1879 )<>:
  • 鳥居亮信()<>:神祇権中録。熱田神宮少宮司。
  • 中川武俊(1846-?)<1891-1895>:梨木神社宮司を兼務。金刀比羅宮宮司。
  • 秋山光条(1843-1902)<>:
  • 江見清風(1868-1939)<>:(略歴は、春日大社#組織を参照)
  • 保科保()<1905-?>:
  • 神宮嵩()<>:神宮嵩寿とは別人??
  • 額賀大直(1877-1961)<>:明治後期から戦後直後まで活躍した神職。(略歴は唐沢山神社#組織を参照)
  • 高原美忠(1892-1989)<1938-1976>:(略歴は、函館八幡宮#組織を参照)
  • 鈴木日出年(1909-)<1976->:愛知県出身。1932年、神宮皇学館本科第一部卒。伏見稲荷大社嘱託。1946年、八坂神社禰宜。1949年、八坂神社権宮司。1976年、八坂神社宮司。1986年、京都府神社庁庁長。兄は下鴨神社宮司の鈴木義一。
  • 真弓常忠(1923-2019)<1993-2002>:皇学館大学教授。住吉大社宮司。
  • 森寿雄(1947-)<2002->:三重県伊勢市出身。1947年生。1970年、皇学館大学文学部国史学科卒。1998年八坂神社禰宜。2002年八坂神社宮司。


権宮司

  • 鈴木日出年
  • 真弓常忠
  • 竹内幸平()<-2016>:2016/9/30退任。
  • 久野博()<2016->:2016/10/1就任。

資料

古典籍

  • 『八坂郷鎮座大神之記』
  • 『感神院牛頭天王考』
  • 祇園執行日記
  • 社家条々記録
  • 三鳥居建立記
  • 感神院御旅所由来
  • 感神院旧記
  • 八坂神社文書
  • 八坂神社記録
  • 祇園社記
  • 建内文書
  • 祇園社絵図

画像

参考文献

  • 所功1996年(平成8年)『京都の三大祭』角川選書
  • 大蓮寺ウェブサイト
  • 土岐昌訓 平成7「旧官国幣社と延喜式内社」『神社史の研究』

脚注

  1. 大蓮寺ウェブサイト
http://shinden.boo.jp/wiki/%E5%85%AB%E5%9D%82%E7%A5%9E%E7%A4%BE」より作成

注意事項

  • 免責事項:充分に注意を払って製作しておりますが、本サイトを利用・閲覧した結果についていかなる責任も負いません。
  • 社寺教会などを訪れるときは、自らの思想信条と異なる場合であっても、宗教的尊厳に理解を示し、立入・撮影などは現地の指示に従ってください。
  • 当サイトの著作権は全て安藤希章にあります。無断転載をお断りいたします(いうまでもなく引用は自由です。その場合は出典を明記してください。)。提供されたコンテンツの著作権は各提供者にあります。
  • 個人用ツール